カオリラックスのリラックスブログ

信州松本へ行きました。


e0060542_12552465.jpg

長野の松本へ行ってきましたー!
写真は早朝の北アルプスです。5月末だというのにまだこの雪景色。
とってもきれいです。
でもこの時私が運転していたので肉眼で見れずに残念です。(ちっ)

私たちは前日金曜日の深夜1時に和歌山を出発し、
高速を乗り継ぎ、6時間あまりで松本到着。

友人が松本に新居を建てたのでそこにお邪魔する目的と、
じゃあついでに松本クラフトフェアへ行こうか、ってなわけで、
東京からも友達が5人やってきて大騒ぎな松本となりました。

みんなが集合していざクラフトフェアへ。

e0060542_131243.jpg

開場の「あがたの森」公園。
しかし息子は早起き&車での移動が疲れたか、それとも友人宅ではしゃぎまくってたからか、
着いた途端早々にぐったり。

e0060542_1315141.jpg

私ひとりで担いでたら骨が折れるってなわけで(現在2歳半で17kg)

e0060542_1332748.jpg

男子たちにバケツリレー。ほいっ。

e0060542_1334365.jpg



e0060542_1335282.jpg

すんませんねぇ・・・。

e0060542_1341357.jpg

翌日も抱っこされてた。おい、ちょっとは遠慮しなさい。


e0060542_1352025.jpg

しかしお昼を食べたらまた元気出た!


e0060542_135526.jpg

会場は、おもに長野で活動するものづくりさんがたくさん集結。

e0060542_1363644.jpg

陶器とかガラスとか木工とか色々なんだけど、
陶器やガラス売り場に彼は大変デンジャラスなので

e0060542_1372065.jpg

子供がはしゃいでも目を細めて見てくれそうなところで時間を過ごしていました。

e0060542_138359.jpg

それに私たち、とにかく疲れていたので
こんな広場でのんびりゆったり。

e0060542_1383369.jpg

ジャンベの演奏も始まったりしてお祭りムード。
実はこのクラフトフェア、初めて来たんで前がどうだったかわかりませんが、
たとえば東京のもみじ市とか、大阪の灯しびとの集いとか、
そういうのを見て回って来た人にとってはちょっと物足らないかもしれないなと思いました。
「あれ?これ前に見た人?」「これどっかで見たことあるデザインだなー」
なんて思うこともしばしば。
東京や大阪の人だったら、先述のイベントで十分かもしれません。

しかしやはりここは松本。
広い公園で高い山々を見上げながらゆったりした時間が流れ、
出店を見なくとも十分楽しめました。
そもそも私たちの目的はこれだけではなく、
約1年ぶりに会う友人たちとの宴がまた楽しみでありまして。

e0060542_13144071.jpg

新居のキッチンで女性陣が腕を振るう。

e0060542_1315797.jpg

みんなでやったらパパパッとお手のもんです。
こちらの地酒やワインなどを次々と空け、気持ちよく食べて飲んでお喋りして。

e0060542_13164799.jpg

この時私、大阪のカフェで展示した卵ちゃん
みんなへプレゼントするべく持ってきたんです。
自分の作品を自分で飾っててもあんまり面白くないし、
今回会ったメンバーの特徴をオマージュしてたりするので、
だったら無理やりもらってもらおうと。

そしたら予期せずみんなが喜んでくれまして。
ま、みんな先にブログでこの卵ちゃんを見てくれてたんで、
ちょっとした芸能人がうちに来た!みたいな感覚だったから余計に喜びが増したのかもしれません。(違うか)

友人が「自分の作ったものでこんなに喜んでくれるって、すごいことじゃない?」
って言ってくれましたがほんとそう。
自分だったら作った時点でエネルギー燃焼してるんで、そんなに気持ちは入らないんですよね。
これはプレゼントしてこそやっと、命が吹き込まれたなぁと思いましたよ。

実は先日、別の卵ちゃんを友達にプレゼントしてまして、友達のブログ→
私の手元を離れて友達の家に飾られている写真を見たら、
心からプレゼントしてよかったなぁと思いました。
親元を離れて遠い地でがんばってる我が子を見ている感じ!?
私の中では本当に驚き&嬉しい出来事でした。

話を戻して、
結局この日は宴会が終わってもなお残ったメンバーで
友人のダンナさんがいれた最高に美味しい珈琲を飲みながらおしゃべりして、
夜中の1時過ぎに就寝。

翌朝、近くの喫茶店でモーニング。

e0060542_13275843.jpg

ここ、とても人気店なうえ、雑誌にも良く出ている有名店らしく。(この時も撮影してた)
さらにこの日はクラフトフェアへの来場者が多かったからか行列を作って並び待ち。
普段はもっと並ばずゆったりとして、店員さんの応対も良いはず。。。と、思いたい。
珈琲も昨夜飲んだダンナさんの珈琲のほうが断然美味しかったし!(私はね)
でも、パンとサラダはおいしかった!

e0060542_13293587.jpg

トマトジュース飲んで「うまいーっ!」の図。
普段ジュース飲ませてくれないからこういうときに感動が大きいのよね。
結構結構。


e0060542_13315560.jpg

その後は松本城へ。
ダンナと息子がいないのは、息子がはるか後ろのほうで駄々をこねていたからです。

e0060542_13323436.jpg

こういう感じにね。

e0060542_13325991.jpg

駄々パート2。みなさん、これが正しい「駄々」ですよ。
ダンナ、ぼそっと「血は争えない、か。。。」とつぶやく。
(ダンナの幼少時代もこうだったと、義母や義兄から幾度となく証言されています)
しょうがないよ、しょうがない。

e0060542_13351233.jpg

同い年の友人の子めみちゃんも冷ややかに見つめてます。
この時あまりにも激しく転がりながら泣きじゃくっていたため、
周りにちょっとしたギャラリーができてクスクス笑われていました。
その間仲間のみんなは大笑いしてるし、
母親の私は笑いながら他人のフリしてるし、
ダンナにいたっては泣いている彼の姿をずっとビデオ撮影してるしで、
完全に彼のオンステージでした。

e0060542_13385485.jpg

抱っこ!と言われて抱っこしたら鼻水だらーん。
こんな漫画みたいに都合よく出ちゃう?
あなた、やっぱり何か持ってるわ。

めみちゃんと比べてうちの子の扱いが明らかに雑で乱暴な理由はここではっきりわかりました。
しょうがないよ、しょうがない。

e0060542_13393517.jpg

そして何事もなかったかのようにすぐ立ち直れるあなたがうらやましいわ。

そんな感じで、
松本に来てもドタバタコメディのような疾走感。
この疲れを引きずりながらの帰りはちょっと過酷でした。
結局夕方5時過ぎに松本を出て着いたのが深夜1時過ぎ。
途中眠くて眠くて何度も休憩し、
なんとか大阪の八尾あたりに来たら最後の力を振り絞って
「行くぜー!」「わたしならやれる!できる!」などと
体育会系の会社の朝礼みたいに自分らを鼓舞しながらなんとか帰路に就きました。

今度はゆったりした日程で行きたいです!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by kaorelax0307 | 2012-06-06 14:07 | その他旅行