人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

9/21(33週6日目)お母ちゃんは力持ち

ベビーカーを買いに行きました。
色んな種類があるので事前に細かく下調べをしてから(私は調べてないけど)行ったのでだいたいの目星は付けていました。

第一条件は軽いこと。
そして次に、軽いことと重なりますが片手で開閉できること。
この二つが絶対条件でした。

今のところベビーカー業界の中で一番軽いのが3.9kg。その次に4.6kgでした。(相方調べ)
あとは他のと実際に比べてみて判断しようということになりました。

というわけでベビーザラスへ行きました。日本製、外国製、色んな種類が置いてありました。
目星は付けていましたがとりあえず、片っ端から押したり引いたりと感触を確かめました。

お、重い…

片手で持ったら今の私ではとてもじゃないけど無理でした。
見ると立派でデザインのいいやつは7kg以上。平均でも5kg以上あります。
おまけに、生後3~4ヶ月の子の平均体重の重さのぬいぐるみがあったので(それは7kg)、それを片手に持ちながら開閉しようとしましたが私はギブアップ。
相方でも「うっ…」と唸る始末。

結局「やっぱし軽いやつだな」と始めから目星を付けていたものを重点的にチェック。
と言うかこの辺から私はだいぶ疲れてきていて、こういう大事な買い物はあらゆる面から細かくチェックする相方に任せた方がいいと判断しました。

一応軽いベビーカーも持ってみましたが、それでも片手に約4kg前後のものを持つのは大変だと言うことがよくわかりました。
その上片手に赤ちゃんを、状況によっては更に買い物したものを、そしてバスや電車の乗り降り…。

考えただけでドッと疲れたので、「ベビーカーで買い物する時は相方がいる時にしよう」と行動まで勝手に限定し、チェックはもう相方にすべてお任せすることにしました。

車輪の太さ大きさ、サスペンション、フレームの丈夫さ、サンシェードの大きさ、シートクッションの質、ベルトなどの安全装備、開閉やハンドル変換のしやすさ、等々。
あらゆる面からチェックしていました。
私は隣でふんふんと頷くだけ。最終的には直感が命!という具合のいい加減さでした。

というわけで最終的な答えに行き着くまではほとんど相方のチェックを参考に、最後は「この色で!」という私の一言で決定しました。

お母ちゃんになるには体力と協力が必要だとつくづく感じました。
出産したら黒柳徹子もやってるというスクワットと四股を毎日やろうと強く思いました。
by kaorelax0307 | 2009-09-25 20:02 | 忍忍妊婦