人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

<   2011年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

息子の誕生日


e0060542_6850100.jpg

パーティ準備のため、朝早く起きたら
部屋がこんな風になっていました。
確か昨年もそうだったような。。。→

昨日2011年10月28は
息子の2歳の誕生日でした。

本日はダンナくんの両親が
お祝いに駆けつけてくれるので
朝から準備やら掃除やら、、です。
今から頑張ります!
by kaorelax0307 | 2011-10-29 06:12 | 我が息子

カメラ小僧に


e0060542_038972.jpg

ダリアのフローティングフラワーです。
どうですか?結構上手に撮れてるでしょ?

奈良の実家の近くでフラワーフェスタをやっていました。
奈良県はダリアの球根生産量が日本一なのだそうです。

私は目下猛烈勉強中の一眼レフを首に引っさげ、
早速ダリアに向けてカシャカシャやってきましたよ。


e0060542_0453964.jpg

神秘の輝き

e0060542_0455685.jpg

白満

e0060542_046108.jpg

フェアウェイパイロット

e0060542_0462179.jpg

・・・忘れた

e0060542_0463570.jpg

パールライト

色んな名前がついてます。

これらの写真はヘタなりに出来の良かった作品。
その他大勢のボツ写真が
後ろに何枚も控えていることを忘れてはなりません。

写真はなかなか奥が深いですねー。
ピントやシャッター速度はもちろん、
WBやらISOやらよくわからんものも色々調整すると、
やっぱりオートとは全然違ったものが撮れます。
それが多少なりともわかってくると、
もっともっと、と欲が出てきて、写真が楽しくなってきます。

携帯やデジカメで気軽に楽しく撮影しているおばちゃんたちを尻目に、
本気度全開で花に近づいたり座り込んだりと
かなり怪しいカメラ小僧と化していた私。
花は息子と違っておとなしく鎮座していてくれるもんで、つい、ね。

アキバなどにいる小僧達の気持ちが少しだけわかった気がします。
by kaorelax0307 | 2011-10-21 01:02 | かーちゃんの趣味

和歌山雑記


e0060542_1601011.jpg

市の支援センター主催で運動会がありました。
はしゃぎすぎて、ゼッケンはすぐにボロボロになりました。


e0060542_1612751.jpg
話は変わってみかんの季節ですね。
さすが和歌山。
みかんがずらーり。
生産者別、品種別に約5mに渡って並べられていました。
だいたい、一袋180円~250円くらいですかね。

この辺りはほんとに産直スーパーが多くて、
今回はいつもと違うスーパーを新規開拓しました。
巷では野菜が高い高いと言われておりますが、
おかげさまで全くそんなことは感じません。
種類も豊富です。
こんなものもありました。

e0060542_1655631.jpg
山椒の皮です。
和歌山って、ほんと、なんでもあります。
たぶん、乳製品以外はなんでも作ってるんじゃないかしら。

以前、100均で山椒を買ったらすっごく不味くて、
料理が台無しになりました。
その反省から、本物を買ってみました。
袋にたっぷり入って150円。
たぶん、一生分、いや、次の代まで?使えるくらいあります。
これはまだちょっと実と枝が入っているので
丁寧に取り除かなければいけない手間がありますが、
轢きたてを味わえると思えばなんのその。
楽しみです。



e0060542_1694326.jpg
ヤギにがっつく息子。

またまた話は変わりますが、
先日、宅配の受け取りの際、「”こうや”さんですか?」
と聞かれました。
「高野(たかの)です。」と答えました。
いくら高野山のお膝元だからって、そんな風に読むか!?
と思っていたのですが、
先日、保育園の園庭開放に行ったとき、
受付で保育士さんに「”こうの”さんですか?」
と聞かれました。

高(たか)をどうしても(こう)と読みたい土地柄か?
by kaorelax0307 | 2011-10-18 16:13 | 食べる

筋トレ


e0060542_23163045.jpg

彼はいったい、どこへ向かっているのだろう。
by kaorelax0307 | 2011-10-16 23:16 | 我が息子

アレンさんの工房


e0060542_15545712.jpg

ここはなんの建物でしょう?

e0060542_15555335.jpg
あれ?保育園かな?

e0060542_1556378.jpg
でもなんだか様子がおかしいです。

e0060542_15564331.jpg
お遊戯室が機械だらけ!
そう、ここは廃園となった保育園を家具工房として使っている
イギリス人のアレンさんの工房なのです。

e0060542_15581671.jpg
森のパン屋さんのご主人に紹介されて
パン屋さんへ行った帰りに突然おじゃましちゃいました。


e0060542_15591130.jpg
突然にもかかわらず
快く迎え入れてくれました。

はじめは英語と日本語を交えて会話をしていましたが
ダンナくんがそこそこ英語が使えるので
途中からほとんど英会話になってしまい、
私はすっかり蚊帳の外・・・。

「前の仕事ではそこそこ英語を使っていたのに
家具職人になったら英語なんて全く使わないね。
大学出た意味ないじゃーん。」
と、つい最近、冗談混じりの嫌味をダンナくんに言っていたのですが、
使う場面は突然に。

私は園内(と言って良いのか?)を興味深く見させてもらいました。

e0060542_163348.jpg
着いた時は音楽をガンガン鳴らしていて
まるでクラブのような空間で作業中だったアレンさん。

e0060542_1642424.jpg
どこぞかしこにイギリス人ぽい雰囲気が。
気のせいかな??

e0060542_1661845.jpg
ずーっとおしゃべり中。
かんなは扱いが難しい、イギリスではこの機械を使ってる、
みたいなことを話していた、ような。。。

e0060542_1691775.jpg
西日が工房をとても美しく照らしていた。



e0060542_1672556.jpg
小さいショールームも。

e0060542_1675281.jpg
「どれどれ?作りはどうかな?」
息子も確認中。

e0060542_1685525.jpg



e0060542_1695944.jpg
元保育園なので遊び場には事欠かず。

e0060542_16103327.jpg
この日は不在でしたが
3歳の息子さんがいるようで、
遊具がたくさん置いてありました。
おもちゃは全部オレ様の物だい!

e0060542_16115269.jpg
息子さん用の工具なんですって。
すべてがミニでかわいい!
でもすべて本物。
早くから本物に触れられるなんて贅沢!


e0060542_16124784.jpg
あ、ちなみにここで住居も兼ねてるらしいですよ。
お風呂とかキッチンは後からつけたんでしょうね。
工房にショールームに広い庭がついてる住まい。
うらやましい!


e0060542_16144821.jpg
一通り家具談義が終わって
お茶を入れてくれました。
日本人みたい。

器、ステキですね、と言ったら
どっかの古民家から100個くらい出てきたらしい。
「日本人はすぐに物を捨てちゃうね。
イギリスでは器も家も、代々次の世代に引き渡して
長く使うのがスタンダードだよ。」
と言っていた。そうだよなぁ、、、。

ダンナくんはとてもいい刺激になったよう。
私もとっても興味深いものを見せていただきました。

インド人のギリさんに
イギリス人のアレンさん。
紀美野町の山奥でとってもインターナショナルな一日でした。
by kaorelax0307 | 2011-10-12 16:20 | 和歌山周辺

パン屋さんで偶然の再会


e0060542_574598.jpg

栗の鬼皮を剥いたところ。
ゴッホの絵みたいになってる!と
興奮気味にダンナくんに言っても
あまり理解してもらえませんでした。


先日食べた森のパン屋さんのパスタが忘れられなくて
また食べに行きました。
すると、遠くになにやら彫りの深い男の子が。
もしや・・・?

そう、ロハンでした。
インド人のギリさん一家にまた会えたのでした。
ロハンは先回撮った写真をパソコンの壁紙にしていたようで
うちの息子の名前をずっと呼んでくれていたようです。
しっかり名前を覚えていてくれてとても嬉しかったです。

お互いにあれ以来ぶりに来たということで、
こんな偶然ってある!?と驚きました。
縁を感じました。

パスタは、、、
やっぱり、美味しかった。本物です。
先回来た時にも来てたおば様がいて、
話を聞いたら毎週パスタを食べに和歌山市内から来ているそう。
その気持ち、よくわかります。
私たちはボンビー生活なので
月に1回来れたら幸せだなと思っています。

結局今回も食事が終わってもなんとなくその場にいて、
息子は走り回り
ダンナくんはご主人と家具談義。
私は奥様と常連おば様とで世間話。
居心地がいいのでついついゆっくりしたくなってしまいます。

その後はご主人が紹介してくれた家具工房へ行きました。
その模様はまた次のブログにて。。。
by kaorelax0307 | 2011-10-09 05:14 | 和歌山周辺

棚田の案山子ロード


e0060542_453925.jpg

石舞台で有名な、奈良は明日香村の棚田を見に行きました。
(棚田の写真、大きく表示できます。カメラ技術に難アリ、ですが)

e0060542_4565998.jpg
ちょうど「案山子ロード」という、案山子の屋上展覧会をやっていました。


e0060542_457437.jpg
かなり凝った作りのものから

e0060542_4575818.jpg
中国のテーマパークか?と思わせるようなものまで。

e0060542_4585327.jpg
こーんなでっかい大仏様から
(息子は誰から言われるまでもなく手を合わせていた)

e0060542_459453.jpg
震災や台風を偲ぶものまで。
いろーんな案山子が展示されていました。

高いところから見下ろす、見上げる棚田は
感動するほど美しくて

e0060542_51769.jpg


e0060542_512394.jpg
案山子がなかったら泣いていたかもしれません。

e0060542_513530.jpg
彼岸花が咲き乱れていました。

日本の良き原風景がいつまでも残っていることを願います。
by kaorelax0307 | 2011-10-09 04:53 | 奈良

たま電車に乗る


e0060542_141539.jpg

ダンナくんが結婚式出席のため東京へ行っている間、
私の母が遊びに来てくれました。

どこへ連れていこうかな。
パン屋さんもいいな、買い物はめっけもん広場だな、
などとあれこれ考えていたのですが、
息子も一緒に楽しめる場所。。。と、考えた結果、
和歌山電鉄 貴志川線の、あの有名なたま電車に乗ろう!
と、思いつきました。

子連れで電車に乗るのはかなりハードルが高いし、
車を買ってからというもの、
すっかり電車に乗らなくなってしまいました。
しかしたま電車なら、
多少騒いでも許されるだろうという、
いやらしい魂胆がありました。

冒頭の駅は和歌山~貴志駅間の中間地点にある「伊太祁曽(いだきそ)」です。

e0060542_1412170.jpg

ものすごいノスタルジックな雰囲気を醸している駅です。


e0060542_14123016.jpg
おっ。キターーー!

e0060542_14132145.jpg
正面が顔のようにひげがついてます。
こうして見ると、結構細かいディティールまでたま色が溢れています。


e0060542_14145145.jpg
車内はもっと細かいです。
まず本棚があります。動物に関する本ばかりです。
連結上部の暖簾もかわいい。

e0060542_14202315.jpg
あのうるさい中吊り広告もないです。
つり革は木製ですし、よく見るとカーブを描いています。

e0060542_14272378.jpg
細かいところまで猫がたくさん。

e0060542_14275216.jpg
こだわって作られたんだなぁということがわかります。

e0060542_14282176.jpg
椅子もいろんなデザインのものがありました。
とにかく猫づくし、の電車です。
息子はいたるところにある猫を見るため
ずーっとキョロキョロしていて、
騒いだり走り回ったりする暇などありませんでした。
全部の電車をこうして楽しくしてくれたらいいのに。。。


e0060542_14292044.jpg
そして、日本で一番有名な(?)猫駅長「たま」がいる
貴志川駅に到着。
駅舎が猫の形です。本物の萱葺きらしいです。

和歌山に引っ越してきてすぐに義兄と車で来ましたが
やはり電車に乗って降りると気持ちが違いますね。
駅に着いたぞー!って感じ。

e0060542_14385724.jpg
肝心の駅長は、後ろ矢印のところで勤務中。
しかしこの時はお昼寝してました。


e0060542_14395491.jpg
駅のベンチでお昼を食べ、
帰りの電車に乗り込むぞ。
さぁ、次はどんな電車かな?

e0060542_14403949.jpg
貴志川線を走る「たま」「いちご」「おもちゃ」の
3つの電車が祭ってありました。
こちらは猫神神社を建立した島津家に
代々伝わるケヤキで鹿児島の船大工職人が製作したらしいです。


e0060542_1441584.jpg
キターーーーー!!

e0060542_14421972.jpg
帰りはおもちゃ電車でした。
私の地元の名鉄電車も赤い電車だったので
やけにグッとくるボディです。

e0060542_14535877.jpg
色んなおもちゃが飾られていたり

e0060542_1455237.jpg
ガチャガチャがあったり

e0060542_14554779.jpg
通称「OMOデン」と言います。

e0060542_1456224.jpg
やっぱりつり革もかわいい。

e0060542_14572578.jpg
中吊り。

e0060542_14585581.jpg
向かいのホームにイチゴ電車が来てました。

ここでこの和歌山電鉄 貴志川線についての小ネタを。
こののどかな単線のローカル線も
高度経済成長後の急激な車社会発展のため乗客が激減し、
毎年5億円もの赤字を抱えた問題路線の一つでした。
余りの赤字に頭を抱えた鉄道会社が
2004年9月4日に廃線届けを国交省に提出すると決定してしまったのです。
廃線となると電車で学校に通っている、
中、高校生や和歌山市内の病院に通院している高齢者の方々は大問題です。

そこで困った沿線住民の皆さんが立ち上がり、
NHKの「難問解決・ご近所の底力」に実情を訴えて
「生活の足・鉄道を守れ」というテーマで取り上げられることになったのです。
そして「ご近所の底力」の番組内で
貴志川線の運営権を引き受けてくれる企業を
広く全国に呼びかけることとなりました。

また、一方では伊太祁曽神社が
「乗って残そう貴志川線」の事務局となり、
住民全員力を合わせて署名運動や沿線の清掃活動をスタートしたのです。
その後、沿線住民の地道な運動が功を奏し、
何社かの企業が名乗りを上げてくれました。
その中から、住民に愛されている路面電車を運営している
岡山電気軌道会社が営業を引き受けてくださることが決まりました。

また和歌市の行政サイドも市長さんを先頭として支援の輪が広がり、
10年間という期限付きで運営費補助を確約してくれました。
さらに、地域企業や住民からも1千万円を超える寄付金が集まりました。
(車内に寄付者一人ひとりの名前がプレートに張られています。)

ちなみに、これらの電車と猫駅舎をデザインしたのは
「ソニック」「さくら」「人吉SL」などをデザインした水戸岡鋭治さんです。

そんなわけで廃線の危機を見事脱出した貴志川線。
この日もこの電車目当ての乗客が何人かいました。
ローカルでほのぼのとした雰囲気の過去には
地域住民の熱い思いがあったのかと思うと、
プチ鉄子の私もますます興奮してしまいました。
by kaorelax0307 | 2011-10-06 14:59 | 和歌山周辺