カオリラックスのリラックスブログ

<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

村上和雄さんのお話


e0060542_13283756.jpg

朝起きたら部屋がこんな風になっていた場合、
あなたならどうしますか?
私は見て見ぬふりします。(やってらんない)


今回は村上和雄さんの講演について
書きたいと思います。

村上和雄さんに関しては
全くの無知でした。
しかし、
話の面白さにずんずん引き込まれ、
講演中何度も笑いの渦が巻き起こりました。
科学者=理屈、堅物
というイメージと正反対な人でした。

専門的な内容は
うまく説明できないので
友達がきちんとまとめている
ブログを読んでください→★(二度目)

興味を持ったのは
科学者の口から
「サムシング・グレート(偉大なる何者か)」
という言葉が出るのが面白いな、と思いました。

科学者としての知識を持ってしても、
「何者か」としか形容できない
目に見えないすばらしいはたらきが
人や生物にはある、
ということを言っています。

遺伝子やDNAなどの研究をし続けている人が
結局のところ
・自然の摂理から逸脱しない
・欲やぜいたくをむさぼらない
・人はおおいなる生命の一部として生かされている
   (村上さんの著書「生命の暗号②」より)
といった、
般若心経なんかに
書かれていそうなところに行き着くのですね。

ってことは、
昔から言われているこれらのことは
「単なる精神論」と一言では片付けられない、
目には見えないけれども
何かしらの大いなる力が
私達の遺伝子(=生命)を司っているのだな、
と思いました。

著書には
母親と父親から受け継ぐ遺伝子のことや
胎児の成長過程などについても
書かれていたので
「一年前、こんな風に息子は
成長して産まれてきたのかぁ、」と
実体験を通して読むことが出来て
なおさら面白かったです。

そんな訳で
几帳面で思慮深い遺伝子と
楽天的で後先あまり考えない遺伝子(どっちがどっち!?)
との間に生まれた我が息子。
広い公園で転ぶのも恐れず
だだだーーーっと走り回る反面、
葉っぱや土をじーーーっと見つめては
一点に集中している面もあり。

e0060542_13301082.jpg

だだだーーーーっ!(目黒・林試の森にて)

偉大なる遺伝子よ。
わかりやすい息子を生かしてくれて
ありがとう。

e0060542_13333051.jpg
えへっ☆
[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-25 13:27 | かーちゃんの趣味

東城百合子さんのお話


e0060542_16271993.jpg

最近、お天気がいいと
「洗濯日和だ!」と思うと同時に
「天日干し日和だ!」とも思います。

e0060542_16284127.jpg

多めに買った野菜などを
切って干しとくだけで
栄養やうまみがアーーップ!
この日は
りんご、ごぼう、にんじん、さつまいも。
太陽のめぐみよ、ありがとう。


----先日の講演についてつづき。

友達と東城百合子さん&村上和雄さんの
講演会に行ってきました。
内容については友達のブログ→
に上手にまとめられているので
そちらを読んでもらい(手抜き)
私は私が感じた感想を書こうと思います。


東城さんは85歳と思えぬ
しっかりとした厳しい口調で
母として、女性としての在り方、
食、命の大切さ、
「お天道さま」を忘れた日本人、
などについて語っておられました。

ま、食の大切さや自然食については
子供が生まれる前から
とっても興味があり、
いろんな著書を読んだり調べたりしてたので
特別目新しい情報はなかったようなものです。
が、
激動の85年を生き、
今もなおバリバリ現役の女性から
発せられる肉声は
私の心にズシンと響きました。

厳しい中にも深い愛情があり、
凛とした佇まいが印象的でした。
足が少し不自由ということでしたが
2時間の講演中ずっと立ちっぱ。
それでもまだまだ足りず
「持ち時間残り1分」のプラカードに
「うるさいなぁ」と
文句を言っていたのには笑ってしまいました。

しかし、
ちょっと違和感を覚えた話もありました。

父親は「種」である為しっかり仕事をし、
母親は子宮を備えている為しっかり子育てをする、
(子供の体を守るのは
すべて母親の責任である的な内容)
すなわち
男女同権ではあるが
男女の使命は違うのだ

。。。という理屈には、
わかるけれども、
でも、でも、
やっぱり父親にも子育てしてほしいし、
2人で働いてもいいし、
男女逆転の使命でもいいんじゃないかと
私は思っています。

江戸時代は、
妊娠・出産により女性のほうが
男性より早く亡くなるケース多かった為、
父親が育児を積極的に行っていたようだし、
乳母に代表されるように
育ての親がたくさんいて
地域で子供を面倒見てきた背景があります。

母親一人に子育ての全責任を負わせるような言い分は
(そういうつもりでお話してるのではないかもしれないけど)
ちょっとナンセンスではないかなぁと
個人的には思いました。

でも、85歳になっても
10年先まで予定がある、
とおっしゃっていた東城さん。
そんな風になりたいものだと思いました。

余談ですが
「東城」という苗字はペンネームらしいです。
なんだかわからないけど
「すごい!」と思いました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-24 16:42 | かーちゃんの趣味

明治神宮会館へ行ってきた。


e0060542_15422272.jpg

誕生日パーティの飾りを片づけ中、
自ら絡むの図。


11/21、友達と明治神宮会館にて
東城百合子さんと村上和雄さんの
講演を聴きに行って来ました。

東城百合子さんは、
自然療法や自然食を基本とした
料理や子育て、精神の在り方、
広くは生き方までを提唱し続けている、
大正14年生まれのゴッド母さんである。
自然食なんかに精通している人には
とっても有名なお方です。

一方、村上和雄さんは
DNA解明の世界的権威であり、筑波大学の名誉教授。
遺伝子についての著書多数で、
「サムシング・グレート」は
村上さんの代名詞ともなっています。

とは言っても。
私、あまりこの2人を理解していないまま
友達に誘われて
面白そうだという理由だけで
講演を聴きに行きました。
あと、明治神宮会館での講演なのに
無料だったのも一因でした。
あれだけのキャパが入る場所で
無料で講演って・・・。

結論から言うと、
マジ、行ってよかったー!
です。

帰りに明治神宮での参拝もし、
とっても充実した一日でした。
その間
息子と相方はどうしていたかというと、
保育園の園庭で遊び、
お昼を食べ、
午後は家でまったりと
2人っきりの蜜月な時間を過ごしたようです。

講演の内容は改めて。。。
[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-24 15:45 | かーちゃんの趣味

肝ッ玉かあさん


e0060542_1254218.jpg

最近、稀ではありますが
たまーに、
こうして寝てしまうことが多くなりました。
ん?何か?これがどうしたの?
とお思いになる方もいると思いますが、
乳児がおっぱいなしで寝ることって
まずなかなかないんです。

たいてい眠くなってくると
グズグズしたり泣き出したりするので
そしたら添い寝しながら
おっぱいちゅぱちゅぱ吸って、
それで安心して眠れるんです。

うちも例外ではなく、
毎夜毎夜、
寝かしつけるのに
30分くらいかかります。
添い寝しているので
そのまま9時とか10時ごろに
一緒に寝てしまうこともしばしばです。

ところが最近、上記のように
いつの間にか
こてーん、と寝ていることがあるのです。

その原因はたぶん、これです。
最近近くの保育園の
園庭開放に行っているのです。
園庭開放とは、
文字通り園庭を
そこの園児以外にも開放して
自由に遊んでいいですよ、
というものです。

e0060542_1341776.jpg
大きなおにいちゃんおねえちゃんたちを前に
キョロキョロキョロ。


歩き出すようになってから
家の中だけでは収まらなくなってきたので
毎日公園などへ連れて行くのですが、
この保育園へ行った初日、
もう嬉しかったみたいで
すっごく楽しそうに走り回っていました。

他の園児たちもいっぱいいるし
遊具も砂場もあるし
それはそれは楽しそうでした。
その時の笑顔が忘れられず、
その日からほぼ毎日通っています。

e0060542_1354068.jpg

というわけで、
ここで目一杯遊ぶので
夕方にはすっかり疲れて
自然と寝てしまう、ということなのです。


そして話は少し変わりますが
ここに通っているうち
顔なじみのママが出来ました。

ある時ふと、
「あの、保母さんとか、やってたんですか?」
と聞かれたのです。

「え、いやいや、やってないですよ。」
と言うと、
「なんだかおおらかで自由に遊ばせて、
すごく羨ましいです。。。」と。

そのママは3歳の男の子がいるママ。

「汚れるのが嫌だからとか、
他のママに引かれるのが怖いとか、
なんだかんだ気にして
自由に泥遊びとかさせられなかったんです。
で、結局「それはダメ、やっちゃダメ」
ってばかり言ってて、
危険じゃないかと
ずっと息子の側をついて回ってて。
でも本当は
肝ッ玉でおおらかな優しいおかあさんに
憧れるんです。
それがなかなか出来なくて。。。」

で、私は息子に対して
転ぼうが
土食べようが
他の子に叩かれようが
ちょっと距離を置いて見ていられる、
それが羨ましい、というのです。

確かに息子は
泥だらけでひどいです。
他のママ達に
若干引かれてるのも
知ってます。
だって周りの子はみんな
ブランドの服着て
とってもかっこよくて
そりゃ汚されたくないでしょう。

うちは鼻水垂らして
よだれ垂らして、
そこに土でぐちゃぐちゃするもんだから
顔中に砂や土がいっぱい付くんです。
服だって、
砂場にだぁーっと寝そべったり
ハイハイしたりするんで
野球小僧のようになってしまいます。

e0060542_13174094.jpg
おもちゃの食器を持って。
泥棒みたいな口元になってます。
楽しそうです。


でも、あんなに楽しそうに遊んでいるのに
ダメダメ、なんて言えないです。
よっぽど石を食べて飲み込まないようにとか
他の子に危害を加えるとか
そういうこと以外は
傍観するようにしているんです。
土だって、別に食べてしまっても
免疫力が付くだろうと思って
放っておいてます。
(先日「とくダネ!」でもやってましたね。)

でも、それを羨ましいと言われるのは
ちょっと驚いたし
少し嬉しい気持ちもしました。
これでいいんだな、と
少し勇気も湧きました。

母親という職業は
常に迷いや悩みの連続だけど
その子供が楽しい、面白い、
という好奇心を伸ばしてあげて
元気いっぱい丈夫な体を作ってあげることが
一番の務めなんじゃないかな
と思います。

子だくさんで
肝ッ玉かあさん(by京塚昌子)に
憧れているので
そんなかあちゃんになりたいです。
[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-10 13:41 | 我が息子

もみじ市


e0060542_12333636.jpg

満面の笑みです。
なぜこんなに
はちきれんばかりの笑顔なんでしょうか。


またまた古い日記ですが
10月下旬に
多摩川河川敷で行われた
もみじ市へ行ってきました。

もみじ市は「ほぼ日」でも
紹介されていたので
http://www.1101.com/momijiichi/
知ってる人が多いと思いますが
それにしてもすごい人でした!

割と有名な作家さんや歌手、
イラストレーターの人、
カフェのオーナーさんとか
あらゆるジャンルの人達が参加していて、
先日の多摩クラフトフェアとは
また雰囲気が違い
ちょっとコジャレた感じの催しでした。

e0060542_12355850.jpg



その日は義理の両親が来ていたので
ちょっと両親に息子を預け、
相方と会場をぐるり一周できました。
そして久しぶりに対面したら
上記のような笑顔に出くわした、というわけです。

会場では
とても好きな絵本作家の
tupera tuperaさんが来ており、
ファンだった絵本を売っていました。
するとスタッフの方が
「今、本人がいて時間空いてるんで
買ってもらえるなら
サインしますよ。」
と。
なぬー
それは絶対買います!!(←いい客だ)

というわけで2冊お買い上げ。
その2冊ともイラストとサインとメッセージを
書いてもらい
とっても嬉しい記念になりました。

『どんなおと?』という絵本に
サインしてもらうとき、
作家の中川さんにいきなり
「誰がオナラしてるのがいいですか?」
と言われ、
とっさに
「お、おじさんで!」
と答えたら
ちょっと面食らったような顔で
「ほんとにおじさんでいいんですか?」
と聞かれました。
「いいんです、おじさんで。」
と言ったら、
私好みのナイスなおじさんが
おならしているイラストを描いてくれました。

e0060542_12393538.jpg


[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-10 12:45 | 東京

ハロウィン


e0060542_1751726.jpg

なんだなんだ、この不気味な集団は・・・。

ちょっと情報が遅いですが
これはハロウィンで
仮装した子供達が
マンションの中庭に
集まっているところです。

うちのマンションでは
こうして季節ごとのイベントを
ちょくちょくやっているのですが、
この日はお菓子がもらえるとあってか
近隣のお友達も集まったらしく
総勢60名ほど。

私はマンション内のお友達のお家で
お化けさんたちが来るのを
一緒に待っていました。

e0060542_1785539.jpg

おー来た来た。いらっしゃい。
みんなかわいいお化けになって
やってきましたよ。


e0060542_17111774.jpg

誕生日が3日違いの
同じマンションの女の子。
とってもかわいい子です。
しかし体の大きさが
恐ろしいほど違います。
(体重差約5kg)


e0060542_17125029.jpg

わー!!本物のお化け!?
この方はいつも
いろんなイベントを企画してくれる
良きお兄さん。(職業は大道芸人)
バッチリ決めすぎて
至る所で赤ちゃんの泣き声が
響き渡っておりました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-08 17:15 | かーちゃんの趣味

築地でパーべキュー


e0060542_8315097.jpg

少し前の話になりますが
10月中旬に
相方の学生時代の友達が
バーベキューを企画してくれました。

場所が築地というだけあって
幹事の子が築地で材料を調達。
とってもおいしいホタテやサザエなどを
食することができました。

男女合わせて10人ほどおり、
息子はみな初対面。
どうなるかなーと思ってみておりましたら

e0060542_831963.jpg

男子にはやっぱり不安そう。
でも女子なら・・・

e0060542_8363488.jpg

すっかり溶け込んでおります。

抱っこしてくれた上記の男子は
子供大好きな子なので
息子の非情な態度に舌打ち。
何度も怖い顔をして息子に向かい、
恐怖におののいておりました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-03 08:36 | 東京

処女作


e0060542_884843.jpg

この器、どう思いますか?
先日多摩クラフトフェアに行った時に
初体験したろくろで作った器です。

もう何週間か前の話なので
すっかり存在を忘れていたのですが、
突然ピンポーンと届いて大興奮。
緊張しながら封を開けて
さらに大興奮。

思った以上によい塩梅でした。
裏底には私の名前も彫られており
愛着湧く一品となりました。


アートついでに。
先日相方と息子は
東京・外苑前にて行われていた
TOKYO DESIGNERS WEEK2010
というのに行ってきたようです。

行ってきたようです、というのは
私はその間、来週に控えた
アロマ検定の勉強に励んでおり
その会場には行かなかったのです。

最近では
相方と息子の外出もすっかり定番に。
先日は近所を2人で歩いているところを
別々に2人の友人に目撃される、
という事実が発覚しましたが
まぁそんなことは当人同士にはどうでもいいことです。



e0060542_8145647.jpg

アート作品の中に埋もれる。

e0060542_81586.jpg

ハンモックにだって乗っちゃうよ。

相方と相方の友人(♂)、そして息子という
男3人でのデザイナーズウィーク。
ちょっと想像したら面白い姿です。

ちなみに私も4時近くなって家を出、
表参道で合流しました。
私と再会した息子は
私を見るなり、
おしゃれなインテリアショップ内で
「おかーちゃーん!抱っこー!」(言葉は想像)と
泣き叫びました。
[PR]
by kaorelax0307 | 2010-11-03 08:21 | かーちゃんの趣味