カオリラックスのリラックスブログ

十津川温泉に行ってきた③(お宿・上湯温泉)


e0060542_6174525.jpg

3歳児のセクシーショット!

お宿は十津川温泉郷の中の「上湯温泉」と言う温泉を引いている、「神湯荘」にお泊り。
・・・って、ちょっとややこしいですが、
十津川温泉郷の中には温泉の種類が3つあるらしく、
十津川温泉、湯泉地温泉、上湯温泉と言う感じです。
泉質が違うので、日帰り入浴を利用して3つ入る人もいるようです。

私達がここの温泉・お宿にしたのは、
単にネットで調べたらここが安くて良い感じそう、という直感からでした。
ダンナさんは絶対にいのしし肉が食べたいという希望、
私は子供がいても大丈夫かどうか、(つまり高級そうなとこはダメ)
子供の食事料金を払わなくてもいいように、充分な食事量であるか(ケチ)
家族風呂(貸切風呂)があるところ(どうせなら家族で入りたい)
静かな秘境っぽいところ(せっかく行くんだし)

と言う具合。
で、大人一人8500円くらいでそれらの条件を満たしていそうなところを見つけました。
難点なのは、本館のお部屋ではなくランクの下がる別館の部屋であること、
いのしし肉はボタン鍋ではなくしゃぶしゃぶだったこと、
お部屋にトイレがないこと、このくらいでした。
それがこの「神湯荘」。
十津川温泉郷の中でも最南端で、周りにお店もなーんもない、静かなところでした。

e0060542_627130.jpg

着いた途端、名前も聞かれず、部屋へご案内され始めちゃいました。
しかもここ、本館っぽい。
「あの、あの、私達のこと誰だかわかってらっしゃいます??」
と慌てて尋ねると、にっこり笑顔で「ええ、大丈夫です。」と。

ははぁ~ん、もしや今日、私達貸切なんじゃ??と察しました。
案の定、この日の宿泊客は私達だけでした。
部屋は本館のきれいなお部屋、しかもトイレ付き。やったー!

そしてお風呂も貸切風呂じゃなくってもずっと貸切。
それなら気兼ねなく全部のお風呂を制覇しちゃおう!!

e0060542_6315774.jpg

雪駄履いて勢い勇んでいる息子。


e0060542_6333249.jpg

家族風呂。山々が見えてとっても気持ちよかったですー。


e0060542_6342678.jpg

もう一つの家族風呂。


e0060542_637271.jpg

人っ子一人いない、車の音もしない中で温泉に浸かる。最高。


e0060542_6372488.jpg

男湯は目の前が神湯荘への道路になっていた。
でもまぁ、今日は貸切だし、男だし大丈夫でしょ。


e0060542_6385464.jpg

お宿自体は結構古ぼけているというか、
民宿って感じでそんなに手入れが行き届いているわけではありませんでした。
ロビーにまだ蚊取り線香が置いてあるし、
フロントもファイルやらでごちゃごちゃ。
接客も今日は一組だからってのんびりムードなのか、いつもそうなのか、
ちょっとぽっちゃりした若めの女性が普通に接客。

でも不快ではないし、部屋は改装されたみたいできれいだし、
私達みたいな子連れは迷惑を掛けることもあるので、
これくらいフランクなほうがかえって落ち着きます。


e0060542_6435870.jpg

そして夕飯。
あまごの塩焼き、あまごの刺身、きのこのてんぷら、自家製ゴマ豆腐、めはり寿司、にゅうめんなど
この辺りの郷土料理がずらり。


e0060542_6465580.jpg

そしてメインの・・・。
あれ!?しゃぶしゃぶじゃなくてボタン鍋だ!!
肉が厚い!
部屋だけじゃなくて肉までグレードアップしてるー。
これはラッキーでした。

見た目には地味な感じかもしれませんが、
てんぷらも常に温かくいられるように工夫されていたり、
ポン酢がやたら美味しかったので聞いたら自家製だったり、
ご飯は温泉で炊かれていたりと、
意外ときめ細かく対応されていて、
内容も量も私達にとっては充分満足の行くお料理でした。
もちろん、私達の料理を息子に分け与えても充分でした。

それになんてったって、食事スペースも貸切でしたからね。
息子が食事に飽きて踊り出してもヒヤヒヤしなくて済んだのは、
一番食事を美味しく食べられた要因だったのではないでしょうか。

この後、息子が寝てからと明け方にも温泉に浸かり、
大満足のお宿でした。

翌日は最強のパワーみなぎる玉置神社へ向かいました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
[PR]
by kaorelax0307 | 2013-01-18 06:54 | 十津川村 温泉