カオリラックスのリラックスブログ

<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

9/22(34週0日目)胎動チェック(&一人手芸部)

今日から34週に入り、予定日まであと6週となりました。
この日から胎動チェックなるものをしなければいけません。
どうするかと言うと、10回動くのに何分かかったのかを毎日チェックしていきます。
例えば10回動くのに30分もかかっている日が続くとあまり良くないとか…?

でもこれ、一日のうちですごく動く時もあれば、えらいゆっくりな時もある。
そもそも、自分が動いてる時は意識がお腹になくて、気がついた時には「あれ!?これは動き始め?」なんてこともある。
あとどこまでの動きを1回とするのかも微妙なところ。

とりあえず正確になんか計れんわ!とサジを投げ、一日のうちでだいたい10分以内に10回動いてる時が何回かあればよし、としています。

ちなみに赤ちゃんは2,30分置きに寝たり起きたりしているそう。
なかなか忙しい毎日を過ごしています。


ご無沙汰していましたが手芸部近況。またしょーもないもの作りました。
e0060542_1133363.jpg

コウモリくんです。何かのアップリケに。
ne-netというブランドのキャラをパクりました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-26 11:33 | 忍忍妊婦

9/21(33週6日目)お母ちゃんは力持ち

ベビーカーを買いに行きました。
色んな種類があるので事前に細かく下調べをしてから(私は調べてないけど)行ったのでだいたいの目星は付けていました。

第一条件は軽いこと。
そして次に、軽いことと重なりますが片手で開閉できること。
この二つが絶対条件でした。

今のところベビーカー業界の中で一番軽いのが3.9kg。その次に4.6kgでした。(相方調べ)
あとは他のと実際に比べてみて判断しようということになりました。

というわけでベビーザラスへ行きました。日本製、外国製、色んな種類が置いてありました。
目星は付けていましたがとりあえず、片っ端から押したり引いたりと感触を確かめました。

お、重い…

片手で持ったら今の私ではとてもじゃないけど無理でした。
見ると立派でデザインのいいやつは7kg以上。平均でも5kg以上あります。
おまけに、生後3~4ヶ月の子の平均体重の重さのぬいぐるみがあったので(それは7kg)、それを片手に持ちながら開閉しようとしましたが私はギブアップ。
相方でも「うっ…」と唸る始末。

結局「やっぱし軽いやつだな」と始めから目星を付けていたものを重点的にチェック。
と言うかこの辺から私はだいぶ疲れてきていて、こういう大事な買い物はあらゆる面から細かくチェックする相方に任せた方がいいと判断しました。

一応軽いベビーカーも持ってみましたが、それでも片手に約4kg前後のものを持つのは大変だと言うことがよくわかりました。
その上片手に赤ちゃんを、状況によっては更に買い物したものを、そしてバスや電車の乗り降り…。

考えただけでドッと疲れたので、「ベビーカーで買い物する時は相方がいる時にしよう」と行動まで勝手に限定し、チェックはもう相方にすべてお任せすることにしました。

車輪の太さ大きさ、サスペンション、フレームの丈夫さ、サンシェードの大きさ、シートクッションの質、ベルトなどの安全装備、開閉やハンドル変換のしやすさ、等々。
あらゆる面からチェックしていました。
私は隣でふんふんと頷くだけ。最終的には直感が命!という具合のいい加減さでした。

というわけで最終的な答えに行き着くまではほとんど相方のチェックを参考に、最後は「この色で!」という私の一言で決定しました。

お母ちゃんになるには体力と協力が必要だとつくづく感じました。
出産したら黒柳徹子もやってるというスクワットと四股を毎日やろうと強く思いました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-25 20:02 | 忍忍妊婦

9/17 ハーブの効果?~脱・薬への旅~

以前から便秘、貧血、むくみ、お腹の張り等々に悩まされていることを綴っていますが、
なんとかしたいという思いからメディカルハーブのハーブティやらオイルを試しています。

病院でもらった薬は私にはとても強いようで、
便秘の薬はもうそれは強烈な痛みを伴いますし、今までなんともなかった貧血の薬も、最近ではちょっと気持ち悪くなったりすることが度々。

過去を振り返ってみると、幸いなことに大病こそしたことないのですが、数々のマイナートラブルにはしょっちゅう悩まされております。
今回のような便秘やむくみはもちろん、冷え性、アレルギー(花粉症・喘息・鼻炎)、頭痛、生理痛、肌荒れ、風邪を引きやすい等。。。
それでもって病院へ行くと、結構合わない薬があったりして何度か発疹などのアレルギー反応が出ることも。

今までは自分ひとりの体だったから良かったものの、今はもう一つの命を抱えた身。
そして今後、子供の健康だけはきちんと守って行きたい。しかもなるべく抗生物質などの薬を使わず。
そんな思いから、「自然療法」というものを少しずつ取り入れて行こうと決心しました。

とりあえず手始めに私の体で実験。
ドイツの薬局「マリエン薬局」から取り寄せたメディカルハーブティを飲んでみることにしました。
ハーブティと言ってもその辺に売ってるハーブティではなく、EU、ドイツの薬事法をクリアしたれっきとした薬として売られている「メディカルハーブ」を使用しており、
10年間農薬を使用していない土地で栽培されているとかなんとか、とりあえず厳しい基準の下に作られたハーブティなのであります。
私の買ったハーブティは140gで¥4,380(私のペースで約2か月分)と、決して安くはないものです。

飲んでみて1週間の時点であまり変化はありません。
ここの薬局は使い方や質問などのサポートデスクがあるのでちょっと問い合わせてみました。
(効かないぞ!というクレーム含め。←やな感じ。)
そして色々飲み方や量などを指導してもらってるうちに20日以上が経ち、気が付いたら10日以上薬なしで便通があり、むくみもかなり軽減されていることに気が付きました。
それまで薬を飲めば下痢で苦しみ、飲まなければ3~5日出ない日が続き、苦しくなるのでまた薬を飲み・・・という状態を繰り返していましたが、これはこのハーブティが効いてる証拠・・・??

貧血に関しては血液検査をしていないのでなんともよくわかりませんが、とりあえず副作用もないし、このハーブティのおかげかな?と信じて飲み続けることにします。
ほかのアレルギーや冷え性に関しても色々なハーブティやアロマオイルなどがあるので、しかも乳児から使えるというので、『脱・薬!』を目指して試していこうと思っています。
e0060542_1193738.jpg
今回お取り寄せしたハーブティ。毎日4.5杯飲んでます。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-23 11:09 | 忍忍妊婦

9/14(32週6日目) 重い…

今日は健診でした。
ジュニアの体重は2066g。
私の中で一つの目標だった2kgをやっと超えました。
3kgの胎児に対して羊水と胎盤で1kg、子宮、脂肪、血液、水分で4kgがだいたいの目安らしいので、今は胎盤や羊水など合わせて5kgくらい重くなってるということです。どうりで最近立ってるのさえ辛くなってきたわけです。
顔つきもだいぶ、宇宙人から赤ちゃんらしくふっくらしてきました。

週数も明日で33週。普通分娩の域に入る37週まであと4週というところまで来ました。あと4週間頑張れば早産にはならないということです。
やっとここまで来ました…感慨深いです。


この日、共に励ましあった友達が出産しました。自分のことのように嬉しかったです。
昨日まで大きいお腹の中にいた子が、今日はお腹がぺったんこになって目の前にいるってどんな気持ちなんだろう。なんだか神秘的な気がします。
私も早くその気分を味わいたいです。


奈良の両親がお札とお守りを送ってくれました。
見ると帯解寺(おびとけでら)という1200年前からある日本最古の安産祈願寺で、重要文化財に指定されている由緒正しいお寺でした。
神社仏閣好きの私はちょっと身悶えてしまいました。

e0060542_11154389.jpg
左から今回頂いた帯解寺のお札とお守り。エスニックな柄が素敵です。
真ん中が東京・芝大門の増上寺のお守り。友達に頂きました。ちゃんと葵のご紋が入っております。
右が地元豊川のわくぐり神社のお守り。両親に戌の日祈願に行ってもらいました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-18 11:18 | 忍忍妊婦

9/11(32週4日目)そうだ、布おむつにしよう。

布おむつを作成中です。全部で35枚。チクチクチクチク縫ってます。
友達から少し譲ってもらえる予定なのでとりあえずこれだけあればいいかな。

ところで今時布おむつ!?
と思うかもしれません。私もある時までは布か紙かなんて選択肢もなく普通に紙おむつを使うもんだと思っていました。

私が布おむつにしようと思ったきっかけは、別にナチュラル志向だからとか子供の教育に良いと言われてるからとか、そういうんじゃありません。それは後から知って、「へぇ~それなら尚更いいじゃん」と思っただけです。
(紙おむつだと機能が良すぎて、子供が気持ち悪いと感じずおむつ離れが遅い、布おむつだと頻繁に代えなければいけないので大変な分、親子のコミュニケーションが取れる、サインに気づきやすくなるなどと言われている。)

きっかけはスーパーの紙おむつ売り場に行った時。
「なにこれ!?重いしでかい!!」と、かなりショッキングでした。
車がなく、坂道の多い街に住み、マンションはエレベーターのない5階。(正確には2階から地上なので4階分まで上がればよいのだけどそれでもね…)
相方の帰りは毎日遅いし、とても一人で子供連れて買いになんて行けない!と咄嗟に思いました。1つのパックがだいたい10日で終わってしまうらしいので、週一回買い物に出るとしても、他の買い物は出来なくなってしまう。
さらに経済的にもかなり厳しい。だいたい平均月6000円以上かかるらしい。布おむつなら今のところ初期費用一万円くらいの予定。これであわよくば二人目三人目もいきたいところだ。

と、言うわけで、夜や外出時は紙おむつを使うかもしれませんが、洗濯などの大変さよりも買いに出ることの大変さを懸念して布おむつを使ってみようと思っています。洗濯だったら夜中でも相方にやってもらうことができるからね~♪(ふっふっふ)

e0060542_15245356.jpg
おむつ用の反物を一定の長さに切って、輪っか状に縫っています。ミシンだと布が寄っちゃうので手縫いです。それもまた楽し♪
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-12 15:25 | 忍忍妊婦

9/6(31週5日目)初めての失神

今日は友達とランチへ行く予定をしていました。数日前から楽しみにしていて、私がランチの予約を取り、その後のお茶の店まで決めていました。

当日、車で迎えに来てくれた友達と近況を話しながらワイワイしていた矢先。
目の前がぐらぐらして真っ白になり、同時に溺死するならこんな感じかなっていう息苦しさに見舞われました。
走馬灯のようにはフラッシュバックしませんでしたが、とっさにまだ見ぬ赤子の顔と相方の顔が浮かび、そのまま意識を失いました。

意識を失っていたのは2~3分。友達の話によると、「気持ち悪い…」と言ってシートを倒し、目をつむったと思ったら白目を向いた感じになり呼び掛けに応じなくなったとか。
少しけいれん起こし、体がビクンッとなった後どんどん顔や唇が青くなっていたので、パニックになった友達が近くにあった消防署へ駆け付けようと「消防署入るよ!!」と再び声を掛けたら意識が戻りました。(その言葉は私も覚えてます)

結局そのままUターンしてランチは中止。しばらく横になっていたら体は落ち着きました。

しかし咄嗟に不安になったのが子供への影響。すぐさま翌日病院へ行きました。
まぁ半分予想通り、貧血が進んでいました。でもさすがに産婦人科では失神の原因まではわからず。
私自身がネットで調べた限りの考えられる要因とすれば、便秘が苦しかったので前日薬を飲んだのですが、翌朝(当日の午前中)酷い痛みの下痢をし、かなりお腹が張ったのでした。それがショック性のものとなり、更に暑さと貧血で複合的に失神に至ったのかと…。


しかし意識を無くしていた時の状況を聞いた私は、(言うとショックを受けるかと友達は躊躇っていたようだが病院に症状伝えるため聞きました。)まさかそんな状態だったとは…と、友達の心配通りショックが増しました。
更に、念のため電話した病院の助産師にすごく感じの悪い対応をされた為、怒りと悔しいのとで泣きじゃくり、それを深夜まで引きずってほとんど眠れませんでした。

妊娠してからというもの、こういうちょっとショックなことがあるとずーっと引きずるという現象がしょっちゅう起こります。
これもホルモンという得体のしれないものの仕業でしょうか?

たかが貧血、と思いがちですが、妊婦にとっては子供の発達障害、そして出産時に多くの血液を必要とされるので母体にも影響します。
されど貧血です。
鉄剤も飲んでいたのに、気をつけて食事しているつもりなのに、なかなか思うようにいきません。

というわけでまた散歩は中止。再び安静状態を保つよう言われてしまいました。
(そもそも、ものすごくだるいし疲れやすいし、頭痛もあるなど貧血の症状が如実に出てるので。)
でもまぁあと一ヶ月弱で臨月だから、なんとか乗り切ります!
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-08 21:35 | 忍忍妊婦

9/3(31週3日目) 命の育つ奇跡

友達から悲しい知らせがありました。
妊娠4ヶ月だった赤ちゃんがダメだったと…。
つい最近偶然会って、「つわりがすごく酷いんだけど、これも赤ちゃんの為だもんね。産まれたら同じ学年だからよろしくね」なんて言葉を交わしていた矢先でした。
友達は3人目の子供を身籠っていたのですが、上2人は順調に出産したそう。でも、今回はダメだった…。
子供が元気に育つことの有り難さをしみじみ実感したと言ってました。

私の周りでは本当にほとんどの子が、流産を経験していたり私のように切迫で動けなかったり、入院したりと、何かしら辛い経験を乗り越えています。
「私は絶対大丈夫」、なんてことはないと改めて痛感しました。
ただ、この経験をして乗り越えた子はみんな強いと感じます。私もそうなれればいいな、と思いました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-08 21:32 | 忍忍妊婦

9/2(31週2日目)アロマの効果

今日は病院でのアロマテラピー教室がありました。

この病院は母親教室や胎教教室のほか、アロマテラピー教室、ソフロロジー教室、音楽会、エステサービスなど、いろんなサービスを受けられます。
どうせタダなら受けなきゃ損損♪、というわけで行ってきました。
今回はアロマオイルで妊娠線予防オイルを作るというので材料費の500円を取られましたが、まぁ安いもんです。

教室はすでにアロマのいい匂い・・・。
ハーブティをいただき、アロマ資格を持つ助産師さんが先生となって講義を受けました。
妊娠初期にはこのオイル、妊娠中期にはこのオイル、逆に妊娠中は使ってはいけないオイルがあることなどを学び、それから更に細かくつわり、妊娠線、腰痛、むくみ、静脈瘤、こむらがえり、気分の落ち込みなどなどそれぞれ妊婦特有の症状に効くオイルを教えてもらいました。
この病院では妊娠線、腰痛、むくみ、静脈瘤についてのマッサージオイルは先生に言えば処方してもらえるそうで、それは是非買ってみたいなぁと思いました。

ちなみにこの先生、市販薬で治らなかった膀胱炎や痔がアロマのお風呂で治ったと、勇気あるカミングアウトをしてくれ好印象でした。
私はこの夏、蚊の出現にイラついていましたが、あまり一般の蚊取り線香やベープみたいなものは薬が強いから使わないほうがいいと聞き、レモングラスとユーカリのオイルで虫除けスプレーを作って大活躍しています。

あと、赤ちゃんが生まれたら是非「ベビーマッサージ」を行ってください、とのことでした。
私は桜沢エリカさんの漫画で読んだのですが、母乳の中にこれまで33年間食べてきた良いものも悪いものも全部出てしまうそうで・・・。
つまり、ジャンキーなものや栄養の足りない食事ばかりしてきた人は、それがそのまま母乳となって出てしまい赤ちゃんに湿疹が出たりするんだそう。
ひぇ~・・・!!恐ろしい・・・。
出産はデトックスと言っていた人がどっかにいたけどこういうことなのかぁ、と思いました。
でも赤ちゃんにそれが移ってしまうのはよろしくない。
そこで、赤ちゃんに回った毒素を排出する方法に「ベビーマッサージ」があるそうで。実際、マッサージしてもらった赤ちゃんはとっても気持ちが良いそうで、別に湿疹が出なくても主にスキンシップの役割が大きいので是非やってください、とのことでした。
この時に使うスイートアーモンドオイルも病院で扱っているようで、これも是非やってみようと思いました。
ちなみに、市販されているベビーオイルは植物性ではないので毛細血管に浸透せず、皮膚の上に膜を張って皮膚呼吸を妨げるのでデトックスにはならないそうですー。オイルは使うなら植物性、とのことでした。
いやー、『ベビー』って謳っていれば安心かと思いがちですがそうではないんですねー。

最後に妊娠線予防のマッサージオイルを作りました。
ベースのスイートアーモンドオイル30ccに真正ラベンダーオイル1滴(0.05cc)、ネロリオイル2滴(0.1cc)を混ぜて、それを3人で割ってそれぞれの瓶に詰めました。
通常のマッサージオイルはベースオイルに対してアロマオイル1~3%なんだそうですが、妊婦の場合はちょっと濃度を薄くして0.5~1%で作るのでこの割合になりました。

早速お風呂上りにお腹や胸、お尻などに塗り塗り。このオイル、皮膚細胞の成長を促す作用があるので普通にスキンケアに使っても良いということで、顔や首にも塗り塗り。
ん~いい匂いで癒されます。
最近11時前に就寝してしまうのは単に田舎で夜が早いというだけではなさそうです。
こういう自然療法の知識をもっと増やして生活に役立てられたらなと思いました。

e0060542_1272494.jpg

[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-05 12:07 | 忍忍妊婦

8/31(30週6日目)ホルモンの仕業とやらが

歯医者に行きました。
一部歯が沁みたり歯茎から血が出たりするので、ジュニアが出てからでは通うのは難しいと思いちょっと行ってみたのでした。

すると、軽い虫歯かなと思っていた私の歯は初期の歯周病でした。
妊娠するとホルモンが乱れて歯周病になりやすいんだそう。で、これをほっとくと口中の病原菌が血液を介して子宮や胎盤に運ばれて感染し、早産や低体重児出産を引き起こす原因となるらしいです。
そんなの知りませんでした。
妊娠してから、いや女性ならしてなくても、この「ホルモンバランスの乱れ」とやらに幾度となく翻弄されてきたなぁ…と思うのでした。

まだ出てきてもらっては困るので(子供が)、結局週一回くらいのペースで治療に行くこととなりました。


同じ日に病院へ健診に行きました。ジュニアは1650gと順調でした。
私自身は尿蛋白が出たのと、引き続き便秘とむくみと貧血に注意ということでした。
最近また腰も痛いし、疲れやすいし、胃がジュニアに圧迫されて(よく暴れるから…)消化不良で不快感が増してるし、頻尿だし…ぶつぶつ…。
まぁ、一心同体ってことですかね。
妊娠するって、お腹や胸だけでなく、本当にあれこれ変化するんだね・・・。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-02 21:31 | 忍忍妊婦

8/30(30週5日目)今の精神状態→相方への不満

最近は幸いなことに日記にもお伝えの通り、手芸部の活動に精を出したり、少し散歩や買い物が出来たりと楽しい報告が多くなってきました。
が、当然のことながら毎日24時間気分が上々なわけではありません。どっちかと言うと妊婦特有の体の不調を訴えたり、多々不安があったりして不安定な時の方が多いかもしれません。
そんな時、いつもだったら間違いなく相方にストレスをぶちまけてとりあえず話を聞いてもらうのですが、(実家では逆に親が忙しくてしてるので弱音なんて吐けません…)その相方とはもう4ヶ月離れて暮らしています。
離れて暮らしているので、1ヶ月に一回くらい会いに来てくれたり、2日に一回くらい電話で状況を伝えたりしたって、私のリアルな状況は完全には伝わりません。私のイライラは募ります。

先日、電話で話していてなんとなく違和感が。いくら電話やメールで報告していても、どっか他人事のように捉えられてる気がするのです。私からしたらもっと積極的に質問してくれたり、もっと我が子の誕生の喜びを表現してくれたりして欲しいのですが、なにせ会社で『ロボット』と言われてるくらいクールで冷静で落ち着いてる(風に見える)ので、私の希望通りにはいかないのです。

私はこんなに調べたり考えたりしているのに、奴は何も考えてない、
私は日々身体が変化して、その変化に身体と心がついていかず四苦八苦しているのに奴は休みの日に飲みに行くだ?遊びに行くだ?
返信がすぐ欲しい時に限って返信がない…、等々。

一緒に暮らしていれば、言葉にしなくても表情や状態を見て感じ取ってくれることもあるだろうし、父親になる自覚も出てくるだろうし、休日はきっと遊びになんか行かないだろうし…。(いや、別に全然遊びに行っていいんだけどね。ちょっとズルイ。私も行きたい。って思っちゃうのです。)

そう思ったら、やっぱりこの別居生活は間違いだったんだと後悔したり、私一人だけ取り残された孤独感に苛まれたり、これから子育てなんてやっていけるんだろうかと不安に襲われたり、相方はきっと独身生活を謳歌してんだわと羨んでみたり。相方への不満と不安は止まりません。
不毛だとわかっていても、私ばっかり!!なんでこんなに色んなことを抱えなきゃいけないの!!とぶーたれてみたりします。

わかってるんです、わかってるんですよ…。こればっかりは妊娠しないとわからないだろうし、それを100%相方に理解できるわけはないし、そんなこと考えたり相方を責めることがどれだけ意味のないことか…。それに、相方への不満の原因は相方にあるんじゃなく、私の中にあることも充分わかっています。相方が何も考えてないわけがないこともわかっています。

だから、もしかしたら離れて暮らしてなくてもこういうことは起きたかもしれない。でも、やっぱり私にとって夫婦は一緒にいて、楽しいも辛いも直に感じ取れる距離にいるべきだったなとヒシと思うわけであります。

とりあえず受話器の向こうにいる相方に向かって、私は泣きの訴えをしましたが、理解しようとしてくれたのか、ただ聞き流しただけなのか、よくわからないままただただひたすら静かに聞いておりました。
えぇ、クールガイですから。

e0060542_14351427.jpg
覆面レスラーと飼い犬ルイをモデルにしたワッペン。ルイはこれを見て「誰これ?!」って顔してました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-09-01 14:30 | 忍忍妊婦