人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

<   2012年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

センパイが入院!


e0060542_15391130.jpg

とーちゃんと手をつないでるのかな。。。?
と、思いきや、

e0060542_15394359.jpg

とーちゃんの学校友達、タカトでした。
ここはなぜか松阪市の病院です。

息子が口を開けば「タカトは?」「センパイは?」と
会話の中にしょっちゅう登場するこの二人。
しかし『センパイ』のほうが7月に転勤になってしまってからは
なかなか会えずにいたのでした。

ところがある日突然、
「リョウくんが事故で入院したって!」との連絡が。
(『センパイ』の名前はリョウくんと言います)
なんと三重県の山中にある滝を見に行っていて、
足を滑らせ20m下まで落下。
腰椎を折って全治1ヶ月の重傷。。。!

タカトが電話で話したところでは
意識ははっきりしているということでひとまず安心しましたが、
全身打撲で全く動けない状態らしい。
で、三重県の松阪市で怪我したので松阪の病院に搬送されたようだ。

その週末、
ちょうどタカトと吉野で七輪パーティをしようと約束していたので
その予定を少し変更して松阪へお見舞いに行くことにしました。


e0060542_1546159.jpg

センパイは表情もよく、思ったよりも元気でホッとしました。
ただ、190cm近くあるセンパイの身長には
病院のベッドはちょっと窮屈そうでした。。。
(ベッドから足がはみ出している)

しかも落下したときにメガネを落としてしまい、
体も全く動かせないのでコンタクトもはめれず、
テレビも本も見れなくて困っていました。
そこで、コンタクトの度数を頼りに近くのメガネ屋さんでメガネを作ってきてあげました。
動けない上にテレビも本も見られないんじゃ、そりゃ辛いよね。。。

当時の状況を聞いたところ一歩間違えば命も危ういような状況でした。
足を滑らせ体が3回転し、止まったところで岩が頭に直撃。
その衝撃で頭が流血したそうだ。
山を登って2時間ほどのところで落下したので、
同乗の友達が慌てて救急を呼ぼうにも携帯がつながらない。
急いで友達が下山し、(このとき友達は相当パニックだったらしい。)
電波が入るところまで車を走らせ、状況を説明したら救急ヘリが出動することに。

その間センパイは自力で動けるところまで動いたのだが、
それがかえって上空から見つけられず、
朝の9:30ごろ落下してから、
ヘリで運ばれたのが夕方だったらしいのだ。

登山客に何人かすれ違って声を掛けてもらったみたいなのだが、
「他の人も日が暮れてしまうからと、何人か先に行ってしまって寂しかった」
と、センパイが笑いながら言っていました。

よかったのはまず、友達が一緒だったこと。
(彼はよく一人でバイクに乗って日本中の滝を見に行っている)
あと、でっかいリュックを背負っていたので
それが緩衝材となったこと。
落下したのが午前中だったこと。
夕方だったら日が暮れて捜索できなかったかもしれない。

しかし友達のほうもパニック状態で下山、
搬送先の病院まで付き添い、(山から病院までがとっても遠い)
一時の休憩もなしで、ひとり車で自宅のある神戸まで帰ったらしく、
「2回ほど死に掛けた」と言う話も大げさではないのでしょう。
2次被害が起きなくてよかったです。

結果的に命に別状なかったので笑い話となっていたが、
想像してみたら本当に助かってよかった。。。とほっとしています。

私の父も最近山登りに目覚めて結構高い山に登っているし、
友達にもロッククライミングするとか山ガールとかいるので、
皆さん本当に本当に気をつけてくださいね。


e0060542_1642449.jpg

二人は暢気にどっちが強いか対決。


e0060542_1644988.jpg

少しは元気になってくれたかな?


e0060542_1652859.jpg

この日は吉野に泊まりました。
すっかり日も暮れてからの七輪パーティとなりました。
この状況をセンパイに写メしたタカト。
センパイから「それごと送ってくれ~!!」と返事が来たそうだ。
昨年はセンパイも一緒にマンションで七輪したのにね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
by kaorelax0307 | 2012-09-24 16:17 | 吉野

秋が近づいているので秋刀魚を焼きました。


e0060542_14313382.jpg

だいぶ体感温度は涼しく感じられるようになり、
こちらのスーパーでは新米も出始め、
秋の訪れを感じている今日この頃です。

秋といえば秋刀魚!秋刀魚と言えば七輪!
というわけで、
吉野におじいちゃん達が残してくれた七輪があるはずだ
ということで行って来ました。

冒頭の写真、おいしそうでしょう。
実は私、今まで七輪で食べたことがなかったんです。
こんなに美味しいんだぁ!!とびっくりしました。

タカトとセンパイ(ダンナの学校の友達)が昨年、
どうしても秋刀魚を七輪で食べたくて買ったはいいけど、
住まいがマンションなものでものすごい近所迷惑だった、
と言っていました。
そんな現在の住宅事情ですから、七輪すら見たことが無い人も多いでしょうね。
私もご多分に漏れずその一人なのですが、
いやー、本当においしかった。

他にも。。。

e0060542_1442321.jpg

しいたけ、アスパラ、いか、ナス、ししゃも。。。
ホントにホントに美味しかった。
同じ材料でもフライパンや魚焼きグリルで焼くのとは全然違うんですね。
こんなに美味しいとは想像以上でした。


e0060542_14493474.jpg

ちょっとしたBBQ気分。

e0060542_14502036.jpg

秋の夜長、日本酒をちびちびやりながら外でのんびり。

さて、夏休みに作ったウッドデッキ。
すっかり息子の部屋と化していますが。。。

e0060542_14531940.jpg

夏休みに見つけた昔のウルトラマン達を並べて

e0060542_1454866.jpg

飾り棚に(?)。
そういう使い方があったかー。


e0060542_14544792.jpg

台所や物置を整理していたらいろんなお宝(私にとっては)が出てきました。

値打ちのある骨董とかはなさそうだけど、
さっきの七輪とか、ご飯を入れるお櫃とか、ところてんを出す機械(木製)とか、
昔お店だったときの古いショーケースみたいのとか、
そんなのが色々出てきました。

写真はずっと欲しかったホーローのバッド、しかも入れ子で!(またこの色もいい)、
漬物を入れる蓋付きの器(この青が好き)、
ちょっと大き目のすり鉢(小さいのしか持ってなかった)
akadamaワインのミニワイングラス。

来年から住むんだから置いておこうかなとも思ったのですが、
今すぐ使って私んちの子になってほしかったので連れてきました。

私はとにかく古くてしっかりしていて、
なおかつ機能美を備えたものが大好きです。
おしゃれなものとかデザインされたものとかも好きだけど、
この家に住むことになったらそういうものは似合わないだろうし、
ゆがみとか割れとか経年変化によって良くなっていくものが好きなので、
なるべくおじいちゃんおばあちゃん達が残してくれた家具や物で
心地よい暮らしができるようにしていきたいです。

帰りに大好きな梨を買いに行きました。
吉野は主に柿が有名ですが、最近は梨の生産もがんばっています。
生産者さんたちが各々出しているお店が並ぶ、
ちょっとした梨ロードを通りました。

e0060542_159851.jpg

実家へのお土産にと、ちょっとええ梨を買いました。
それでもこの梨が6つ入って1000円。
(バッグもなんかかわいい)
これを2つ買ったのですが、そしたらなんと、
おまけにふぞろいの梨を10個くれたのです!
12個の値段で22個も買えちゃったよー。

e0060542_15132229.jpg

「えぇから自宅用に食べて」
梨農家のおばちゃんが、戸惑う私に「えぇからえぇから。はよ持ってって」
と気前よく渡してくれました。
なんだかすっごく嬉しかったです。


秋が来てますね。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
by kaorelax0307 | 2012-09-18 15:15 | 吉野

吉野の別荘で夏休み④


e0060542_14233173.jpg

隣の観音さんの紅葉が紅葉してました。(漢字にするとややこしや)
ここには写っていませんが、
この観音さんには県指定の天然記念物「御葉付イチョウ」の木があります。
学術的にも非常に珍しいらしいイチョウの木らしいです。
とても立派で大きな木ですが、
秋になったらとてもきれいなのでその模様はまた秋にでも。

その観音さんで観音さん供養のお祭り(?)がありました。
昨年もこの時期だったので、毎年お盆周辺で行われているのでしょう。

e0060542_14473232.jpg

普段は扉が閉められているお堂。
中の観音さんなど何体かは平安時代の貴重な像らしく、
防犯上そうしているのだそうだ。
しかも大峯山修験道の流れを汲んだものらしい。
こんな小さななんでもないようなお寺にさらっと平安時代のものが置いてあるとは、
さすが奈良、さすが吉野であります。。。(歴史好きにてよだれが垂れそう)

そんなわけでこの日はお寺も開放し、
お寺の住職さんがお経を読んで、
最後にお供えのお菓子などをみんなに分けてもらえます。
息子はこのために来たようなもので、わんさかもらって大満足。

後日、掃除にきていた住職さんを見つけて息子が
「中見たい~!!」と懇願。
快く開けてくださり、仏像の前に座ったかと思えば
カンカーン!と勢いよく鈴(りん)を鳴らし、
「なんーほーれーよーのーわーぎゃーすー○△□#&%・・・」と、
机に置いてあるお経をめくりながら
めちゃくちゃなお経を読み始めました。
お菓子しか見てなかったのかと思いきや、ちゃんと大人のやること見てるんだなぁ。。。
住職さんもびっくりしていました。


この辺りでは夕方5時になると東の山のほうから
「ボーンボーン」ととてもいい鐘の音が鳴ります。

e0060542_15122795.jpg


どこから聞こえているのかとても不思議だったので住職さんに尋ねてみると、
目の前に見える山の中にお寺があって、ここから歩いていけるということがわかりました。

視界には全く見えないのに5時になるときちんと鐘が鳴る。。。
いったいどんな人が鳴らしているのか、
いや、今どきそんなことしないか。
タイマーで録音された鐘の音がなっているのかもな。
たぶん後者のほうだろうと思いつつ、気になったので夕方登ってみることにしました。


e0060542_15161317.jpg

こんな人が歩いただけのような道を行き、

e0060542_15164364.jpg

あっというまに奥地に来たかのような雰囲気に。

e0060542_1517165.jpg

熊野か十津川に来たかのような錯覚に陥る。
途中、5時になったようで鐘の音も聞こえてきました。

そして下を眺めてみると

e0060542_15175186.jpg

あらいい景色~。集落が一望できます。

e0060542_15191858.jpg

我が家と、観音さんの大イチョウも見えます。

ずんずん進んでいくと、

e0060542_15203289.jpg

ありましたありました。安楽寺。
住職さんが「安楽寺だけど道中は安楽じゃない」と言っていたのを思い出しました。
確かにこれはきつい・・・。
それはともかく、肝心の鐘はどこに?
実際にどうやって鳴らしてるの?と検証しようとしたら、

e0060542_15221669.jpg

立派な鐘がありました!
そして直後、観音さんで会った住職さんにバッタリ!
「あら~早速来てくれはったん?ゆうきくんもこの道歩いてきたん?」と驚き顔。
私も住職さんに遭遇したのでびっくりしながら
「さっきの5時の鐘って、もしかして住職さんが。。。?」とたずねてみると、
「そうやでー。私が打ってるんやでー」と。
ははぁ~恐れ入りました。やっぱり住職さん自らが打ってらしたんですね。

日によっては打てない日もあるらしいのだけど、
出来る日はこうして毎日5時に鐘を鳴らしているらしいのだ。
この5時の鐘の音がとてもありがたく聞こえました。

さて、この日はダンナの誕生日でもありました。
前日の夜、わざとらしくダンナが
「明日でとうとう俺も30歳かぁー」とつぶやきました。
ドキッ!!ドキドキドキッッッ!!
日にちを忘れていたわけではないけど、
明日だということがすっかり抜け落ちていた!
たぶん、ダンナも私がすっかり忘れていることに気が付いていたのだろう。
私がびっくりした顔をしても、やっぱりね、って感じでした。

これはいかん!と、朝から山を下りて買出しに。
と言ってもシャレたプレゼントを買えるわけもなく
豪勢な食事と言ってもワインやチーズが売ってる店なんてどこにもない。
とりあえず何かありそうな産直スーパーへ行き、
めぼしいものを買って、あとは色々工夫しようと思いました。
その結果が、これ。

e0060542_15354714.jpg

エビとハム入り散らし寿司、(なんとなく豪華に見えると思って)
大和ポークのしょうが焼き、(ちょっとお高いポークです)
なすとがんもどきの煮びたし、(がんもどきは豆腐やさんの、なすは畑の)
トマトとモッツアレラのシソペーストがけ。(トマトとしそは畑の、チーズはえぇやつ)

なんだ、普通のメニューじゃん、とお思いでしょう。
が、最後に本物のビール3本!!!(ここで一番奮発)

ふぅ~っ。なんとかこれで勘弁してください。
やれるだけやりました。
ダンナも本物のビール(しかもエビスとか銀河高原ビールとかです)に喜んでいたので
まぁ大丈夫でしょう。
30歳おめでとう。


さ、ウッドデッキはというと、、、

e0060542_15443078.jpg

できましたー!!見事なもんです。


e0060542_1545389.jpg

布団も干せます!(裸んぼで失礼!)
真ん中の棒のところに物干し竿を渡せば洗濯も干せます!


e0060542_15454845.jpg

気持ちよかったのかバッタさんも遊びに来てくれました。

皆さんも来年から是非たくさん遊びに来てください。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
by kaorelax0307 | 2012-09-03 15:52 | 吉野

吉野の別荘で夏休み③


e0060542_243154.jpg

夜は花火をたくさんしました。
でも花火より星がとってもきれいで幸せな気分になりました。
家のある場所は、山間で谷になってるようなところなので
空は広くないんですけど、
木々の影が視界の中でフレームのようになって、
その中に星がたくさん光っている感じ。

ダンナは流れ星見つけた!と喜んでいました。
私も心の中でこっそり流れ星を探していたのに
先にそう言われて悔しい思いでした。


e0060542_2103793.jpg

ダンナの友達がやって来ました。
関西の実家に帰省していたらしく、突然やってきました。
息子の面倒は彼にまかせっきりで、
特別なおもてなしもせず、それどころか色々な仕事までしてもらいました。

この時は一緒に紙類を燃やすのを手伝ってもらいました。
ここは燃えるごみの日が週一日しかないのです。
(東京に居た時は週三日だったのでかなりショックでした)
だから必然的にゴミの量を減らす買い物なり、生ゴミの処理を工夫するなりしないと
あっという間にゴミと共に一週間、なんてことになってしまいます。

まだ定住していないのでゴミ問題についてはじっくり考えていきますが、
ゴミ収集日が少ないということは、
ゴミを減らしたいと本気で思える、かなり大きなきっかけになる気がします。


e0060542_225481.jpg

翌日は丹生川(にゅうがわ)へバーベキューしに行きました。
地元の人しか絶対来ない、穴場の場所。

e0060542_228213.jpg

水がすっごくきれいで冷たくて気持ちよかった。
私達以外誰もいないし。

e0060542_230438.jpg

一部流れが速いところがあったりするので
息子の扱いには慎重に慎重を重ねて。

e0060542_2312862.jpg

とーちゃんかーちゃんに叱られておじいちゃんに慰めてもらうの図。
心強い味方がいてよかったね。

e0060542_57539.jpg

水中眼鏡なんて使えないのに格好だけはいっちょまえだ。

川で遊んで、バーベキューでお腹いっぱいになって、
家に帰ったら夕立が降って、畳の上でゴロンとして、
なんだか模範解答のような夏休みだ。


ウッドデッキは・・・
e0060542_2353195.jpg


心強い助っ人のお義父さんがいたので一気に進めた模様。
時折じゃまする息子も友達に遊んでもらえたしね。

ところでお義父さんて、ホントに何でもできるし何でも知っている。
ダンナがお義父さんを尊敬している(とは口では言わないけど)のがすごくよくわかる。
料理から裁縫、家庭菜園、日曜大工、電気の配線、
草木や虫の名前、自然現象、火の扱い、
危険か危険じゃないか、大丈夫か大丈夫じゃないか、
本当に何でもできるし知っている。
生きていくうえでの必要な知識と智恵はすべて備えてます、という感じ。
要領よく生きる術とかお金の稼ぎ方とかそういうことじゃなくて。

「勉強できない高校に行った」(本人談)と言っていたので
机上の知識じゃなくて、
ほとんどの経験と、その経験から得た勘で形成されたのだろうと思う。
アウトドアが得意とかそういうのとも違うし。
この田舎で育ったことが大いに関係しているのだろうな。
もちろんそれ以外にもいろんな要素がそうさせたんだろうけど。

実を言うと、私の息子もお義父さんのように育ってほしいと密かに思っている。
いや、そこまで言うとちょっと褒めすぎなので、
酔っ払うと声がでかくなって野次が多くなるのは似てほしくないけど、
でも、息子が成人するまでは絶対に生きていてほしいと思う。
そんなおじいちゃんだ。


e0060542_2375955.jpg

連日近所の人が足を停め車を停め、状況を見に来てくださる。
このおっちゃんは大工さんなのでアドバイスをくれたり、
「大工より上手に作ったらあかんでー」と牽制したり。
あとよく言われたのが、「おじいちゃんも器用な人やったからなぁ」と。

私達は「高野のにぃにぃ、ねぇねぇ(ダンナの祖父祖母)の孫夫婦」ということで
皆さんのなかに存在しているということ。
「おばあちゃんにはすごくお世話になったでなぁ」
「ここのおばちゃんにはよく面倒見てもろたわ」
と、この2週間で何人の方々に言われたことか。

これから関わるのは私達の世代であっても、
この土地の人にとってはその前の世代から続いている私達なのだ。

おばあちゃんおじいちゃんが、もし、評判の悪い人だったら、
もしかしたらここに住むことを拒否されていたかもしれない。
礎を築いてくれていたからこそ、その家族として歓迎されているのだろう。
私達はご先祖様のおかげでこの土地や人々との縁を頂いたことに
心から感謝しなくてはいけないし、
これからは私達次第で良くも悪くもなってしまうことに緊張感も覚える。


e0060542_3195895.jpg

親戚の子達と。
この子らにもなんだかいろいろな事を学ばせてもらったな。
内容はディープなので言えないけど、
いろんな生き方、子育ての仕方、家庭のあり方があって、
どこにも正解はない、ってことだねー。

私はわりと頑固な上に、世の中の情報や定説に影響されがちなので
この自然豊かな土地に来ることで
少しでも今までの垢が落としていけたらいいなぁーと思っている。

今回の日記は私心が多かったなぁ。。。
基本、事実や出来事を書くようにしているつもりでいるんだけど。
ま、自分自身への備忘録ってことも含めてということで、ごめんなさい。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
by kaorelax0307 | 2012-09-01 03:27 | 吉野