カオリラックスのリラックスブログ

息子との攻防戦


e0060542_12172114.jpg

朝日を浴びながらまどろむ息子。

e0060542_12185465.jpg
ん?

e0060542_12191876.jpg
そしてまた寝る。


とある日の出来事です。

息子を真剣に叱りました。
マンションのゴミ置き場にある
空きビンボックスを漁るからです。
ビンのように
長く持ちやすいものが大好きなのと、
カチャカチャした音が楽しいようです。

でも音が響いてうるさいし、
何より割れてケガをしますから、
何度も「ダメ!」と
怖い顔をして言うのですが
効果なし。

このバカ息子めが。
お母さん知らないよ!
もう置いて行くよ!
と、息子から見えない
少し離れた所で様子を
窺うことにしました。

バカ息子は
私がいなくなってもお構い無し。
カチャカチャ音を鳴らしたり
ビンを取っては置いてを繰り返します。

いい加減にしろと、
強制的につまみ出そうと
息子に近寄ろうとしたその時、
パリンッ!と、
ワインのビンが割れてしまいました。
息子は面白いことが起きた!と満面の笑み。
そしてその破片を触ろうとしたのです。

私はこれまでにない般若の面で
「ダメッ!」と叱り飛ばし、
お尻をバチコーン!と叩きました。

さすがにこれにはビックリしたようで、
うぇぇぇ~ん!と泣き出しました。

その隙に破片を拾い、
とりあえず安全な状態になった上で、
もう一度
「ここはダメなんだよ」と
ゆっくり言いました。

でも一度火がついたら止まらない
泣き虫…
なんてもんじゃない、
泣き怪獣、な息子。

なんでダメなのー!!
とその場に座り込んで猛抗議。

ここからが
私と息子の攻防戦の
始まりでした。

e0060542_12252149.jpg
遠くで立ち尽くす息子。

e0060542_12272765.jpg
ただただ泣く。

もうビンのことはどこへやら。
ただただ泣きじゃくって、手足をバタバタ。
私が立たせようとしても、
反り返って自分の力で立とうとしません。
しまいには号泣しながら
抱っこ抱っこと甘えモード。

そして自分で立つ気がないので、
バタバタして反り返っている間に
バランスを崩して頭をゴチン。

泣きはさらに
烈火のごとくパワーアップ。
その後
なんとか立ちあがりはしましたが、
全く歩く気がありません。
マンション中に泣き声が響き渡ります。
そして夕方で陽もかげり、
寒くて早く家に入りたかった。
でもこれに屈してはいけないと思い、
私も頑張りました。

だって、たった10m。
いつもなら数秒でタタターッと走り去る距離です。
抱っこしてあげるのは簡単だけど、
それではこの子は
ますます泣けばいいと思ってしまう。
自分で歩かないでどうすんだっ。

お互い根比べになりました。
立ち尽くして泣きじゃくる息子。
数メートル離れた所で待つ私。
その横を学校帰りの小学生や
顔見知りのママ達やおばさま達が通ります。

ありがたい事に、
皆さん状況を察して
「ガンバレガンバレ!」
と声を掛けて下さったり、
号泣の息子に対して
「自分の気持ちをしっかり主張して良いじゃない!
近所迷惑とか考えなくていいのよ。
しっかり付き合ってあげな。」
なんて励まされたり。

いや、かなり近所迷惑だったと思います。
心の中でごめんなさいしながら、
でもじっと待ちました。

すると、励まされてるのがわかるのか、
人に見られて恥ずかしいと思ったのか、
顔をぐじゃぐじゃにしながらも歩き出しました。


結局30分ほどかかったでしょうか。
本当は階段も自分で登って欲しかったけど、
今日はよしとしました。
空は暗くなり
母ちゃんも息子も
すっかり冷えてしまいましたが、
泣きながら頑張った息子を
ヒシと抱き締めながら、
家に入りましたとさ。

ちなみに
家に入ってから気が付いた
ジーンズの血痕。
破片を拾った際に
指を切ったようです。
寒すぎて麻痺したのか
全く気付きませんでした。

e0060542_1220335.jpg
甘えたい盛りなのさ~♪
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-01-16 12:31 | 我が息子