カオリラックスのリラックスブログ

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

10/28 出産直後の身体に驚く

e0060542_952589.jpg

私が子供を産んだ!!
もう何年夢見てきたことだったろうか。でも、自分がホントにそんな大それたことをやれるんだろうかと、非現実的なことでもあった。
実際、それが現実になってもやっぱり夢見心地だった。
単純に体力的消耗もあって、分娩室から入院する部屋まで運ばれたこともなんとなくの記憶だ。フワフワとした状態で二時間ほど眠りに着き、目が覚めるとすでに両親が来ていた。
トイレに行くのに立ち上がろうとしたら、立ち上がるのさえ辛くあちこちがやたら痛かった。この感じはなんだ!?全身の脱力感に加え生理痛と痔のような痛み(多分なってる)と会陰縫合のチクチクと…
あとなんと言ってもお腹の妙な感じに驚いた。
トイレに座っても、どうやって力を入れたら良いのか全くわからない。空になった子宮自身もどうしたらいいのかわからないと言ってるような感じで頼りなくぷらぷらしている感じ。なんとも気持ちが悪い。

出産直後ってこんな風になっちゃうんだぁ…と、朦朧としながらも自分の身体にとにかく驚いた。当然自分では処理ができないので助産師さんに下の世話をしてもらうことになる。助産師さんって思っていたより本当に大変なお仕事だ。

しばらく腰が痛かったり全身に力が入らなかったり、出血や子宮収縮するため生理痛のような痛みが続いたりと、体が完全に回復するまで約1ヶ月ほどはかかるらしい。
しかし今日からもう赤ちゃんは24時間営業。早速授乳やらオムツ替えやらが始まり、夜もなかなか眠れない。
実際には病院に入院しているから、出産当日は基本的に助産師さんが見てくれるので助かるけど、自宅分娩していた昔の人は大変だったなぁ。


写真はこの病院の泊まってるお部屋です。料理も豪華でエステやシャンプーサービスもあって、まるでホテルです。
陣痛中からお風呂に入れなかったのでシャンプーサービスはかなり嬉しいサービスです。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-31 09:05 | 忍忍妊婦

10/27~28お産ってこんなに大変なの!?③

e0060542_18144714.jpg

分娩室へ移動することになった。
ん?移動ってまさか歩いて?
もちろん数歩歩けばすぐのところにあるのだが、もう起き上がるのさえ困難な状況にあるのに歩くだなんて。
「ちょっと我慢して頑張って。」そう言われておっかさん助産師さんに思い切りもたれかかって移動。もちろん「う゛ーっっ!あ゛ーっっ!ひーっっ!」と呻きながら。分娩台に乗ることも物凄い障害だった。

さぁ、やっとここまで来た。
しかし私のいとこはここから7時間かかったと言うのだから侮れない。私はどれくらいかかるのだろう。
もう全身の筋肉は感覚を失って自分の身体が自分ではないみたい。
あー!もう私はどうなってしまうのだろう。このまま私の知らない世界に飛んでいってしまうような、未体験ゾーンに来てしまったような、そんな気持ちだった。

陣痛が最高潮になってきた。(毎回そう思ってきたのだけど、残念ながら毎回更新されてきた)この病院ではいきんではダメなので、どんな痛みでもとにかく「息を静かにはいて~」と言われる。 腰の辺りにあるつかまり棒も持ってはダメ。手は胸に。でも、痛みにたまらず結局胸をギューとするのだが。
痛みの波が来る度、「もう頭見えてるでしょ!?」「もう出てくるでしょ!?」と思った。これで出てきてないのならどんだけ痛くなるんだと。でも現実には毎回痛みが想像を超え、頭が出てくるのはもう少し先だった。

私はソフロロジー式の模範生ではなかったので、結局いきんでしまって入り口が切れたらしい。
「赤ちゃんの頭もちょっと曲がってるから、もう切りますね。」
あーもうどうぞどうぞ。赤ちゃんが出るならどうにでもしてください。

頭が見えてきてから何分くらい格闘したのか。「頭が見えてきたよ」とは教えてくれなかったので、いま赤ちゃんがどの位置にいるのかわからないままとにかく「これが最後だ」という気持ちでいきんだ。(いきんじゃいけないんだけどさ。)

いよいよクライマックス。
最後に「はい、ウ○チする時のようにして~!」と言われたのは覚えている。本当に出ちゃいますよーっ!いいんですかぁぁぁー!、という気持ちでウッとしたら、ニョロツル~というこれまた今までに感じたことない感覚が抜けた。
視界には映らなかったが出たのがわかった。
「元気な男の子ですよ!」と言われた。
それから産声が聞こえるまで長く感じた。

オンギャアァァァァーッッ!

めちゃめちゃ甲高い、ネコのような産声だった。
「高い声だねぇ!」と笑われ、私も思わず笑ってしまったと同時に涙が一気に溢れ出た。赤ちゃんに負けないくらい嗚咽した。(この瞬間は今打ってても号泣できる。)
この産声を聞くために今まで頑張ってこれたようなものなので、それが今現実となって「私にもこの瞬間が来たんだ」と、ただただ感動した。

まだ完全に血の拭き取れてない、ホントに産まれたての状態で赤ちゃんを私の素肌で抱いた。(カンガルーケア)
さっきまで私の目に見えないお腹の中にいた子が、いま私の前にいて体をさわっている。夢見心地としかいいようがない。
月並みだけど、素直に「産まれてきてくれてありがとう。よく来てくれたね。頑張ったね。」と思えた。その言葉しかないような気持ちだった。

そうして分娩台の上で一時間以上カンガルーケアをし、最高に幸せな時間を過ごした。

余談だが、カンガルーケア中何度も息をハァハァしていたら先生に「そんなにハァハァ言ってたら赤ちゃんにそれが移るよ。なんか喋ってあげなさい。」と言われてしまい、会陰縫合されてる中「ありがとう~」「大好き」「愛してる~」と甘い言葉をたくさん投げかけたのでした。

というわけで10/28(水) 2:37、3300g 50cmの男の子が産まれました。
よろしくお願いします。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-30 18:14 | 忍忍妊婦

10/27~28お産ってこんなに大変なの!?②

「良い陣痛」
この言葉が強烈に頭の中にインプットされた。陣痛が来る度に「赤ちゃんが私に良い陣痛を与えてくれてる」と思えた。
しかし良い陣痛イコール強烈な痛みなのだ。なんと表したら良いのだろう。とにかく今までに味わったことがなく表現が難しいが、ただの下痢でさえ辛く苦しいのに、3kg、50cmの物体が狭い場所を旋回して動いているのだから、相当痛いのは想像に難くないでしょう。
このエネルギーをどこへどう分散したらいいのやら。「これは良い陣痛。赤ちゃんが頑張ってる痛み」と言い聞かせながら、都度都度ビッグウェーブに耐える。
それまで仰向けの姿勢で耐えていたのだが、陣痛が激しくなるにつれ腰に強烈な痛みが走る。するとどうしても腰に力が入って反る姿勢になってしまう。そうなると赤ちゃんが下に行きにくい形になって余計辛くなる。
だから、「どの姿勢が一番力が入らないで楽か探してみてください」と言われて姿勢を変えてみることにした。
四つん這い、ペタンコ座り、立て膝、壁にもたれる…etc.結局私はペタンコ座りにちょっとお尻を浮かせる姿勢が一番楽なのがわかった。
と言っても痛みレベルは正常値の遥か上。体重と痛みを支える足はプルプルと感覚がなくなってくる。呼吸を意識していても痛みの頂点が来ればどうしても余計な力が入ってしまう。声とは言えないような呻き声だって当然出る。
この時は部屋に一人で良かったなとつくづく思った。それと、テレビでよく見る大人数の子供を産んだ人から最近二人目を授かった友達まで、「みんなよくこんな痛みを経験してまた産みたいと思うなぁ…」とそれぞれの顔を思い浮かべた。
「私は3人欲しいと豪語していたけど、絶対ムリだぁーーーー(ワォーン!)」と遠吠えた。


その後何か出た気がした。破水?!
また慌ててナースコール。
後で知ったのだが、この日は陣痛&出産ラッシュでその上夜中は助産師さんの数が少ない。呼んでもすぐには来てくれないのだ。5分が30分くらいに感じる。

診てもらったらやはり破水していた。でも「一部破水なのでまだここで待って、とりあえず抗生剤を持ってきますね。(感染予防の為)でも子宮口5cmですよ。いい調子ですよ!」
なんだーまだ分娩には至らないのかぁ。これでもまだ半分の5cmなのかぁ。
感覚的にも体力的にももう産まれて良さそうなのに…。ガッカリ。

「そういえば旦那さんは?お母様は?一人?一人でよく頑張ってるねー。偉いねー」
あぁ~励ましてくれてありがとう。私頑張る。でもこんな獣姿、かえって一人で良かったっす。

その後もドンドン痛みは増すばかり。どこまで行ってしまうのだろうか。痛みってのは際限がないということを知った。

気付けば抗生剤がまだ来ない。感覚的には30分くらい経ってる気がする。
そうこうしている間に腹の奥で弾けたのがわかった。と同時にダダダーッと水が大量に流れた。
「破水!」
またナースコール。
結局全体的に破水していた。
「今度こそもう完全に破水だね。じゃあもうどうする?立ち会い希望だけどこのまま産んじゃっていいよね?旦那さんやお母様は付いてなくていいよね?」
もういいですー。こんな痛み、もう持ちませーん。

というわけで午前2時。とうとう分娩室へ行くことに。
~続く~
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-29 17:03 | 忍忍妊婦

10/27~28お産ってこんなに大変なの!?①

以前の日記にて、「前の陣痛は序章中の序章だったのか」と書きましたが本当にその通りで、振り返ってみれば今日の雄叫びを上げるような陣痛が本当の序章だったということを痛感しました。

10/27、19:30頃病院到着。すぐに待機室へ。(一般的に陣痛室と呼ばれるところ。ここはビジネスホテルみたいな作り)
まず赤ちゃんの心拍と陣痛の間隔や長さを調べる。家にいた時同様、約5分間隔で進む。
呼吸の仕方を音で表したものが流れているのでそれに合わせてフーッ。基本的に細く長く吐いて鼻でスゥーッと吸う、の繰り返し。
しかし、痛みが増す時に目をギュッとつむったり、布団を掴んで力を入れると優しく怒られます。身体のどこかに激しく力を入れると赤ちゃんが順調に降りてこられないんだそう。
あくまでリラックスリラックス…。


そんな呼吸のコツを掴んで来たところで両親帰宅。
ま、初産は10時間くらいかかるって言うし、また朝に様子見に来ればいいよね、とお互いに納得して退散。それが夜10時頃の話。

それから2時間くらい、とにかくひたすら陣痛の間隔を気にしながら時計とにらめっこ。…Moreへ

more
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-28 14:54 | 忍忍妊婦

10/27一気に来た

6時を過ぎて一気に5分間隔になった。
相当苦しい。

40分過ぎたところで病院に電話。
話し中にもまたビッグウェーブが来たので雄叫び上げたら「声は上げないでくださいね」と。
しまった。聞かれた。
頑張って呼吸法実践だ。


いままさに車で病院へ向かっているところ。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-27 19:09 | 忍忍妊婦

10/27(39週0日目)痛いーーーっ

朝から引き続き痛みのウェーブが続く。時折20分も間隔が開いたりしてあれ?と思うことも。
ともあれ、昨日のように親戚の家でお菓子食べてる余裕は全くなし。

午後。
お昼ご飯を食べ、少し横になっていたら突然、更にパワーアップした痛みが「どすこーい!!」とやってきた。
痛い痛い痛いーっっ!!!
もう呼吸法とか言ってられない痛みだ。
昨夜までは声は上げず、ひたすら「ハァーッ」「ヒーッ」と息を吐き、履いているパジャマのズボンやタオルをギューッと握って痛みに耐えた。
でも今は、「ア゙ーッ○▲#」「ウググッ※□★」「ギィィーーッ」という感じで嗚咽が漏れ、手に力を入れるだけでなく、眉間に思い切りシワ寄せて、顔全体が梅干しを食べたみたいにギューッとなる。血管が切れそう。
私の雄叫びに家族やルイがビックリしているがそんなの構ってられない。
声を上げた方がかえって呼吸を止めないでいいので楽なのだ。…Moreへ

more
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-27 17:01 | 忍忍妊婦

10/26(38週6日目)産まれない…!!


結局また大きいお腹のまま朝(10/27)を迎えています。以下、夜中の記録―――

日中は陣痛の間隔がかなりバラバラだった。10分15分の時もあるし、1時間全く来ない時もあった。雨も降ってて時間を持て余していたので、親戚の家へ行ってお菓子食べて喋って帰ってきた。
…というほど余裕だった。

しかし今夜も申し合わせたように夕方6時頃から陣痛開始。
だいたい10~15分間隔。
それが0時頃まで続く。

0時過ぎて、またいつの間にかウトウトしていたのだが、突然、今までとはぜんっぜん違う痛みで目が覚めた。しかもいきなり3分間隔。
これか!この痛みか~!これはさすがに痛い。
3分間隔だと波もなにもずーっと「痛い」が続く。
もう目もバッチリ覚めた。
いきなり3分間隔になって驚いたが、少ししたら間隔が8分くらいになってきた。
友達やいとこが、間隔が5分以内になったと思って病院に行ってもしばらくするとまた間隔が空いてしまい、そこから出産まで何時間もかかったと聞いていたので、少し様子を見ようと思う。

2時を過ぎた。
間隔は8分。まだまだだな。
しかし昨日とは本当に痛みが全く違う。相当痛い。もっと痛くなるのかな。
とにかく、習った呼吸法で乗りきろう。

4時を過ぎた。
間隔は依然8~9分をさまよっている。
トイレへ行くと出血(今度は鮮血プラス、茶色いおりものとゼラチン状のドロッとしたもの)もあった。
出産前のプロセスをきちんと味わっている感じで少し嬉しい。

痛みは腰全体の奥からぐわ~っと突き上げるような痛み。その痛みと同時にジュニアが頑張って動いているのも感じる。
つい歯を食いしばって何かにギュッとつかまりたい気分だけど、ジュニアにきちんと酸素が渡るよう、あえてリラックスを心掛けて深呼吸。ふぅ~っ。


そして6時。
朝を迎えた途端、また間隔が10分15分となってしまった…。またこのままおかずけなんだろうか。
家族には車を出してもらう関係上、「今夜来るかも」と言って晩酌を控えてもらい、寝るときも心構えてもらっているが、結局普通に朝を迎えて3日目。
相方にも「もうすぐかも」と言っているので日に何度も確認のメールが入る。
なんだかだんだん狼少年のような気持ちになって辛くなってきた…。


ここんとこずっと緊張した夜を過ごしているので、出産前なのにすでに疲労が…。出産してからはもっと大変なのにね。
まぁしょうがない。ジュニアの為、自分の為にもうひと?ふた?ふんばりしなきゃ。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-27 08:39 | 忍忍妊婦

10/25(38週5日目)陣痛記録

夜6時頃からほぼ10分間隔で陣痛始まる。

23時を過ぎ、それまで10分だったり13分だったり15分だったりしたのが、きっちり10分間隔になる。
お腹に時計が入ってるのかと思うくらい正確に時を刻んでいる。

1時を過ぎてからさらに7分6分間隔にもなる時が出てきた。
いよいよかしらと、病院へ行くことを想定して一応パジャマをワンピースに着替えてみた。

陣痛が始まってからすでに7時間経過。これからこのまま出産になるのかしら。それともまだ数日かかるのかしら。

しかし、今のところ我慢できないほどの痛みではない。日頃の生理痛のほうがよっぽどか痛いくらいだ。これからもっとひどくなるのかな。
もしかしたら、病院で習ったソフロロジー呼吸法を実践しているからかも!?(陣痛初期の呼吸法は「ローソクの炎がたなびく程度にゆっくりやさしく息を吐く」のだそうだ)
↑ここまで深夜の記録


結局……
またもや2時頃から疲れて眠ってしまったらしい。
ずっと陣痛が来た時間を記録していたが、2:23、3:26と痛みで起きた時に記録してあった以外は眠気が痛みより勝ったらしい。
次に痛みで起きた時には6:11。朝を迎えていた。

道のりは長いなぁ…
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-26 06:51 | 忍忍妊婦

10/25(38週6日目)おしるしかな?

~記録日記~
昨夜は結局夜12時過ぎまで15分間隔で陣痛。
その後はいつの間にか寝てしまいながらも、1時間毎に痛みで起きる、の繰り返しで朝を迎える。
今朝ドロッとしたゼラチン状の茶色いおりものが出る。
たぶん、「おしるし」だと思われる。ワクワク。
相変わらず鈍痛が続いていて動くのが辛いけど、今日もがんばって動きまくるぞー。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-25 07:29 | 忍忍妊婦

10/24(38週5日目)いよいよかな~?

今日は健診でした。
体重3360g。子宮口は少し開いてきていて、陣痛も来てるね、とのことでした。
最近、夜はお腹が痛く、昼はやたらだるくて眠い、というわけで一日中横になっていたい気分ではありますが、ジュニアが下りてきてくれるように階段昇降を頑張って続けています。


ジュニアの体重は38週だし普通だと思っているのですが、先生に「結構でかい方だね。」と言われました。お腹もかなりでかいそうです。
そのせいか、最近まで気がつかなかったのですがおへその周りにバッチリ妊娠線ができてしまいました。
自分の目からおへそが見えないくらい大きくなっているので、妊娠線予防のオイルもなくなったまんますっかりお手入れを怠っていたのでした。
友達には「塗っても塗らなくても同じらしいよ。」と慰められましたけど…。


ところで現在、約15分おきくらいで陣痛の波がやってきているっぽいです。
…っぽいというのは、まだ全然我慢できるくらいの痛みなので、これを陣痛と言っていいのか自信がありません。
今日の健診で陣痛の痛みを確認したので多分そうだと思いますが…。
[PR]
by kaorelax0307 | 2009-10-24 21:58 | 忍忍妊婦