人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

サンタさんからの手紙


e0060542_10342062.jpg

前々回「クリスマスっぽいことしてみた」という日記を書きました。
我が家はそれで終わる予定だったんです。

クリスマスパーティなんて大勢いなきゃつまらないのに、
ホームパーティで楽しめる友達はみんな東京近郊にいる。
その上、鶏肉とか揚げもんとかガッツリしたものを食べる&作る気力もないし、
今ちょっとお酒も控えてるもんで、ますますつまらない。

来年から息子はカトリックの幼稚園へ通うので
きちんとした意味でのクリスマスらしきことを覚えてくるとは思うのですが、
今現在、神社仏閣好きの母親からしたら、
上記の楽しみがなけりゃ特にやることもなにもない。

まぁ今年は別にいっかーと、思っていたのですが、
テレビをつけりゃクリスマス一色。
子供向けの教育テレビも、やれサンタだやれケーキだと大騒ぎ。
息子も「クリスマスケーキ食べたーい!!かぁちゃん作ってーー!!」と大騒ぎするので
じゃあ、ホットケーキで一緒に作ろうか、ということになりました。

でも急遽作ることになったので本当になにもありません。
かろうじて生クリームとリンゴはあったので、
ホットケーキを作り、リンゴをはちみつで煮て間に挟み、
無理やりデコレーションケーキ風にしました。

というわけで冒頭の写真のつづき。

e0060542_10541469.jpg

生クリームで自由にデコレーションさせました。


e0060542_10542875.jpg

見るに耐えない。


e0060542_10545721.jpg

最後のほうはクリームが空気と一緒にボフッと出てきたりして
ますます見るに耐えない状態。


e0060542_10555646.jpg

でも息子は大大大満足ー。
妙に自信をつけ、やりきった表情しています。
(いつも鼻水垂らしててごめんなさい)

我が家のクリスマスは本当にこれで終わりだ、と思ったら

e0060542_105745.jpg

ダンナさんの実家に行ったとき、
またまた急遽、お義母さんがスポンジと生クリームを買ってきてくれて
「また塗り塗りするの!」と息子は大張り切り。

e0060542_10584380.jpg

ぬりぬり。

e0060542_1059236.jpg

ねりねり。

二度目のデコレーションはなんだかちょっとコツを得たような感じで。
いや、相変わらずぐっちゃんこですけどね。

e0060542_1121279.jpg

ペロリ。


これで本当に我が家のクリスマスは終わった、と思った25日の朝。
息子が起きてきていつも通りリビングの椅子に座ったら。。。

e0060542_1171161.jpg

息子はよくわけがわからず
「なんでこんなところに入っとるねん!」
「どんだけあるねん!」
と最近連発中の関西弁でツッコミを入れつつニヤケ顔。

私も全く気づかなかったのでびっくり。
でもすぐに誰の仕業か察して心の中で大笑い。
いつも履いてるボロ靴下に入ってるのも笑うし。


e0060542_114278.jpg

そしてサンタさんから手紙が!!
妙に上手なこのサンタの絵。
昨日私達が寝ている間にコソコソ準備してたんだと思うと、
驚き顔の息子を尻目にクックックと一人笑いが止まりません。

「サンタク朗から手紙がきたねぇ。これがサンタク朗?」と、
間違って覚えた名前を連呼しながら喜び顔の息子でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2012-12-25 11:20 | 我が息子

正月っぽいことしてみた(志賀野フェスタへ行く)


e0060542_1054959.jpg

自宅から30分ほどのところにある紀美野町。
この町は山に囲まれた自然豊かな場所にありながら、
紀ノ川市や岩出市、海南市などの便利な街にも近く住みやすいことから
最近大阪などの都会から移住してくる人が多いらしい、と言う町です。

私達も大人気パン屋さんの「ドーシェル」、
パスタが美味しすぎる「森のパン屋さん
広大な敷地とアスレチックが充実した「野上ふれあい公園」など
たびたびお伺いする町です。

その中に、ダンナさんのお友達、といっていいのか?
家具職人としては大先輩のアレンさんの工房があります。
以前、廃園となった保育園を工房と自宅に改装しているということで
森のパン屋さんに紹介されてお邪魔したことがあります

今回、そのアレンさんの工房も一部の会場となったイベントがあったので行ってきました。

e0060542_10364878.jpg

廃校になった小学校の体育館やグラウンドが主な会場で、
カフェ、雑貨などの出店、ジャズコンサート、イルミネーションなど盛りだくさんでした。

その中で私達の、いや、ダンナさんのお目当てはやっぱりアレンさんの工房。

e0060542_10331633.jpg

日曜大工好き、木工好きなおじさまたちも何人か集まって、
アレンさんの実演が始まりました。
息子もおじさんたちに混ざって話を聞いてる・・・のか?


e0060542_10444129.jpg

アレンさんはそんなに日本語が上手じゃないほうだけど、
手振り身振りと片言の日本語で、
みなさんを釘付けにしていました。

ほかのおじさんたちもアレンさんとは顔なじみなようで、
木工を通じて国籍の壁を乗り越えていたようです。


e0060542_1049071.jpg

私達にはだんだんマニアックになってきたので
工房を出て体育館やグラウンドへ行ってきました。

豚汁やチラシ寿司、シフォンケーキを買って腹ごしらえ。
めちゃめちゃ寒い日だったので、豚汁があったまりました。

外へ出てグラウンドへ行くと、

e0060542_10564022.jpg

子供たちが作った凧で凧上げをしていました。
息子は始めてみる凧に大興奮。
あっちへこっちへ凧を追いかけては転んだり叫んだり。


e0060542_1104066.jpg

お次は餅つき。
このでっかい釜でもち米を蒸していました。
私は寒いからこの側を離れられず。


e0060542_1114774.jpg

貴重な餅つき体験をさせてもらいました。
とっても楽しかったみたい。
凧あげに餅つきと、少し早いお正月のようでした。


e0060542_1132759.jpg

そしてもっと楽しかったのはもちろんこれ。
つき立てほやほやのお餅~。
あったかくてやわらかく伸びるお餅は最高においしかった!


e0060542_1161468.jpg

きなこをすくい取りながら無駄なく食べる。


e0060542_1163113.jpg

無駄なく食べる。

お代わり自由だったうえ、
4回くらい餅つきしてくれたので
その度に貰いに行ってこの日餅を何個食べたか知れず。
お腹いっぱいでその日は晩御飯抜きでした。

日も落ちてきたし、そろそろ帰ろうかなと思った頃、
石けん工房「ことり舎」の岩井家に偶然ご対面!
ずっと会いたかったけど都合でなかなか会えず、
寒いのもあって(?)長女の彦ちゃんに思わず抱きついてしまった。


e0060542_11115237.jpg

息子も彦ちゃんが大好き。
彦ちゃんの後ろをちょこまか追いかけてはこんな甘えっぷり。
人見知りがまったくなく、甘え上手な息子がちょっぴり羨ましいくらいだ。

このところ私の調子はだいぶよくなってきましたが、
それでも寒くて凍えそうでどうにかなりそうでした。
が、
イベントがとても暖かくほっこりした上、
息子がめちゃめちゃ楽しそうだったし、
ダンナさんもアレンさんと3時間くらい木工談義をして充実したようだし、
最後に岩井家の皆さんに出会うというサプライズもあり、
とっても楽しい一日でした。




にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2012-12-14 11:17 | 和歌山周辺

クリスマスっぽいことしてみた


e0060542_9263357.jpg

ばぁばからクリスマスプレゼントが届いて大喜びの息子。

私達両親からはとくになにもプレゼントを考えていないのですが、
駄菓子の入った靴下を一日中触ったり出したり入れたりしている様子を見て、
(お菓子が食べたくてしょうがないのと、並べて眺めたいらしい)
3歳児にはこれで十分だ、と確信しました。


e0060542_9185115.jpg

公園で松ぼっくりを拾ってきたので
アクリル絵の具で色を塗ってみました。
できあがってみると、
ベタベタに色を塗ったのは私、
葉先だけちょんちょんと色を付けたのは息子。
思い切りがいいと評判(?)の私と
意外と几帳面な息子の性格が表れているようです。


e0060542_936317.jpg

マンションサイズのちっこーいクリスマスツリーを出しました。
電飾は私が小さい頃に使っていたツリーのもの。
光り方だけで、ちょっと古くてレトロ感が出ているのがわかります。
仮面ライダーや車達がツリーを見ているという図らしいです。



e0060542_9395357.jpg

ジンジャークッキーを焼いてみました。
オーブンがないので魚焼きグリルで焼きました。
むしろこちらのほうが早くできていい感じ。
(本当はもっと薄くしたかったんだけど、我が家のチビパティシエに邪魔されて・・・)

そんな息子、戦隊ヒーローももちろん好きだけど、
うちには変身ベルトとかかっこいいおもちゃとかがないので

e0060542_931109.jpg

相変わらずですが
ひたすら積み木とレゴとミニカーやミニ電車を組み合わせて
未来都市だか得体の知れない物作ってます。


e0060542_9471266.jpg

別バージョン。
高い塔は「スカイツリー」だそうだ。


e0060542_948435.jpg

プールの先生にローラのしぐさを仕込まれてから
ポーズがワンパターン化しているのが気になります。

以上が我が家の「クリスマスっぽいこと」でしたー。
地味だね。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2012-12-14 09:49 | 我が息子

地元でのイベントに行って音楽に触れてきた。


e0060542_13283254.jpg

もう12月になっちゃったんで、先々月の話になりますが、
10月の終わりに実家に帰っていて、
森、道、市場」という音楽とお店のイベントに行ってきました。
写真は、会場のある蒲郡(がまごおり)市の三ヶ根山から見える三河湾です。
お天気もよくとってもいい日和でした。

地元でこんなイベントがあることは全く知らなかったのですが、
私の実家が愛知県だと言うことを知っている、東京の友達が教えてくれました。
なぜならその友達の彼氏がかっこいいバンドをやっていて、
そのバンドがこのイベントに出演したからです。

イベントは2日あったのですが、
1日目は私ら家族で、2日目は私の親と息子を連れて行くつもりでいました。

1日目。
特に絶対観たいバンドもなかったので、のんびり気ままに過ごしました。

e0060542_13353547.jpg

北欧雑貨を売っているお店で、
今息子の中でプチブーム中の「ブーミン」(彼の中ではこれが正式名。そして親もあえて直さない。)
のクッキーを見つけてご購入。
缶がかわいいので購入に踏み切りました。

e0060542_1338231.jpg

ミー型のクッキー。かなりかわいい。


e0060542_13385756.jpg

プールの先生に仕込まれたローラの「オッケー」。
ほかになぜか「コマネチ」も仕込まれてました。
サービス精神豊富な息子よ。


e0060542_13432152.jpg

私はこのお店がとっても気に入りました。
ほらほら、雑貨みたいなクッキーでしょう!
この際、目くじら立てて「着色料ナニ使ってんの!?」とか聞きませんよ。

e0060542_13472398.jpg

ブラウニーだってこんなキッチュな立体絵本みたい。

e0060542_1347763.jpg

スコーン。こちらは中身はシンプル。
包装にひと工夫してありました。ポンキッキのムックみたいでかわいい。

どれもこれも見てたら顔がほころんでしまって、
誰かにプレゼントしたい気持ちになりました。
で、こういうのを「かわいい!!」と喜んでくれそうな和歌山の友達にプレゼントしたら
「見た目だけじゃなくって、味も抜群においしかった!」ですって。
うーん、やるねぇ。。。

全体的に食べ物屋さんは健康的なものだったり、
シンプルで材料にとことんこだわったナチュラルなお店が多い印象だった中で、
こちらは確実に異彩を放っておりました。

e0060542_13524798.jpg

集まってるお客さんも、どことなくお菓子みたいにカラフルな雰囲気。。。

私も日頃はなるべく砂糖を使わないとか、
小麦粉は国産の全粒粉を使うとか、
産地や原料に目くじら立ててこだわってるほうですけど、
たまにはこういうのもね、ありですよ。


e0060542_1423844.jpg

会場の端からメイン会場を望む。(意図せずミニチュアの写真みたいになってる)
山の中で行われたせいか、来場者はおしゃれな山ガール山ボーイ達がたっくさん。
愛知県にも(三河にも)こういうおしゃれな人たちがいたんだね。
皆さんのファッションを見てるのもとても楽しかったです。

それに、お店もほとんど東海3県からの出店。
今、和歌山や奈良にいるので実感としてよく思うのですが、
東京に住んでいた時に想像していたのとは違って、
地方には面白いお店や人、コミュニティがたっくさんあるんだなぁって
すごく思います。
生まれ育った愛知県(特に三河地方)も、謙遜じゃなくて、
ダサい、なんにもない、ただの地方都市、って思って過ごしてきたけど、
知らない間にこんなに多くの人たちががんばってたんだなぁと、少し感激しました。


e0060542_141095.jpg

売り物のジャンベに夢中になる息子。

2日目は、
1日目の息子の、調子に乗る様子を見てこりゃアカンわと判断。
実家へ置いていくことにしました。
そこで急遽中学の同級生を誘い、
無理やりアッシーくんになってもらって行って来ました。
2日目は友達の彼氏のバンドが出たのでなにがなんでも行かねばなりませんでしたので。

彼らのバンドは「mouse on the keys」(マウスオンザキーズ)と言います。

e0060542_1561849.jpg


カメラを持っていかなかったので連れて行った友達の携帯で撮ってもらいました。
うーん。。。なかなかこれでは伝わらないかもしれません。(彼に失礼)
それまで動画サイトだったり、CMで使われているのを聴くくらいしかなく、
生で聴くのは初めてだったのですが、
こんなにかっこいいんだ!!と身震いしました。
連れて行った友達は「マルタンマルジェラのショーとかで使ったら似合いそう」と言っていました。


カテゴリはオルタナティブジャズとかって言われてるみたいです。
バックに映像も流していたので、アートな印象をすごく受けました。
とても気持ちい空間でした。

しかし、開演前に彼氏と初めてお話させてもらったんですが、
すっごくフレンドリーでよくしゃべってくれて、
小さい子になつかれてて、とっても意外でした。
映像の印象からはちょっと無口で気難しいような(?)印象だったので。。。

東京にいた頃、タワレコ行ったりクラブに行ったりして
こういう音楽を必死に探していたのを思い出しました。
今はまったく。。。
せいぜい、車の中で息子と一緒にクロマニヨンズを大合唱しているくらいです。
とってもいい刺激になりました。

いまヨーロッパでツアーをやったりと海外に飛び出している彼らに、
興味ある方はぜひチェックしてみてください。

友達に、「彼氏のバンドのこと、感動したから絶対ブログに書くね!」と伝えてから早2ヶ月。。。
やっと、微力ながら宣伝することができました。

音楽つながりでもう一つ。
同じく音楽に並々ならぬ情熱を向けていた時の話。
いまや死語になりつつある「オリーブ少女」だった高校生~20代前半は、
いわゆる渋谷系というジャンルに大ハマりしており、
特にコーネリアスが大好きだったのですが、そこでこれ。

e0060542_14362332.jpg

実家の母に「こんなん出てきたけど、これどうするだん?」と
ちょっぴり煙たそうに言われて出てきたのは、
確か1996年に9669台限定で発売した、コーネリアスモデルのポータブルレコーダーです。
(乗ってるレコードは父の都はるみ)

私はこれを、名古屋のいろんなレコード屋を回ってやっと見つけましたよ。
自分でもこんな情熱がどこにあったんだと思います、今では。
でも実は、根はヲタなんです。今でもね。

若き日を思い出す代物にご対面し、
色々な思い出がフラッシュバックして感慨に浸っていましたが、
現実的には今のマンションには置くとこないので
アッサリ実家に付き返してしまいました。


日々子育てに追われているような毎日なので、
音楽やこういうイベントに触れられて、とってもいい刺激になりました。



にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2012-12-02 14:57 | 愛知