人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

妊娠中や小さいお子さんをもつ方へ


e0060542_15353449.jpg
こちら、『NPO法人セイピースプロジェクト』が発行する
「放射能被ばくから子供を守るために」というパンフレット。

まずこれを読んでみていただきたい。

そしてこちら。

e0060542_15381480.jpg
厚生労働省が保育所なんかに配布したパンフレット。

2つを読んでみてもらってどうだろうか。

比べるものではないとは思うが、
厚労省のパンフレットはオウムのように
「国や自治体からの指示がない限りは安全です。」
とばかり書いてあって
何がどうでこうだから安全だ、という根拠データは一切なし。
国や自治体の指示があったって
その指示自体が信用できないのに、
こんなんで安心できるかっつーの。

なぜ国は「危険です」「注意してください」と言えないの?
そこには後々の補償問題を見据えているからと思ってしまうのは
疑いすぎでしょうか?
「安心です」と言われれば言われるほど
不安にさせられてしまう日本て・・・。

こんなものに税金が使われてしまって
納税者として情けない限りだ。

NPO法人の作ったパンフレットに関しては、
無知な私にもう少し詳しく書いて欲しい部分はありましたが、
(ここに書いてある6.39マイクロシーベルト/hが
どのレベルの値なのか、とか・・・。自分で調べましたけどね。)
外部被曝よりも内部被曝の恐ろしさに重視して書かれているし、
予防策も具体的に書かれているので
初心者には納得しやすい内容になっているのではないかと思います。


あがってくる情報に対して何が正しいのか、
個人個人がしっかり考えなければいけないなと
強く思っています。
そういう意味で言えばいい機会だったのかなと
皮肉にも思ってしまいます。

そしてこれらに関しては私の友達も強くツッコミを入れています。
同じ子を持つ親として、仲間がいる気持ちで心強いです。
はっしーさんのブログ
編集者という立場から、そしてパパという立場から。
自ら自治体へ問い合わせたり、
ガイガーカウンター入手の困難さも書かれていて、
とても興味深いです。
by kaorelax0307 | 2011-05-29 16:03 | 3.11から考える

紀伊国分寺で遊んだ


e0060542_2315522.jpg

近くに「紀伊国分寺跡地歴史公園」というところがあって行ってきました。
奈良にもこういうところがたくさんありますが、
歴史に触れられる土地にいるというのは
素敵なことだなぁと思います。

この日はお天気もよく
チラホラと家族連れや犬の散歩の方がいました。
そこにほぼ同い年の女の子がいたので
一緒に遊んでいました。
広くて気持ちよく、とっても楽しかったです。

e0060542_23175713.jpg
しかしうちの子、お腹の出っ張りがやばいです。

息子はどこに行っても「でかい」と言われます。
先日はいつもの「旬の里」にて、
おっちゃんら三人に
「一歳半やて!?嘘やろ?!」
「ごっついなぁ」
「紀州横綱になれるで」
「足もぶっといでぇ」
と口々にいじられました。

ところで
こちらではベビーカーすれ違い率が今んところゼロ!
(川崎だったら信じられないことだけど)
たぶん皆さん車移動されてると思うのですが、
その分、道を歩いているおばちゃんや
家の前でボーっとしているおじいちゃんらなんかには
たくさん声を掛けてもらえて
息子もとても嬉しそうです。

とうとう車を買ってしまいましたが、
なるべく息子と散歩しながら
四季の匂いや音や空気、人のふれあいを楽しみたいと思っています。
by kaorelax0307 | 2011-05-26 23:24 | 和歌山周辺

若竹煮とお義父さん


e0060542_2363461.jpg

お義父さんお義母さんが実家の吉野で
自生している筍と木の芽を持ってきてくれました。
きちんとぬか付きで、アクの取り方も教えてくれました。

ちなみにお義父さんは吉野の山奥の生まれなので
すごく野性的というか、
生きる上での色んなことを何でも知っていて尊敬します。
料理も洗濯など家事もできるし、
野菜などの育て方や日曜大工など何でも出来るし
いつもすごいなぁと思っています。

先週末は奈良の実家へ帰りました。
仕事だったお義父さんは、
スズメのヒナを持って帰ってきました。
仕事中運転していたら、
道路の真ん中にヒナが留まっていたそうです。
通り過ぎても飛び立たずにいたので
車を降りてヒナを拾ってきたということです。
親鳥にはぐれてしまったのでしょうか。

結局その後は引き取り手が見つかったのですが、
それまで一生懸命えさをやったり
虫を捕まえてきてあげてみたり、
献身的に世話をしていました。

前々からダンナくんやお義母さんに
「母性本能が強い父親」ということを聞いていましたが
(実際、私から見ていてもそう思う)
それを裏付けるような出来事でした。

ダンナくんは「どこまで母性本能出しとんねん」と笑っていました。
by kaorelax0307 | 2011-05-26 23:10 | 食べる

ポチッとな


e0060542_13125497.jpg

「今日の株価は・・・っと。」
真剣にマウスを操る息子。

パソコンで電車が見られることがわかって以来、
勝手に椅子に座ってパソコンを動かそうとします。

ちなみに電車のことを「カンカン」と言います。
踏み切り音と電車がセットになっているようです。
川崎では踏み切りが近くになかったので、新鮮な音のようです
by kaorelax0307 | 2011-05-24 13:16 | 我が息子

大好きだったパノラマカー


e0060542_17172036.jpg

電車好きの息子に電車の動画を見せて以来、
日に何度も動画を見せろと求めてきます。
そんな息子に便乗して、
若干「鉄子」な私も地元にいた頃
ずっとお世話になっていた
名鉄の動画を見るようになりました。

名鉄といえば赤い電車。
くるりが「赤い電車」を歌っていましたが
赤い電車といえば名鉄ですよ。
京急だけのものではありません。

その中でも一番大好きだったのがこのパノラマカー!
見てのとおり、運転席が二階にあり、
前の座席からはパノラマビューが約束されるという、
とっても素晴らしい電車です。

私が小さかった頃は
この電車に乗ることが憧れでした。
この車体もそうですし、
駅に入る時のミュージックホーンがまたなんども言えず
かっこいい!!
全部がこの車両ではないので、
この電車が来たときはワクワクドキドキ!
そして前の座席を確保するのに必死でした。

そんな私の思い出の車両が、
2009年にラストランを迎えていたなんて!
その動画を見つけ、年甲斐もなく私は号泣してしまいました。
48年間もこんな風に地元に愛されていたんだと
胸が熱くなりました。

下の動画は実家からの最寄り駅、
国府駅から本宿駅間のラストラン映像です。
まさにパノラマカーの最前列に乗った映像が味わえます。

名古屋や岡崎へ行く時にはいつも見ていたこの景色。
線路の両脇にカメラを構えた人たちがたくさん待っています。
車掌さんのアナウンスも熱がこもっており、
「パノラマカーを思う心があれば、
永遠にパノラマカーは心の中を走り続けることでしょう。」
「48年間お疲れ様。」
これらの言葉に私の涙腺が漏れっぱなし。

電車のアナウンスで感情が入ることって皆無だと思うので
とても貴重な動画だなぁと思います。

ま、地元の人でなかったらなんだこれ?
な映像でしょうが、もし興味ありましたらご覧ください。


本宿駅での最後のお見送り。
普段はほとんど人がいない駅に
ものすごい人が最後の見送りをしています。
こんなすごい人の数、この駅では絶対有り得ない。
まるで横浜線の菊名駅のようなごった返しようです。
私も地元にいたら、絶対見に行ってたと思います。


最後のミュージックホーンを鳴らして
駅を出発していく時の、
みんなの「ありがとーーー!!」の声が
また号泣です。


アナウンスの車掌さんも言ってたけど、
電車は単に人々を乗せるだけでなく、
人生をも乗せていた・・・。
本当にそう思います。

私、完全に鉄子だわ。
by kaorelax0307 | 2011-05-19 17:19 | かーちゃんの趣味

お兄ちゃんとドライブ


e0060542_0442389.jpg

義兄の押すベビーカーに乗ってのけぞる息子。

先日、義理の兄が遊びに来てくれました。
せっかく来てくれたので
ドライブで海南市の黒江というところへ行きました。
そこはこんなところで→古い町並みが並ぶところでした。
私の住む町は漆器が有名らしいのですが、
その技術がこの町にも流れて、当時はとても盛んだったようです。

他にも和歌山マリーナシティというところへ行ったりもしたのですが
つくづく私は
こういうテーマパークが嫌いだということがわかっただけで、
何の収穫もありませんでした。

あ、紀の国フルーツ村というフルーツ売り場がありまして、
そこで美味しいみかんを買いました。
ここで試食をしている団体さんがいて、
「こっちのほうがおいしいらー」と聞こえてきたので
はっっとして顔をあげると
「とよてつ(豊橋観光)」のツアーバッジをつけていました。
こんなところで地元の言葉が聞けるとは思いませんでした。

あと帰り道、「ねこ駅長」のいる貴志川駅へ寄りました。

e0060542_055437.jpg
私もニュースで見たことあるので
ここかぁ!と感激しました。
でもホントにホントにこの周りはなんにもないところで、
こんなところにあんなにたくさんマスコミが来たのかと思うと、
ちょっと想像がつきませんでした。
だって、駅までの道も細すぎて、
間違えたかと思って一度戻ってしまったくらいです。

e0060542_0572838.jpg
駅の前。タクシー乗り場と駐輪場があるだけ。


義兄は今料理人をしているので
色々ご飯を作ってもらいました。
その日の夜は寿司を握ってくれました。
黒江で買った醤油がめちゃめちゃおいしくて

e0060542_0535674.jpg
こんなに味が違うんだなぁと感動しました。

私からは、お兄ちゃんが来るということで
前日から仕込みをしていたワラビで
ワラビご飯を作りました。

e0060542_131672.jpg
もちろん、「旬の里」で購入。
塩糀に漬けた鶏むね肉とわらびで炊き込みました。
自分で言うのもなんですがとっても美味しかった。

義兄は女友達みたいな感覚で、
ダンナくんより会話のキャッチボールができるので
(・・・って怒られるわ)
たくさんお喋りしてとても楽しかったです。
気心知れた人と他愛ない話ができるって、
こんなに幸せなことなんだね。
また来てよね!(大阪から2時間かかったらしいけど・・・)
by kaorelax0307 | 2011-05-19 01:06 | 和歌山周辺

再会


e0060542_21244978.jpg

今日は近くの図書館へ行きました。
この写真は図書館へ行く時の道です。
こういう、古民家風な家が結構あります。
板が黒いのは焼くと長持ちするかららしく、
和風の家はほとんどこんな板塀になってます。

図書館は駅の並びにあり、
窓から超至近距離で電車が見れる為
息子は大興奮。
ベビーカーから降りたいと言うので
解放した途端、
走り回ったり受付のおばちゃんをナンパしたり。。。

幸い、この図書館は分室で小さいのと、
1階のフロアはほぼ児童書で
子連れしかいなかったので、
迷惑になるようなことはなかったのですが・・・。

走り回っている息子を捕まえようとした時、
「あれ?この前保育所に来てはりましたよね?」
と声を掛けられました。

顔を上げると、
先日保育所で撃沈した時→にいた親子がいました。
そのお母さんはお腹が大きかったので
私もよく覚えていました。
でも、その時の場の印象が私にとっては最悪だったので、
少しためらいがありましたが、
声を掛けてくださったのは少し嬉しいことでした。

「私、人の顔はよう覚わらへんのやけど、
この子の元気っぷりがめっちゃ印象に残っててん。
やで、今ひと目見てわかったわぁ。
あん時もめっちゃ動いてはったけど
今日もめちゃめちゃ元気やなぁ。」
と。。。

保育所ではなんとなくみんな
冷たい視線で息子を見ていたような気がしたので、
始めはもしかしたら嫌味で言われてるのかな?
と勘ぐったりもしたのですが、

「このお腹の子が男の子やねん。
上の子女の子やろー。
だから男の子ってどんな感じかわからへんのやけど、
この前はお腹の子も大きなったら
こんな感じやろかーって思って見てたんよー。
ずっと機嫌よく走り回ってたしなぁ。ええなぁ。」
と言ってくれたので、
あ、あたたかく見ててくれたんだ、と思って
嬉しくなりました。

あの時は一言も話をしなかったけど、
こうして一対一になったら
意外と話しやすくてびっくりしました。
その場に知り合いがいたら、
わざわざ知らない人に
声を掛けるようなことはしないのかもしれませんね。

最悪だったあの場の印象が少し和らいで、
この町人への恐怖心も少し消えました。

それにしても。
そんなに印象に残るほど動き回ってた息子って、
どんだけ!?
by kaorelax0307 | 2011-05-15 21:21 | 和歌山周辺

旬!


e0060542_1401468.jpg

ヨーグルトパックしてます。

---------------
以前紹介した産直野菜販売の「旬の里」。
ほぼ毎日通ってます。

今日は葉付き人参がありました。

e0060542_1415316.jpg
これを、じゃこと炒めてふりかけにしました。

e0060542_142312.jpg
春菊みたいなクセが後引くうまさです。

あと、「木の芽みそ」なんてものがありました。

e0060542_143536.jpg
「木の芽」って何の芽?
と思っていたら、「山椒の芽らしいで」と
旦那くんが教えてくれました。

これを、これまたここで買った筍を天ぷらにして
木の芽みそにつけて食べました。
春だぁ~。
by kaorelax0307 | 2011-05-14 01:47 | 食べる

友達できるかな…?

e0060542_13373842.jpg

今日は近くの保育園で
「製作遊び」があると言うので、
息子の友達できるかな?
欲張ってかーちゃんも友達できるかな?
…と淡い期待を持って行ってみました。

保育園は明るく広くていい感じ。
保育士さんも明るく元気でいい感じ。

私は一番乗りだったんで、
テンション高めの息子と
みんなの集まるのを待っていました。

ほどなくしてお母さんと子供達が入ってきました。

とびっきりの笑顔で(?)挨拶したんですが、
あんまり反応が…

そのお母さんには連れの友達がいて、
そのお母さんを待っていたのでした。

なぁんだそっかぁ…

結果的には6人の親子が来たんですが、
みーんな友達同士とか顔見知りで
私の入る余地はどこにもありませんでした。

息子は久しぶりの広い場所で、
同じくらいの子達に会って
興奮して「あーあーあー!」と
雄叫び上げながら走り回っていたのですが、
割りと皆さんシラーッとした対応。

一人のお母さんは、
息子をまるで空気のように見ていて、
(つまり無表情)
私の入る余地はますますなかったのでした。

製作遊びでは
写真のアンパンマンを作ったのですが、
予想通り息子はじっとしてるわけがなく、
出されたスティックのりやマジックを
しきりに他のカゴに移してみたり
机に立ててみたり。

それだけならまだしも、
他の子のところへ行って邪魔してみたり、
部屋を飛び出して廊下を走り回ったり…

「いつものことじゃないか」と自分に言い聞かせるものの、
周りのお母さん達の決してウェルカムでない、
アウェイな空気に飲まれて
嫌な汗かきました。

おまけに出来上がったアンパンマンに
息子は怯え(両腕が動く仕掛け)
何しに行ったんだかよくわからない結果となりました。

川崎ではすぐに友達ができたので
そのギャップがまたズシンと重くのしかかりました。
これが田舎の現実かもねぇ…

まぁ広い場所で走り回れたからいいか。

たった一回でめげないぞ!
。。。と、強がって見るものの
川崎時代の友達からのメールに
人恋しくなって涙がポロリ。
by kaorelax0307 | 2011-05-12 13:37 | 我が息子

紀州名産


e0060542_13543186.jpg

昨日の夢のような時間から一夜明け、
すっかり現実に戻されました。
朝8時過ぎから「外!外!」と
外コール。
この土日の暑さですっかり日焼けしてしまい、
帽子を準備していざ出発したけど
去年の帽子が入らない!
ちょこんと被って全然意味なし。
とほほ。


地方に来たら楽しみの一つに
そこの土地の名物・名産を食べること。

イチゴはもうあれから
毎日食べていますが、
紀州と言えばそう、梅干。

e0060542_13563556.jpg
これも直売所「旬の里」で購入。
でっかい梅干が10粒くらい入って
180円は安いと思います。
味もよし。
息子はこれを酸っぱい顔しながらも
全部食べ、種の髄(?)まで吸ってます。
君はもう立派な紀州人だよ。

あと名物はこのわらび餅。

e0060542_13564567.jpg
原料はわらび粉と砂糖のみでした。
すっごく美味しかったです!
スーパーで100円くらいで売ってるやつは
澱粉とかタピオカ粉とか余計なものが入ってるから、
あんなのわらび餅って言っちゃダメ!
ちなみにこのわらび餅は300円でした。
3倍出して買う価値ありでした。
by kaorelax0307 | 2011-05-09 13:57 | 食べる