カオリラックスのリラックスブログ

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最悪の食事風景


e0060542_7113673.jpg

いやぁー。寝顔は癒されますねぇ。

最近、暴徒化している我が息子。
先日息子との攻防戦を
アップしましたが、
自我が目覚めたか
「いやいや」が多くなり
『魔の2歳児』を前に
早くも毎日が戦争であります。


特に食事中。
今までは
こちらの差し出す物に
何の文句もなく
自動的に口を開けていたのに、
最近では指差して
はっきり「あれをくれ」、
違う物だと
ブンブンと首を横に振り
「それじゃない」と主張。

まだそれでも食べるならいいほうで、
そのうちすぐに
スプーンよこせ、
お椀よこせ、
となり、

e0060542_7134550.jpg
ぐっちゃんこ~
べっちゃんこ~

自分の食事なんて全く進まない。
(でも最近は
満腹中枢が壊れて食べすぎ傾向。)
でも怒りたい気持ちを
グググッと我慢。

こうやって遊びながら
食べ方を覚えたり、
食事の楽しさを知ったり
するんだそうです。
だから、じーっと耐えます。

毎回こんな感じなので、
テーブルも服も
もちろん周りの床も
ぐっちゃぐちゃのびっちゃびちゃ。

e0060542_7144374.jpg
なんでもおもちゃ。

こんなことが毎日三食ですよ。
割とアバウトに生きてる私でさえも、
かなりストレス溜まります。
しょうがないと思いつつも、
これを一人ですべて受け止めるには
まだまだ修行が足りません。

長い戦い(食事)が終わったら
掃除機かけたり
雑巾で拭いたり
服を着替えさせたり。

そして外へ連れ出したり
他の家事をしたりしていれば、
もう次の食事のことを
考える時間がやってきます。、
買い物行くのも含めれば、
一日をこの三度の戦争の為に
ほとんど費やしているようなもんです。


いつになったら
上手に食べられる日がくるかなぁ。
色々見本を見せてみたり、
手を添えて教えてみたりするんですがね。
なかなかうまくいきません。

…と思ったら!

e0060542_7155353.jpg
いきなり出来た!
お椀から汁を上手に飲んでます。

ぐっちゃぐちゃのびっちゃびちゃも
無駄ではなかったなぁ(涙)。


e0060542_716824.jpg
飲んだ後のどや顔。


e0060542_7162930.jpg
テーブル拭くのは上手です。
目の前で母ちゃんが
毎回嫌味のように拭いてるもんね。

毎日三回のこの戦争で、
へこたれそうになったり
イライラしたりもするけど、
こういう成長を見られると
また一緒に戦ってやろうじゃないの、
という気になります。
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-01-25 07:21 | 我が息子

ドロドロ修行中


e0060542_6453771.jpg

黒い手袋してるんじゃないですよ。
ヒゲが生えたんじゃないですよ。
一応、ファッションコンセプトは
「修行の身の悟空」のつもりですが、
態度がでかく見えますね。

この日もどろっどろになって
遊びました。
近くの公園で
子育てサークルの皆さんが
集まって遊んでいると聞き、
友達と参加してきました。

周りはみんな息子より一年以上先輩。
その中にズカズカと割り込み、
その子達と同じように
遊ぼうとします。

だから嫌がられて怒られたり、
逆に後退りして引かれたり…。


e0060542_6452234.jpg

これはまた別の時の写真。
いつもマンションの下で遊んでる
4歳のお兄ちゃんに
公園で会いました。
お兄ちゃんがボールを蹴れば
自分も蹴りたいのです。

e0060542_6455826.jpg

そして
人の持ってるものが欲しいのです。


e0060542_6475863.jpg

ペチペチ。「今日もたくさん働いたなー。」

この姿を見て
周りから笑われようと、
本人「それがなにか?」
って顔ですが。
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-01-25 06:54 | 我が息子

息子との攻防戦


e0060542_12172114.jpg

朝日を浴びながらまどろむ息子。

e0060542_12185465.jpg
ん?

e0060542_12191876.jpg
そしてまた寝る。


とある日の出来事です。

息子を真剣に叱りました。
マンションのゴミ置き場にある
空きビンボックスを漁るからです。
ビンのように
長く持ちやすいものが大好きなのと、
カチャカチャした音が楽しいようです。

でも音が響いてうるさいし、
何より割れてケガをしますから、
何度も「ダメ!」と
怖い顔をして言うのですが
効果なし。

このバカ息子めが。
お母さん知らないよ!
もう置いて行くよ!
と、息子から見えない
少し離れた所で様子を
窺うことにしました。

バカ息子は
私がいなくなってもお構い無し。
カチャカチャ音を鳴らしたり
ビンを取っては置いてを繰り返します。

いい加減にしろと、
強制的につまみ出そうと
息子に近寄ろうとしたその時、
パリンッ!と、
ワインのビンが割れてしまいました。
息子は面白いことが起きた!と満面の笑み。
そしてその破片を触ろうとしたのです。

私はこれまでにない般若の面で
「ダメッ!」と叱り飛ばし、
お尻をバチコーン!と叩きました。

さすがにこれにはビックリしたようで、
うぇぇぇ~ん!と泣き出しました。

その隙に破片を拾い、
とりあえず安全な状態になった上で、
もう一度
「ここはダメなんだよ」と
ゆっくり言いました。

でも一度火がついたら止まらない
泣き虫…
なんてもんじゃない、
泣き怪獣、な息子。

なんでダメなのー!!
とその場に座り込んで猛抗議。

ここからが
私と息子の攻防戦の
始まりでした。

e0060542_12252149.jpg
遠くで立ち尽くす息子。

e0060542_12272765.jpg
ただただ泣く。

もうビンのことはどこへやら。
ただただ泣きじゃくって、手足をバタバタ。
私が立たせようとしても、
反り返って自分の力で立とうとしません。
しまいには号泣しながら
抱っこ抱っこと甘えモード。

そして自分で立つ気がないので、
バタバタして反り返っている間に
バランスを崩して頭をゴチン。

泣きはさらに
烈火のごとくパワーアップ。
その後
なんとか立ちあがりはしましたが、
全く歩く気がありません。
マンション中に泣き声が響き渡ります。
そして夕方で陽もかげり、
寒くて早く家に入りたかった。
でもこれに屈してはいけないと思い、
私も頑張りました。

だって、たった10m。
いつもなら数秒でタタターッと走り去る距離です。
抱っこしてあげるのは簡単だけど、
それではこの子は
ますます泣けばいいと思ってしまう。
自分で歩かないでどうすんだっ。

お互い根比べになりました。
立ち尽くして泣きじゃくる息子。
数メートル離れた所で待つ私。
その横を学校帰りの小学生や
顔見知りのママ達やおばさま達が通ります。

ありがたい事に、
皆さん状況を察して
「ガンバレガンバレ!」
と声を掛けて下さったり、
号泣の息子に対して
「自分の気持ちをしっかり主張して良いじゃない!
近所迷惑とか考えなくていいのよ。
しっかり付き合ってあげな。」
なんて励まされたり。

いや、かなり近所迷惑だったと思います。
心の中でごめんなさいしながら、
でもじっと待ちました。

すると、励まされてるのがわかるのか、
人に見られて恥ずかしいと思ったのか、
顔をぐじゃぐじゃにしながらも歩き出しました。


結局30分ほどかかったでしょうか。
本当は階段も自分で登って欲しかったけど、
今日はよしとしました。
空は暗くなり
母ちゃんも息子も
すっかり冷えてしまいましたが、
泣きながら頑張った息子を
ヒシと抱き締めながら、
家に入りましたとさ。

ちなみに
家に入ってから気が付いた
ジーンズの血痕。
破片を拾った際に
指を切ったようです。
寒すぎて麻痺したのか
全く気付きませんでした。

e0060542_1220335.jpg
甘えたい盛りなのさ~♪
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-01-16 12:31 | 我が息子

もう、怖くない


e0060542_14354325.jpg

やってますやってます。
泥遊び。


e0060542_14365052.jpg
ぴちゃぴちゃ

e0060542_1437582.jpg
うーほほーい!

先日の恐ろしい泥まみれ体験で→
「もう、ちょっとくらいの泥汚れは
ちっとも気にならなくなったよね。」
と、ママ友談。

我ら母達は強くなった模様。

こうして母子ともに
色々と免疫をつけて
強くなっていくんだね。

しかし
外だけでは収まらず
家の中でもこの状態。

e0060542_1444366.jpg
私がトイレに行けば
トイレにまでついて来て、
トイレットペーパーを
ビリビリビリ。
その後、
私がトイレから出ても
熱心にちぎっていたので、
私は久しぶりにゆっくりと
歯磨き洗顔などをしていたら、
今度は床に置いていた
洗濯物(今から干すやつ)を
バッグから出しまくっていた、
という図です。


これは洗面所ですけど、
リビングでも同じことです。

片付ければ散らかし、
また片付ければ散らかし。
いくら時間があっても
足りません。
だからもう、
あまり片付けないことにしました。
やるだけ無駄。

もういいや、と思うと
イライラもしません。
私がイライラしてると
子供はすぐに察知して、
余計ぐずったり甘えてきます。
それに
いたずらをしているときの集中っぷり。
上の写真でもそうですが、
口を一文字に閉じて
ほんとアホらしいほど
集中してるんですよね。

息子の集中力、好奇心を
邪魔しないことにも一役買うと思い、
寛大に対応することにしたのです。

でも、
もう少し大きくなったら
かーちゃんの雷を
どっかーん!と落とすからなぁ!!
今のうちだけだぞ!!!
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-01-07 14:50 | 我が息子

お芋


e0060542_14283558.jpg

さつまいもをふかして干して、
干し芋を作ってみました。
息子もパクパク食べてくれました。


そのきっかけとなったのが
こちら。
近所を散歩していたら
こんなものが。

e0060542_14294238.jpg
この辺に野菜を育てている
お宅があるのですが、
きっとその方が
たくさん収穫できたために
こうしてご奉仕してくださったのでしょう。


e0060542_14305030.jpg
でっかいでしょう!

e0060542_14312432.jpg
大根は丸ごと一本!

ありがたく頂戴してきました。
それで、このお芋を
干し芋にした、ってわけです。

ありがたく美味しかった、
というお話でした。
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-01-07 14:34 | 我が息子

今頃2010年を振り返る


e0060542_16593817.jpg

実家からの帰り、
新幹線からの富士山です。
行きのほうがもっと綺麗でした。


あけましたね。2011年。

年末年始は
京都のお友達のお宅に
泊まったり、
大阪で義兄が働く
和食料理屋へ行ったり
互いの実家のある
奈良と愛知へ帰ったりと
怒涛の一週間でした。

その模様は
またいつか振り返るとして、
いまさらながら
2010年を振り返ってみます。

e0060542_16202786.jpg

↑ばぁばが買ってくれた悟空(ドラゴンボール)の衣装。
これが実によくお似合いで。


子供が産まれるに合わせて
品川から川崎に引越し、
ちょうど1月で一年です。

たった一年しか住んでないのに
お友達もたくさん出来たし、
街のこともだいぶわかったし、
すっかり居心地よく暮らしています。

今まで色々なところに
住んでみたけれど、
こんなにどっぷりと
地域に根付いていたり
友達ができるなんてことはなかった。
なぜだろう?と考えてみると、
それをつなげてくれているのは
やっぱり子供、
なのですねー。

宮前区は本当に
子供がたくさんいて、
子育てのボランティアや
サークル、イベントが充実しているので
そういうつながりから
友達ができたり
色々と出掛けたりして
町を知れたりしたんですね。

地元だったら
どこでも車で出掛けてしまうだろうし、
友達だって
あえて作ろうとせず
昔からの友達同士で
固まってしまっていたかもしれない。

こちらは
地方から来ている人が多いし、
移動は必ず
徒歩か公共交通機関を使うので
色々な人が声を掛けてくれます。
川崎だったら一応、
日本の中では
都会の中に入るのだろうけど、
人と人とのつながりを
息子のおかげで感じることができました。

ちなみに
何度かこのブログでも
紹介してきていますが、
私が住んでいるマンションも
とても温かい人が多いので
助かっています。

年末には
マンション内のおばさま達が
クリスマスパーティを
開いてくれました。
息子にとっては
おばあちゃん、ひいおばあちゃんくらいの
年代の人たちに混じり、
私達夫婦と1歳の息子が
参加したことにより
とっても喜んで頂けました。

e0060542_16231768.jpg
↑クリスマスだけど、
おばさま手作りのチラシ寿司が主役
ってところがゆるくて良い。

あとはずせないのが、
出産前から皇居ラン仲間として
(一時期は皇居マラソンを
お互いにがんばっていたのです。)
お友達であるN夫妻。
同じ町に住んでいるのを
知らずに私達は引っ越してきたのでした。

それからはしょっちゅう、
お宅で夕飯をご馳走になったり
車のない私達に車を走らせ
買い物に連れて行ってくれたり、
息子のおじ・おば役をしてくれたりと
本当にお世話になりっぱなし。
この場を借りて
日頃の感謝を申し上げます。

ちなみに奥様のほうは
メンズキッチンスタイリスト
として
料理教室を主宰したり
メディアに登場したりしているので、
多忙な毎日を過ごしているに
違いないです。

もし2人に子供ができたら、
僭越ながら
率先して2人の手助けを
してあげたいと目論んでおります。

そんな感じで(どんな感じだ?)
2010年は
息子を通して
色んな出会いのあった一年でした。

そしてここでは書ききれませんが、
私と接触のあった
たくさんの方々、
本当にどうもありがとう。


2011年は、
まだ何かは言えませんが
ドドッと生活の変化が
やってくる予定です。

それは大変でもあり、
楽しみなことでもあるので、
さらに色んな出会いや
発見があるといいなぁと、思っております。

今年もどうぞ
よろしくお願いいたします。
[PR]
by kaorelax0307 | 2011-01-05 16:41 | 川崎・横浜