カオリラックスのリラックスブログ

京都の町家へ泊まる


e0060542_249076.jpg

台風12号が紀伊半島へ接近中に京都へ行ってきました。
と言ってもほとんど影響なく京都へ着きました。

みんなに心配メールをたくさんもらい、
暢気に京都へ行ってるのが申し訳ないくらいでした。。。

今回はダンナくんが京都での結婚式に出席するということで、
京都の町家に住むステキ家族のお宅へお泊りを申し込みました。

一週間前に突然「泊めて」とお願いしたにもかかわらず、
その日にあった予定をずらしてくれてまで
「いいよ」と言ってくれた夫婦に感謝感激です。

私と息子は特に京都観光する予定もなかったので
終始おしゃべりに徹してのんびりしました。

e0060542_2542869.jpg
見て見て!このステキなお宅。

e0060542_2545495.jpg
私の憧れアイランドキッチン。
古い木材と無機質なキッチンが合います。

e0060542_2551345.jpg
息子の尻が見え隠れしてます。
息子ははしゃぎまくって
色んなところに頭をゴンゴン打っておりました。

前回おじゃましに来た時はカメラ(一眼レフ)を忘れたので
今回は絶対持ってこようと思っていたのに
台風に気を取られてすっかり忘れていた。
携帯のしょぼカメラで写りが悪くてすみません。
一眼レフならもっとこの家がよりよく写っているはずだ。

e0060542_2593063.jpg
朝ごはん。もくもくと食べる息子。

夜も鶏つくねとモモ肉のゆずこしょう焼きなど作ってくれました。
(携帯カメラじゃ限界だった・・・)

そしてこのお家が雑誌に載っています。

e0060542_32863.jpg


e0060542_323097.jpg

このお宅は元々機織の工場だったそうで、
でっかい機織の機械(鶴の恩返しみたいな?)が
今のリビングに置いてあったようだ。
だから2階まで吹き抜けになっていて
それがとても気持ちいいのである。

彼女は私からしたらすべてが完璧のセンス。
この家にしても家具や家電、食器や植物まで
ちょっとした小物にまでチョイスがハンパなくこだわってる。
それでいて来客を全く窮屈にさせないのですごいことである。

一方旦那さんはそれを超クールに眺めているので
そのアンバランスさがいいんだろうなぁ。
その彼女はイラストレーターです。ブログ→
イラストもまたいい味出してて。


翌日は知る人ぞ知る「恵文社」へ

e0060542_39833.jpg
いつも電車かバスで通ってる京都の街を
車で運転している自分が不思議だったなぁ。

ここはこだわりの本屋とでもいいましょうか。
雑貨や小物も売っていて、ギャラリーも併設しています。

e0060542_310669.jpg
息子がちょうどよく寝てくれたので
しめしめと心置きなく物色開始。

e0060542_3104140.jpg
それでも時間が足りない~。
久しぶりにゆっくり立ち読みできました。

その後は、銀閣寺付近で
おにぎりやさんをオープンする友達のところへ。

彼は代官山の伝説のおにぎりやさん「田田(でんでん)」で働いていて、
その経験を生かしてオープンします。
見た目「近寄りたくない」風貌で
喋ると優しい口調のギャップがとても魅力的。
某有名歌手も彼のお気に入りだったとか。
成功するといいなぁ。

始めはリヤカー引いて手売りするらしいのですが、
店舗も見つけたらしく見てきました。
前は小料理だか居酒屋だかやっていた居抜き物件。
なかなかいいんじゃないかと思いました。

カウンターをヒノキにして、壁をこうして、厨房をああして。。。。
なんて話を聞いてると
こっちまでワクワクしちゃいます。
ちなみにおにぎりを入れるバンジュウ(木の入れ物)は
家具職人修行中のダンナくんが作ってました。
あとお店のロゴとかHPとかも
前職の経験を生かしてダンナくんが作るみたいです。

こういう、夢に向かって頑張ってる人を見ると
すごく応援したくなります。
HPが出来た際にはまた紹介するので
京都に出掛けた際には是非お立ち寄りください。
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-09-10 03:19 | 京都