人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

カテゴリ:四国ひとり旅★一日目( 3 )

四国一人旅【松山・道後温泉】

朝5:45分起床。
5:50頃の日吉発の予定でしたのでこれでは寝坊です。
いきなり当初の予定より狂ってしまいました。
それでも持ち前のプラス志向&なかったことに志向で乗り切り、
日吉→新横浜→岡山と列車を走らせ、
e0060542_22493995.jpg←岡山駅構内。さすが桃ばかり。

13:00過ぎに松山到着。
松山には私の地元・豊橋と同じように路面電車が走っています。

その路面電車に乗って「大街道(おおかいどう)」へ。
ここは松山の中心地で、私の泊まるホテルもあります。
先日タモさんもいいともで言っていましたが
ここには「ラフォーレ原宿松山」っていう、
どっちだよ!というラフォーレがあります。

その「ラフォーレ原宿松山」を正面に長いアーケードがあります。
そこで、全国高校俳句選手権大会「俳句甲子園」というのをやっていました。

どうやらトーナメント戦らしく、
お互いの学校の俳句を批評しあって勝敗を決めていました。
俳句だから地味かな・・・と思いきや、
テレビカメラは来てるし、観客は大勢いるし、
今時の高校生らしくない、まじめそうな方たちが
各校実に熱い論議を醸し出していました 。
さすが正岡子規を排出した松山であります。


その後はこんなところへ行きました。
萬翠荘(松山藩の別邸)
e0060542_2250178.jpg

愚陀仏庵(夏目漱石の下宿先。正岡子規と少しだけ同居)
e0060542_22511652.jpg
と、さすが旧居好きのカオリラックスならではのセレクトです。

その後はまた路面電車に乗って、道後温泉へ。
道後温泉は一度行ってみたい憧れの場所でありました。
行く前に「坊ちゃん」を読んで行ったので
「赤手拭い」とか「山嵐」とかの重要ワードがすぐわかりました。
しかし、やはり道後温泉本館は観光客ばかりでした。
意外に狭い風呂場でせわしなく温泉に入り、
人々が浴衣でひしめき合う場所で
団子とお茶といよかんジュースを飲み、
適当に汗が引いたところで出てきました。
でも、さすがに建物は立派ですみずみまで拝見してきました。
温泉としては3000年、
建物としては100年以上の歴史があるだけはあります。
e0060542_22514194.jpg

道後温泉を出た後は
目の前の商店街の中にある
いよかん専門のお店でいよかんソフトを食べました。
おいしかった♪
e0060542_22531810.jpg
by kaorelax0307 | 2005-08-20 22:48 | 四国ひとり旅★一日目

四国一人旅【感動の寺・石手寺】

さっぱり気持ちよくなったところで
やっとお遍路さんの一つである「石手寺」へ行きました。
今日はたまたま、年に2回行われるという「平和万灯会」の日でした。
みんなで願い事を書き込み、日が暮れた頃ろうそくを灯して
音楽会や盆踊り、読経などを行うお祭りみたいなものでした。

e0060542_239097.jpg
私はこの寺の催しにいたく感動してしまいました。
ちっちゃい子供からお年寄りまで、
みんなで輪になって盆踊りしてる姿とか、
e0060542_239439.jpg
ろうそくの明かりに照らされた建物とか、
e0060542_23101830.jpg
あとはその寺の雰囲気とかが
すごく地元に根付いているけども、
しかしとっても幻想的で、
地元民ではないのに おばあちゃんたちに混じって
境内の石段に腰掛けてボーっとそれらを眺めておりました。

はっと我に帰るとお腹が空いていました。
もう8時過ぎです。
どこで食べよう・・・。
一人旅はこれが困るのだ。
またまた大街道に戻り、
アーケードから一本外れた道を歩いていたら、
ガラガラ~ッと引き戸の民家風ダイニングがありました。
ここ良さそうだなぁと思ってガラガラ~ッと開けてみました。
とっても笑顔のステキな女の子が出てきました。

すみません、一人なんですけど・・・。
「少々お待ちくださ~い。」
そして少し経って、カウンター席に案内されました。
この後、ひとり旅の中で一番不安な夕食が
一気に一番思い出深いひと時となりました。
by kaorelax0307 | 2005-08-20 22:43 | 四国ひとり旅★一日目

四国一人旅【おひとり様・ステキな夕飯】

「メニューはお決まりですか?」
えっとー、これもこれも食べたいんですけどー、
例えば一人だと前菜2.3種にメインだと多いですよねぇ?
「うーん、そうですねぇ・・・。ちょっと待っててくださいっ!」
~しばらくして~
「あの、こういうのはどうでしょう?
ちょこちょこっと楽しめる前菜の盛り合わせが1000円で、
それにメインをお付けすれば、いろんなものが楽しめると思います。
前菜もホントに全部おいしいんで、ぜひ食べてください!」
ほんとですかぁ?じゃあそうしますぅ。

メインだけでも良さそうな感じだったんですけど、
メニューもどれもおいしそうだったし、
せっかく一人のディナーですもん、豪華にしたかったんです。
それに店員さんの笑顔がとってもまぶしく、
私のために一生懸命シェフと掛け合ってくれてる姿に心打たれてしまいました。

前菜は・・・
・豚しゃぶサラダ 黒酢ドレッシング
・野菜のカドカド ピーナッツドレッシング和え
・地ダコのカルパッチョ ジェノバ風
・パルマ産生ハムとサラダ
・伊予牛のたたき さっぱりにんにくソース
・づけマグロの侍カルパッチョ
・宇和島産カンパチのカルパッチョ

どーです!この7品。
e0060542_22254569.jpg

これに生ビールでぷはーっとやったあとは、
この店の看板メニューでもある、ミルフィーユポークカツレツ。
e0060542_22263378.jpg
豚のロースを15枚重ねてミルフィーユ仕立てにしたカツレツです。
確か恵比寿にもこんなのを出すお店ありましたよね。
そこはどうだか知りませんが、
ここはイタリアンダイニングなんで、フォークとナイフで食べます。
これも表面はカリッと、中はジューシーで最高!
満足げにほおばっていますと、
先ほどの店員さんがやってきました。

「どうですか?」
めちゃめちゃおいしいですぅ。もぐもぐ。
「よかったですー。前菜はこの人が作ったんですよ。」
(シェフの男の子を紹介される)
あー、もうありがとうございます。堪能してます。
「いやぁ、良かったス・・。(テレ気味)」
そしてまた女の子の店員さん。
「あの、お仕事か何かで来られたんですか?」
いや、一人で旅行中なんです。あ、横浜から・・・。
「ええっ!そうなんですか!ここはどうやって?」
えっと、ぷらぷら歩いていたらなんとなく雰囲気良さそうだったんで。
「ほんとですか!うれしいですー。そうなんですかー。」

すると、しばらくして初めに席を案内してくれた店員さんが。
「東京から来られたんですね。ありがとうございますー」
そしてまた別の店員さんが
「どうですか?お一人で東京から来られたんですってね!」
まぁ東京も横浜も似たようなもんなんで(似てない?)
そのまま訂正せずにいましたが。
いろいろしゃべり相手になってくれてとっても楽しかったです。
「私、品川に知り合いがいるんで、たまに東京行くんですよ。」
へぇ~そうなんですかー。

それで少し東京の神社仏閣話で盛り上がったり、
私の旅話をしたり、
彼女が東京に行くと必ず行くというマッサージ(オーラソーマ?)の話をしたり、
あっという間に時間が経ってしまいました。
ひと段落した後は、デザートまでサービスしてくれました。
e0060542_22273284.jpg

「あの、ぜひ、連絡先を教えてください!!」
彼女は私のどこに魅力を感じたのか、
姿勢も私より一段下から見上げて懇願しています。
帰りは店の前で記念撮影。
「これ、日付入れて店に飾っておきます!
ほんとに今日は出会えてうれしかったです!」

もぉー、勘違いするってば。
わたしゃ普通の会社の経理だよ。
愛知県豊川市出身だよ。
家にクーラーないよ。
なんなんだろうねぇ?
やっぱり今思い返しても「東京効果」な気がするけど、
でもあの時間は本当に楽しかったからいいか。

最後に、「これおいしいんで、旅の途中でお腹が空いたら食べてください」
と、羊羹をくれました。
e0060542_2228233.jpg

夜11時過ぎ店を出て、
そのままいい気分でホテルに帰って就寝しました☆
by kaorelax0307 | 2005-08-20 22:22 | 四国ひとり旅★一日目