カオリラックスのリラックスブログ

山の上で生活するということ

e0060542_2165270.jpg
最近ブログを更新する意欲が全然湧かなくて、、。
だって、どっこも出かけてないし、全く変わったことがないし、
ブログにするような話題が全然ないw。

長男がまだ赤ちゃんだった頃は、
それはそれはかわいさと珍しさと、あと遠くに住む両親のために、
結構頻繁に近況をアップしていましたが、
次男の時はその意欲は一気に急降下。

私の両親は相変わらず遠くて滅多に会えないので、
たまに「最近全然ブログアップしとらんじゃん。写真見せてよ。」
と、孫の近況を催促されたりもしますが、
2人目ってこうも違うものですかね。
ほんと、かわいそうw。

でも、一応撮り溜めた写真はそれなりにあるので、
ここで一気に大放出しようと思います。


吉野に来て一年半が過ぎました。
吉野と言えどそこは広く、
山もあれば住宅街もあり、な場所ですが、
うちは山の中にありまして、まだまだ山の生活が新鮮で飽きず、毎日が幸せに過ぎていきます。

特に子供が小さいと、こういう昔ながらの田舎って
とてもありがたく感じるのです。


e0060542_2165627.jpg
下の子はまだ1歳4ヶ月だけども、
もういっちょ前に兄弟ケンカをするし、こうして時々は仲良くしてたりする。


なにが新鮮で飽きなくて幸せかって、
まずは空気がおいしい、広々してる、景色がいい、四季の移り変わりがはっきりあって楽しい、など。

毎日幼稚園への送り迎えで山は下りているけど、やっぱり家の周りが一番。
ここに来て下の息子もあちこち動き回るようになり、
外出が困難になってきたというせいもあるけど、
休日はもう家の周りで充分、
どこか出かけるなんて時間が勿体ないし、
なにより家の前が「遠くに来た」感満載、なんだもんw。

e0060542_2165855.jpg
そんな「遠くへ来た」感満載の近所で散歩。
e0060542_217056.jpg
おばちゃんが寄ってきた。
e0060542_217258.jpg
この家のおばちゃんを「出て来~い」と呼ぶ。
e0060542_217432.jpg
はい、出てきた。
1歳児の呼びつけに素直に応じるおばちゃん2人。
e0060542_217532.jpg
一番仲のいいおばちゃんと。
e0060542_217921.jpg
このおばちゃん、うちの息子を本当に、
もう愛しちゃってる、と言っても過言ではないくらいかわいがってくれている。
e0060542_2171248.jpg
おばちゃん家での話題は、もっぱら我が家の息子2人の「今日あんなことした、こんなことした」という内容らしいし、
(見よ、このおばちゃんと息子の動きを。これはもうほんとの孫、いや、ひ孫とばあさんだ)
e0060542_2171469.jpg
↑こんなことしたパート1
(放ってある空の洗剤容器の空気を出して喜んでいる)
e0060542_2171998.jpg
↑こんなことしたパート2
(このジョウロがなぜか大層お気に入り)
e0060542_21721100.jpg
↑こんなことしたパート3
(シャッターを閉める棒を下の畑に放ろうとしている)
e0060542_2172374.jpg
息子の為にアメちゃんやら果物やら買い物行く度に買ってきてくれて、
この家族の生活の中に、確実に息づいている我が息子達。

おばちゃん、確かちょっと前まで
「足が痛くてしゃあないんや。」
なぁんて言ってたのに、最近じゃ息子を抱っこしたり一緒に散歩したりしている。
同じ近所のおばちゃんが口々に、
「最近あのねえちゃん(この辺りでは70代80代のおばあちゃんでも「ねえちゃん」と呼ぶ)えろう元気になったなぁ。
ちょっと前まで元気なくて家に閉じこもり気味やったのに。あんたらええことしとるなぁ。」
。。。なんて、面倒見てもらって褒められる、というありがたすぎる状況。

この時はおばちゃんが作った「おかいさん(茶粥)」と「南京の炊いたん」を、
なぜかガレージの前でいただくw。


e0060542_21334199.jpg

腹もいっぱいになったところで
今度は犬の散歩に来た別のおばちゃんに遭遇。

e0060542_2134114.jpg

確実に嫌がられてます。


e0060542_2135765.jpg

こうしてちょっと外に出たらいろんな人と遭遇して
(いや、家に入ってって無理やり呼び出したりもしてるけど)
世間話したり息子と遊んでもらったり、
そういうことが、息子はもちろん、
もしかしたら私のほうが楽しくて、リラックスできて幸せなんだろうなぁ。

e0060542_21352241.jpg

こんなことしてても誰も怒らない。
むしろ「男の子は悪させんなあかん。悪さして色々覚えるんや。」って言ってくれる。
んで、何かが出来たりした時は「かしこいなぁ、かしこいなぁ」って頭をなでなでしてくれる。
私はこの、大人が子供に言う「かしこいなぁ」って言葉がとても好き。

これって関西特有の言い回しで、初めて聞いたとき「いいなぁこれ」って思いました。
たぶん愛知から東は「いい子いい子」とか「えらいえらい」だと思うんだけど、
「いい子」とか「えらい」って言葉になーーんか違和感があって。。。
考えすぎなんだとは思うんだけど、
「いい子=大人にとってのいい子」みたいなイメージがどうしてもあって、なんとなく使いたくなくって。

でも和歌山に来た時から、周りの大人が子供に「かしこいなぁ!」って言うのを聞いて、
子供自身が自分の力で何かを成し遂げた=「かしこい!」っていう風に聞こえて、
これはいいなぁ、って思いました。
関西の人からしたら日常的に、普通に使ってる言葉だと思うんで、
そんなこと全く考えてもないだろうけど。


そうそう、その関西についてとても熱く語ってくれた友達がいました。
東京から我が吉野の家に泊まりに来てくれた友達夫妻。
e0060542_2165451.jpg
彼のほうはミュージシャンなんですが、調べたら結構有名人なんで、
名前を出すのはあまり良くないかな、と思って伏せておきますが(なのでちょっとブレた写真をセレクト)
ツアーで何カ国も回っているという、海外で人気なアーティストなんです。
もちろん日本でも、CMなどでいくつか使われていたりします。
ジャズとロックが融合したような、インストのバンドです。私は大好きです。


その彼がベロベロに酔っ払いながら、
関西はすばらしい、7世紀から続く歴史がある土地はやっぱり違う、
人と話していても、この人すごいな、素晴らしいな、と思う人はだいたい西の人だ、
などと色々語ってくれw、
息子に対してもなぜかべた褒めしてくれ (息子が自らお酒をついだのが良かったみたいw!?)
2人はすっかり仲良くなって、すごく楽しい時間でした。

いや、でも彼の言うこと、なんとなくわかるんですよね。
7世紀からの歴史と現在の21世紀が何か関係あるのか?!って言われたら、
それは具体的にはうまくいえないけれど、
でも脈々と続く慣習や考え方なんかは、そのまま人々に受け継がれていくでしょう。
歴史が長いってことは、
それだけその土地で人々がうまく命をつないで来られたということであって、
その長さの分だけ、いろいろな智恵や手段があるということなんじゃなかろうか。

いや、でも、だから東が悪いとか、ダメとか、そんなことは言ってないです。
誤解なさらず。
彼の理論も一理あるなと、東の人間として客観的に思っただけですからねー。

とまあ、そんな話をお酒を飲みながらウダウダ話す時間は、
子供を持ってからは皆無に等しいので、とっても楽しかったです。
これも、山の上の「遠くに来た」感にある我が家のお陰であろう、と思います。
そうでなきゃ、わざわざ東京から遊びになんて来てくれないよね。
おかげさまで、この立地のおかげで(?)越してきてから何人もの友達が
遠方から遊びに来てくれるようになりました。
皆さん、ちょっと遠い場所ですが、時間が出来たら是非、遊びに来てね。


だーいぶ話が脱線しました。

e0060542_22115736.jpg

上の息子は1ヶ月ほど前に補助輪が取れ、
毎日毎日、それはもう毎日欠かさず朝夕と自転車に乗っています。

e0060542_22114620.jpg

よっぽど嬉しいんだねぇ。

e0060542_2212505.jpg

、、、と、調子に乗ってるとコケる。

e0060542_22131730.jpg

いないな、と思ったらここにいた。(隣のおばちゃんち)

e0060542_22132950.jpg

飽きたらここに、たいていいる。
おっちゃんに何か見せてもらってんのかな?

中学生になったら8Kmほどある学校まで自転車で通わす予定なので
(公共のバスも使えるっちゃ使えるんだけど、本数が少ない)今から体力づくりです。
山道はきついぞー。こんなところで休んでる場合じゃないぞー。がんばれー。


e0060542_22272056.jpg

週末はだいたい毎週、一時間ほど離れたとこからお義父さんが来てくれます。

e0060542_22273336.jpg

じいじとの時間がたくさん持てるようになったのも、吉野に来て良かった要因の一つ。

e0060542_22274383.jpg

お義父さんは植物とか虫とかに詳しいので、
子供がもうちょっと大きくなったらきっと楽しいだろうなぁ。

e0060542_22275521.jpg

じいじに作ってもらった剣で、なぜか歌舞伎の見得。


e0060542_22282978.jpg

この日は七輪で秋刀魚を焼く。

e0060542_22284032.jpg

うっまそー。

e0060542_2228488.jpg

おいしいねー。



e0060542_2229720.jpg

つい先日は、
「休耕地をコスモス畑にしよう」という企画の反省会、、、
と言う名目でBBQ。(みんなただ飲みたいだけ)

コスモス畑をバックに駐在さんも呼んでサックス演奏。
駐在さんを休日に呼びつけてサックス吹かせる集落なんて、
全国探してもここだけじゃない?



e0060542_22291949.jpg

最後に、これは近所のおばちゃんにもらった「ポーポー」という果物。
あけびの仲間だそうで、
足が早いため市場に出回ることがなく、幻の果物と言われているそう。
マンゴーとパパイヤとカスタードをミックスしたような味です。
種を植えたら結構実るらしいので、
近所をポーポー天国にして町おこしでもしようかな!?

とまぁ、田舎の風景と子供中心の長い日記にお付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
[PR]
by kaorelax0307 | 2014-10-15 22:52 | 吉野