人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

カテゴリ:東京( 19 )

代々木公園でお花見


e0060542_3115897.jpg

「おいしい」という表現を覚えました。
でも、
特においしいものを食べていない私にも
頬をペタペタ叩いてきて、
満足げな表情をしています。


代々木公園でお花見しました。
この日はとっても暖かく
風もなくて
お花見日和でした。

息子は知らないお兄さんと
遊んでもらったり、
別の花見客のところへ
お邪魔したりと
マイペースぶりを発揮していました。

e0060542_3271753.jpg
隣のカップルへ割り込む。


あと私達家族が
遠くへ行ってしまうということで、
たくさんお友達に会えたので
とても楽しかったです。

餞別に
相方の会社の子達が
デジタルフォトフレームを
贈ってくれました。

中には
みんなの応援メッセージが
入っていました。
相方の会社の子達だから
もちろん知らない人も
多少いたりするんですが、
でも家族ぐるみで
お付き合いがあったので、
その家族も参加しての
メッセージまであって、
とてもあたたかかったです。

e0060542_3242373.jpg
みなさんどうもありがとう!

代々木公園は
暗くなっても
ライトアップしなかったので
陽が落ちたら
一気に真っ暗・・・。

その後は表参道を通って
渋谷で軽く一杯。
「こんな都会の風景も
見納めか・・・」
と、ほろ酔いと桜と、
若干寂しい街のネオンが、
センチメンタルな気分を
駆り立てました。

別れと新たな門出の春です。


e0060542_3313250.jpg
髪がはねようが
お腹出ていようが
我が道をいく息子。
by kaorelax0307 | 2011-04-08 03:33 | 東京

居心地よすぎるお宅訪問


e0060542_22403626.jpg

友達夫婦のお宅へ遊びに行きました。
そこで散々遊びまくって、ご就寝中の我が息子。

e0060542_22412624.jpg
隣でかわいく寝ているのは
2歳のSくん。

うちの息子のほうが、
一年以上後輩なのに
この貫禄はいったい・・・。
(写真をクリックするとそれがよくわかります。)
つい拝みたくなるどっしり具合。


e0060542_22543056.jpg
Sくん、すごくかわいい。
うちもかわいいはずだが負けた!


こちらのお宅はとってもおされ。
中古マンションを
リフォームしたらしいのですが、
随所にこだわりが感じられ、
シンプルで居心地よくて
最高です。

前回おじゃました時は、
ついつい、
お泊りしちゃいました。


おまけに嫁の作る手料理も
かなりナイス。
白和え、サトイモの煮物、
野菜たっぷりのしゃぶしゃぶ、
鮭の野菜あんかけ等等・・・。
30代半ばの我等には、
和食のメニューがとっても嬉しかった。

大人が9人、子供が2人の
大人数でも居心地よく、
ゴチャゴチャしたものが
ほとんどない故、
なんでも触りたガリクソンな息子も
安心して解き放つことができました。

それにここらの男子は、
みんな張り切って
子供を面倒見てくれるのよね。
(彼らの精神年齢が子供だからか?)
おかげで私は
上げ膳据え膳の食事を
ゆっくり楽しむことができました。
幸せだ~。

我々はすっかり長居してしまい、

e0060542_22525266.jpg
ん?

e0060542_22531469.jpg
こんな大人も出没。
大人って楽しいね!
(勝手に載せてごめんー)
by kaorelax0307 | 2011-03-02 23:17 | 東京

目黒不動~三茶ライブ



この日は朝から大忙しな日でした。

まず初詣が済んでいなかったので、
私達のある意味原点である
目黒不動へ御参りに行きました。

電車を乗り継いで不動前駅に着いた頃、
時は13時。
ちょうどいいタイミングで
息子が寝てくれたので、
不動前に住んでいた時から
お気に入りのラーメン屋さん「けんみん」へ。

e0060542_12353014.jpg
手前が坦々麺風辛いらーめん。
私はふつうのラーメン。

子供がいたら
なかなかラーメン屋さんなんて入れないけど、
親孝行な息子は
空気を読んで寝てくれたおかげで
しっかり堪能することができました。
美味しかった★。

その後は目黒不動へお参り。

e0060542_12373746.jpg
途中で見つけた「オープンルーム」。
フランクな感じがいいですね。
(写真をクリックして拡大してください。)


参門の前に着くと、
息子がなにやら指差しています。
近頃道を歩いていると
やたらと指差して訴えてくるのです。
だいたい散歩中の犬であることが
多いのですが、
この日は

e0060542_12405430.jpg
狛犬。
おおーっ。
これも犬だってことがわかるのか!

最近ではどこかのお宅の
玄関隅に置かれている犬の置物から、
「猛犬注意」ステッカーに
描かれている犬まで。
どんだけ細かいところにまで
アンテナ張り巡らしてんだってくらいに
ワンワンパトロールをしているようです。


e0060542_1245682.jpg
神様の前でヤンキーずわり。


e0060542_12455362.jpg
長い階段もがんばって全部上ったよ!


途中、竜の口から水が出ているのを見つけ、、、

e0060542_12473487.jpg
嫌な予感、的中。
びっちゃびちゃに。
着替え持っていってよかったー。

お参りの後は
妊娠中お世話になっていた
美容師夫婦のお友達へ会いに。

e0060542_12515740.jpg

絶対安静で
お風呂に入れなかった時に
週一でシャンプーしてもらっていたのです。
そして
通いはじめてほどなくして
奥様が妊娠!
本当に我が身のことのように喜び合いましたよ。

e0060542_12523478.jpg
そんな息子達もお互いに一歳を迎え、
こうして新たな縁ができました。

e0060542_12531115.jpg
いたずらも一緒にね。

その後は
30過ぎてバンドを組んだ
友達の初ライブを見に三茶へ。

一歳児連れてライブなんて
チャレンジャーだなー!
とお思いでしょう。
確かにタバコとか音とか
気になる点が多々あったので、
少しでも都合が悪かったら
潔く諦めようと思っていたのですが、
店内禁煙だし、
みんな息子にかまってくれるし、
音も思ったほどの音量ではなく
息子も割り箸をバチのように
振り回してノリノリでした。

e0060542_1312490.jpg


このバンド、
結成当初から
色々と進捗具合を聞いていたのですが、
正直お遊びというか、
ライブもみんながやれやれ言うから
適当な感じでやるのかな、と思いきや。
想像以上に完成度高くて
びっくりしちゃいました。
しかもオリジナル曲がまた良くて。
なんだよ~。ちょっと馬鹿にしててごめんよ~。

e0060542_1315962.jpg
すごく良かったぞ~。

そして初ライブにして解散ライブという
衝撃発言も飛び出しました。

e0060542_1332480.jpg
「ぼくたち、普通の男の子になります!」


e0060542_1355154.jpg
楽しい一日でした!
by kaorelax0307 | 2011-02-02 13:11 | 東京

もみじ市


e0060542_12333636.jpg

満面の笑みです。
なぜこんなに
はちきれんばかりの笑顔なんでしょうか。


またまた古い日記ですが
10月下旬に
多摩川河川敷で行われた
もみじ市へ行ってきました。

もみじ市は「ほぼ日」でも
紹介されていたので
http://www.1101.com/momijiichi/
知ってる人が多いと思いますが
それにしてもすごい人でした!

割と有名な作家さんや歌手、
イラストレーターの人、
カフェのオーナーさんとか
あらゆるジャンルの人達が参加していて、
先日の多摩クラフトフェアとは
また雰囲気が違い
ちょっとコジャレた感じの催しでした。

e0060542_12355850.jpg



その日は義理の両親が来ていたので
ちょっと両親に息子を預け、
相方と会場をぐるり一周できました。
そして久しぶりに対面したら
上記のような笑顔に出くわした、というわけです。

会場では
とても好きな絵本作家の
tupera tuperaさんが来ており、
ファンだった絵本を売っていました。
するとスタッフの方が
「今、本人がいて時間空いてるんで
買ってもらえるなら
サインしますよ。」
と。
なぬー
それは絶対買います!!(←いい客だ)

というわけで2冊お買い上げ。
その2冊ともイラストとサインとメッセージを
書いてもらい
とっても嬉しい記念になりました。

『どんなおと?』という絵本に
サインしてもらうとき、
作家の中川さんにいきなり
「誰がオナラしてるのがいいですか?」
と言われ、
とっさに
「お、おじさんで!」
と答えたら
ちょっと面食らったような顔で
「ほんとにおじさんでいいんですか?」
と聞かれました。
「いいんです、おじさんで。」
と言ったら、
私好みのナイスなおじさんが
おならしているイラストを描いてくれました。

e0060542_12393538.jpg


by kaorelax0307 | 2010-11-10 12:45 | 東京

築地でパーべキュー


e0060542_8315097.jpg

少し前の話になりますが
10月中旬に
相方の学生時代の友達が
バーベキューを企画してくれました。

場所が築地というだけあって
幹事の子が築地で材料を調達。
とってもおいしいホタテやサザエなどを
食することができました。

男女合わせて10人ほどおり、
息子はみな初対面。
どうなるかなーと思ってみておりましたら

e0060542_831963.jpg

男子にはやっぱり不安そう。
でも女子なら・・・

e0060542_8363488.jpg

すっかり溶け込んでおります。

抱っこしてくれた上記の男子は
子供大好きな子なので
息子の非情な態度に舌打ち。
何度も怖い顔をして息子に向かい、
恐怖におののいておりました。
by kaorelax0307 | 2010-11-03 08:36 | 東京

温かな気持ち

e0060542_10341916.jpg

e0060542_10341933.jpg

息子、5ヶ月になりました。
お座りがだいぶ上手になってきました。でもちょっと油断すると…

ゴローン。
です。

先日は戸越銀座にある保健センターへ行ってきました。

私はかつて品川区に住んでいました。その際、妊婦健診の費用を区から助成してもらえるのですが、その条件が東京23区内の産婦人科でなければならないのです。
私は横浜市内の病院へ通っていた為この助成が下りず、分娩後、別で申請しなければならなかったのです。

というわけで、その申請をしにわざわざ戸越銀座までやって来たというわけです。

バスで最寄り駅まで、そして田園都市線、大井町線、池上線と乗り継ぎ(またもや東急ばっか)、正味1時間の旅。

当初は電車での移動なんて一人で出来るかしらと心配しましたが、やってみると慣れるもんです。
ベビーカーやキャリアで赤ちゃん連れのお母さんはしょっちゅう見ますし、それになかなかの確率で席を譲ってくれます。

今回はバス停で並んでいる時から人々の暖かさに触れました。

前に並んでいたおばさんに話しかけられ、世間話をしていたらバスが来て、「寒いから先に乗りなさい。」と順番を譲ってくれたり、
バス車内では親子がお婆さんに席を譲っていたのですが、そのお婆さんが「ほら、あなた座りなさい。揺れてぶつかったら大変よ。」と逆に譲られたり。(2席空いたのでそのお婆さんも座りました。悪しからず。)

電車内でも、70代くらいのおじいさんに「どうぞ」と言われ、「そんなそんな、大丈夫です。」と言ったと同時くらいに隣のお姉さんに「こちらどうぞ。」と席を譲られ。(遠慮なく座りました。)

また着席中、隣に50代くらいの色黒ガテン系、ちょっとコワモテのおじさんが座ってきて、「うわぁ…ぐずったら嫌な顔されそうだなぁ」と警戒していました。すると息子はそんなおじさんの顔をジッと見つめておりました。
(おいおいっ。どうせなら隣のおばさんにしなさい。)と思っていたら、息子に向かって無言で「バァ〜」「イィ〜」と目を丸くさせたり口を開けたりしているおじさんが正面の窓越しに写っていました。

世の中まだまだ捨てたもんじゃないなぁと思いました。

保健センターの用事が済んだあとは、かつてのマンション近くの美容院へ。妊娠中動けなかった時、お風呂に入れなかったのでシャンプーしに来ていたのでした。
夫婦で経営していて、私が通っている間に奥さんも妊娠。うちの息子と2ヶ月違いで産まれたのでした。
そんな縁でメールをやりとりしてきてやっと今回一年ぶりにご対面。

一年前を振り返りながら、「あの時も桜の季節だったよね〜。」「なんだかお互いに子供がいるなんて不思議だねぇ〜」と幸せを噛み締めたのでした。

あったかいなぁ〜。
by kaorelax0307 | 2010-04-03 10:34 | 東京

野外で授乳

e0060542_032477.jpg

多摩川でお花見をしました。

男子5人(息子入れたら6人)、女子2人の計7人。
息子が産まれてからはほとんど女友達としか会ってなく、たまに会った男の人も子供がいたり子供慣れしている人ばかりでそれに慣れていましたが…。

途中でオッパイあげてたらビックリされちゃいました。
いや、もちろん後ろ向いてコッソリあげてたんですけどね。

そっか、ビックリするのか。
と、ちょっと新鮮でした。
野外という非日常的空間での授乳もミスマッチだったんでしょうか。

毎日毎日何回も授乳してるわけで、人前だろうがなんだろうがあげなきゃならないので授乳は全然恥ずかしくなくなっちゃったけど、独身男性にとってはちょっと刺激的だったのかなーと思い、気をつけようと思いました。

だけど・・・
みんなといる時に一人離れて授乳するのって、すっごく寂しいんですよね。
あーみんな向こうで盛り上がってるなーって。

でも、授乳中くらいは息子と二人で甘い蜜月を味わえるのも、母乳育児のいいところだったりします。
by kaorelax0307 | 2010-04-01 00:32 | 東京

都内はぐったり


e0060542_11542188.jpg

ある土曜日。
今日は天気が良いのにとーちゃんお仕事だって。
とーちゃん息子とスキンシップができなくて可哀想。
私も今週はあまり外出しなかったからちょっと気分転換したい。
だったら一緒にとーちゃんの会社に行っちゃおう!
んで、とーちゃんの仕事中は表参道でプラプラ散歩しよっか!

…という訳でとーちゃんも「いいよー」と言ってくれたので、一緒に会社のある青山一丁目まで行くことに。

半蔵門線なんで、乗り換え無しの一本だからただ乗ってるだけなのに、渋谷を通過するとなんだかドッと疲れが。
有り余るエネルギーの塊のような人混みを見てるだけで、精気を吸い取られるようです。
(抱っこしてるのはとーちゃんだけど。)

会社に着いたらTさんが来ました。Tさんのところもうちの息子と一週間違いで男の子が産まれたんですよね。お互いに大変ですねー。

そんなこと言ってたら予想外でシャチョさん登場。そしてそんな時に限って息子はぶりぶりと大きいのを…。

アセアセしながらオムツを替えていたら表参道へ行く気力も失せました。
表参道なんかオムツを替える場所や授乳スペースを探すのが大変そうだし、お店が一軒一軒離れてるから移動も大変。
もうちょっと大きくなったらかーちゃんの買い物につきあってね〜。

結局、同じ半蔵門線沿線に住むお友達と都合がついたので遊びに行くことに。なかなか一人でここまで来るのは難しいから会えて良かったです。

という訳で久しぶりの都内はぐったり。
しばらくは近場のたまプラ辺りでチョロチョロしていようと思った次第の一日でした。
by kaorelax0307 | 2010-03-21 11:50 | 東京

久しぶりの不動前


e0060542_14202859.jpg



目黒不動尊へ初詣に行ってきました。

今のところに越す前は不動前に住んでいて、マンションから近かったので毎年お詣りに行っていました。
昨年まで三年間厄年だったので、毎年ここで護摩祈祷してもらってたのです。
その他にも毎月28日の縁日の日なんかにもちょくちょく遊びに行ったりしていました。
そこで、無事に出産した報告も兼ねて昨年の御札を返しつつお詣りに。

目黒不動へ行くと必ず立ち寄るお店が、うなぎの美味しい「にしむら」。
鰻重弁当(中)で1700円と、弁当にしちゃかなりの贅沢品なんで、我々はいつも一個を半分こ。それを境内に転がってる石とかに座って、縁側の老夫婦みたくまったり食べるのです。

でもこの日はすっごく寒くてしかも雨。
この後、ここからすぐ近くのおたさん家におじゃまする予定だったのでうなぎはおたさん家で食べさせてもらうことにしました。

そのおたさん家はデザイナーズマンションで、インテリアもとっても素敵。箸一つとっても籠一つとっても、一つ一つのセレクトにこだわりを感じます。
同居人さんの痕跡が全くなく、唯一の存在感はマンガ本の「スラムダンク」だけ。
インテリアを極めるにはこういう徹底ぶりが大切だと痛感しました。

いちいち感動して、人の家なのに勝手にくまなくチェックしてきました。
洗面所だって台所だってぬかりありません。
でも、「汚せない!」と緊張するような感じじゃなくて、すごくナチュラルでリラックスできるお部屋。
色々聞いたらソニアパークのお店とか「くらすこと」っていうサイトとかをチェックしてるんだって。
刺激を受け、ぜひ私もあんな食器こんな雑貨でお客様をもてなしたい!と一人大盛り上がり。真似してサイト覗いたらほとんど「品切れ中」だった…。
逆に良かった。在庫ありだったらうっかりポチポチしてたかもしれぬ。

そんなわけでまとまりませんが楽しい休日でした。
by kaorelax0307 | 2010-03-15 14:18 | 東京

一年の計はショーと、うな重

3年間続く厄年のフィナーレを飾る今年は、
前厄・本厄ともにお祓いへ行った目黒不動へ。
初詣や厄除けなどは、
自分の住んでる地域の神社やお寺に行くのが良いと聞いたことがあります。
確かに毎日行動しているところの神様に参ったほうがご利益ありそうだし、
何より大好きな目黒不動へ行ける、という単純に楽しみな点から、
ここ4年、目黒不動へお参りに行っています。

e0060542_23553396.jpg
↑立派な本殿。

なぜ目黒不動へ行くのが楽しみなのか。
それは2つ理由があります。
護摩焚きって、皆さんされたことあるでしょうか?
どうせ厄除けするなら、お札もらうだけなんて勿体無い。
護摩焚きショー(と、勝手に呼んでいる)をしっかり見なくっちゃ。

普通、僧侶の読経場面に出くわす時って、まぁ大抵仏事の時しかないですよね。
坊さん一人が、ほぼ一定のリズムで読経を上げ、
たまにチーンとならすか、木魚をポクポクとリズム取ってる程度。
しかし、護摩焚きは違うんですっ。

どこのお寺でもそうなのかは定かではありませんが、
まず僧侶が5人も出てきます。
メインボーカル1人、
シャンシャンという鈴を持った2人と和太鼓1人のリズム隊兼サブボーカル、
薪を炎に入れながらチーンと鐘を鳴らすコーラス1人、以上の5人。
メインVo.が真ん中、その左右に鈴のリズム隊、左脇に和太鼓、奥にコーラス。
完全にバンド編成です。

始めはメランコリックに般若心経が始まります。
しかし五重奏で奏でる般若心経はすばらしく壮大です。
アンビエントが心地よく、そのうちハウスを聴いているようなトランス状態に。
そしてだんだんビートが大きくなってきて、
ブレイク寸前でサブボーカルの僧侶が「Yaaaao!」と会場を盛り上げます。
燃え盛る炎と共に、会場(私の心の中)もヒートアップ。
僧侶の皆さんが心なしか首をブンブン振っていたように見えましたが、
そりゃそうでしょう、と納得のサウンドです。

そんな調子でAメロからDメロくらいまであったでしょうか。
素晴らしいサウンドでした。
演奏(いや読経)が終わって、サブVo.の1人が
「みんな、今日はどうもありがとう」(みたいなこと、っていうか全然違う)を言って合掌。
最後にメインVo.がファン(?)に向けて、お声を捧げてくれました。
私達は合掌し、首を垂れ、目をつむり、その声を存分に浴びました。
その言葉は確かに「Yaa!audience!(オーディエンス)audience!」
と言っていました。(ホントにそう聴こえた)
メインVo.はものすごいオーラ全開でした。
どこの国の人なのか、何歳なのか、正体不明で、サンタクロースのような印象でした。
そんなスペクタクルショーを全身に浴び、
ツアー記念の木札を受け取り、満たされた気持ちで目黒不動を後にしました。
(私の勝手な過大解釈による文面をご容赦ください)

さてもう1つの楽しみ。
それが、うな重です。
目黒不動参道に構える八つ目うなぎの「にしむら」。

e0060542_23582969.jpg
↑とっても良い匂い。いつも行列です。
目黒不動へ行く時は、必ずココの弁当を買って、目黒不動の境内で食します。
今回ももちろん、買いました。
中・上・特上とありますが、私は中しか食べたことありません。
しかもこれを2人で1つ。
だってそれで1700円くらいするんですもの。
でもね、それで充分です。
で、毎回、毎回、
「1700円もして美味しいんだったっけ」と疑いながらお金を払い、
一口食べて「んめ~~~」と唸るわけです。
この疑念と台詞もセットですね。

e0060542_034084.jpg


私、いちお、うなぎの産地で産まれておりますので(愛知県東三河)
うなぎを食べる機会は結構ある方だと思うんですがね。
その私が、死ぬまでに両親に食べさせてあげたい、といつも思うのであります。


家から徒歩5分という距離なのに、このイベントは一年に一回。
あまり贅沢したらバチが当たるってんでね。
正月くらいは縁起の良いサウンドとテイスティングで楽しみましょうってことですわ。

そんな訳で、一年の一大イベントを楽しんできたという日記でした。
by kaorelax0307 | 2009-01-10 22:57 | 東京