人気ブログランキング |

カオリラックスのリラックスブログ

<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

滋賀(ピザ屋さん)と京都(おにぎり屋さん)のお友達のところへ

e0060542_13392159.jpg

GW2日目は、滋賀県に住む友達のところと
京都に住む友達のところへ遊びに行ってきました。

ここは滋賀県近江八幡市にある「愛菜館」という産直市場。
友達がここで石釜ピザを焼いているのです。

e0060542_13392818.jpg

目の前は広大な地平線が広がるのどかな場所。

e0060542_13394189.jpg

いたいた、友達の理恵ちゃん夫妻。
理恵ちゃんとは東京にいた時、一緒に皇居でマラソンをしていた「ラン友」。
しかしそれは単にきっかけに過ぎず、
ほとんどラン以外で遊んでいたような。。。?

その後、私は和歌山→奈良へ。
理恵ちゃんはこの手前にいるだんなさんと一緒になるため滋賀に嫁サ来たのです。

今回ようやく3年ぶりに再会できました。
しかし滋賀は意外と遠かった。
GWってこともあって、4時間かかりました。
同じ関西ってことでちょっとなめてたな。

今回はもちろん、理恵ちゃん夫妻のラブラブっぷりを見に来たのは当然のことですが、
いま吉野のカフェで石釜を作っているので、その参考にと視察も兼ねてやって来ました。

何度も壊れては作り、オープン直前でようやくできたという渾身の石釜。
立派です!
e0060542_13395339.jpg

石釜を扱うコツやポイントなどを色々教えてもらいました。
ポイントはこの高温だそう。
この時釜は486度!
これを保つための方法を伝授いただきました!

釜担当のだんなさん、
本職は水耕栽培の農家ですが、姿かたちを見る限りではすっかりピザ職人。
本気でピザ屋やろうかな、なんて考えているらしいダンナさんですが、
横から妻が無理無理、と一蹴しておりました。

e0060542_1340149.jpg

うっわー!おいしそう!!
いや、マジでおいしかったんです。
生地の作り方からいろいろ教わり、ふむふむなるほどと膝を打つことしばしば。

e0060542_13401047.jpg

玄さんもご機嫌で相当食べました。

e0060542_13401989.jpg

お腹が満たされたあとは運動ですか。
そこ、一応テーブルですけど、、。
相撲?
単にお茶飲みたいの?
意味不明な静止画w。
(それを冷静に見守るじいじ。。。)

e0060542_13402537.jpg

遠目から隠し撮り。
ちゃちゃっと生地を伸ばし、ソースを塗り、トッピングして、、、。
理恵ちゃんも慣れた手つき。
昨年の11月から土日だけでやってるとは思えない。
私たちもこんな風に提供できるのだろうか。

そういえば私たちがピザを食べているとき、
小学生くらいの男の子とおばあちゃんが横を通りました。
男の子が「ピザ食べたいー!!」とおねだりしたら、
おばあちゃんが「んなもん、冷凍のピザでええわ」と言っていましたw。
いや、おばあちゃん、冷凍ピザなんかとは全然違いますよ!
いっぺん食べてみて!
と、喉元まで言葉が出掛かりました。

この辺の人は宅配か冷凍ピザしか食べたことないから
石釜ピザってこんなに美味しいんだね、
とお客さんによく言われるらしいです。
あのおばあちゃんと男の子が、
いつか理恵ちゃんとこのピザを食べて驚いてくれることを願って止みません。

e0060542_13403410.jpg

そのあとは、我が家の連休恒例「青おにぎり」へ。
ちょっと連休が取れると我が家はだいたい青ちゃんとこ行ってる。
おにぎりは日本のソウルフードだから、無性に食べたくなるんかなー。

近江八幡→京都はスーーーッでした。
近い近い。

e0060542_13404239.jpg

今回はじいじとバーバラも一緒。

e0060542_13404887.jpg

やっぱりおいしい。
ほんとおいしい。

青おにぎりに行った話は過去に何回かしてるから、
味などの詳細についてはここでは割愛させていただきますw。

2012年4月に行った時
2013年9月に行った時

でも、お店をやるということの青ちゃんなりの見解とか価値観とかが
いまの自分の立場と照らし合わせて非常にぐっときました。

「物」だけを売ってるんじゃない、っていう感じが
来ている常連さんや近所の人達との接し方を見ていて伝わってきました。
青ちゃんという人柄を通して握られているおにぎりが、
近所の人達に愛されている所以だろうなー。
この時も「いつもの、お願い!後で取り来る!」
なんてやりとりを何回か見たり、
店の外と中から「おーい!こんちわー!」なんて声を掛け合ったり。
いいなぁ、そういうの。

e0060542_13405847.jpg

と、シリアスな内容の後はコミカルな息子。
何をやっているかというと、
おにぎりかぶってます(まんま)。

違う違う、おにぎりをかぶってるんだけど、
そうじゃなくて、隣の絵本のワンシーンを息子が再現しているのです。

これもまた何度も私のブログに紹介している、
絵本作家シゲちゃんの「オニじゃないよ、.おにぎりだよ」のワンシーン。
これ、最後のオチの重要な場面なんです。

オニたちが人間どもにおにぎりを握ってプレゼントしようとしていたんだけど、
人間どもは怖がって近づいてくれない。
きっと、ツノがあるから怖いんだ、と解釈し
オニたちはおにぎりとなって人間どもの前に再び現れ、
「オニじゃないよ!おにぎりだよ!」というセリフを吐くのです。
それを息子は再現しているのです。

そもそも、
シゲちゃんのこの絵本の内容と
青ちゃんのお店の形態が
まるで絵本のための実店舗かってくらい丸かぶりなんです。
青オニ、おにぎりはもちろん、リヤカー、木箱、竹皮、、、。
モチーフがいちいち同じ。
両方を知る私はびっくりして、
シゲちゃんの絵本を青ちゃんにプレゼントしたのでした。
それが2年前の話。

で、このかぶりもんはどうしたかっていうと、
青ちゃんがおにぎり屋をやる前のこと(でもおにぎり屋をやることは決めていた)、
ヴィレッジバンガードでこのかぶりもんを見つけて
運命だと思って買ったものだそうw。
てことは、この絵本を渡す前の話。。。
この事実は知らなかった。
もーシンクロしすぎてて怖いよう。

e0060542_1341225.jpg

青ちゃんも「似すぎてて怖い」と言いつつ、
「オレが原作考えてシゲタさんが絵をつけてくれるってことできないかなー。
そしたら印税入ってくるかなーw。」
なんて調子の良いこと言ってたけどw。

とにもかくにも、いろいろ実りある滋賀&京都でした。

e0060542_13413310.jpg

おまけ画像。
こどもの日が近かったということで新聞兜をかぶる次男坊。

e0060542_1341422.jpg

がおーーー。
この人、強くなりそうです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2014-05-20 13:43 | 京都

東京から友達が遊びに来た

e0060542_12253953.jpg

4月の終わりに東京から友達が遊びに来てくれました。
ダンナの元同僚でありながら、
ダンナと出会ったきっかけとなった時に一緒にいたので(ま、簡単に言えばコンパだけどね)
私ともそれ以来の友人です。

彼はいつも色んなことを考えていて
感度が高いというか、アンテナをたくさん持ってるので
一緒に飲んで話すことを楽しみにしていました。

息子は赤ちゃんの時と、
2歳くらいに松本に住む共通の友達のところでと、
ちょいちょい会ってはいます。
その時のことを覚えているかわからないけど
とりあえず久しぶり。
でもすっかり仲良くなりました。

e0060542_1226980.jpg

2人で近所を散歩。
彼は、だんなが東京での仕事を辞めて家具職人になるーと言って、
東京→和歌山、そして奈良の山ん中へと移り住む過程にとても興味深々な様子。
そして地方や田舎についても興味があるので
積極的に近所の散策へと励んでいました。
集落の餅まきにも参加して、「どこの人?」と言われておりましたw。

e0060542_12284567.jpg

今回一番したかったという筍堀り。
楽しかったと感激してくれました。

e0060542_1228831.jpg

息子も参加。

おーっとっとっと!
e0060542_12284280.jpg

おーっとっとっとっとっとっと!!

斜面だからね。気をつけてくださいよ。

e0060542_12285942.jpg

細身だけど、いっぱい取れました。


e0060542_12293659.jpg

その後はダンナの工場にて、
まだ作業としては一度も使ってないのにBBQだけはもう何回目?っていう恒例行事。


e0060542_1229463.jpg

筍掘りの名人(じいじ)も呼んでいたので一緒に。


e0060542_12302592.jpg

来年からカフェをやるために関わっている
「よしの広橋スマイルヴィレッジ」にもお連れしました。

興味津々で様子を伺う彼。
ちょうど打合せに来ていた畳屋さんに、
「ジャーナリストの方ですか?」と言われていたww。
ハンチング、ジャケット、首からカメラ。
これが本当にジャーナリストだったらまんま過ぎてイヤです(笑。


e0060542_12304572.jpg

こっからは彼が撮った写真でお送りします。
同じ場所を撮るのでも、違う人が撮ったらこうも違うかというくらい面白い。
撮るものも、アングルも、もちろんカメラも違うので写り方も違う。
とっても新鮮でした。


e0060542_12305945.jpg

ノスタルジー。


e0060542_12311189.jpg

スマイルヴィレッジ名物(?)五右衛門風呂。
この五右衛門風呂に入ろうイベントを今後何回かやりたいなーと思っています。
(どさくさに紛れて告知)

とっても気持ちよいらしいです。
夏なんか特に気持ちいいだろうねー。
私もまだ入ったことないので早く入りたい!


e0060542_12312438.jpg

この小学校に通って欲しかったなー。

e0060542_12263049.jpg

場所は変わって家の前。
うーん、良い表情撮るなー。

e0060542_122634100.jpg

写真なんて誰が撮っても同じでしょ、って思いがちですが、
素人同士を見比べても全然違います。
やっぱり個性が出るんだなー。

e0060542_1227549.jpg

朝の公園。
こんな朝日を浴びた表情、彼だから撮れるんだろうね。
私だったらいつも慌しい朝だから
写真を撮ろうとすら思わないもん。
ちょっと感激。

e0060542_12271477.jpg

わずかな桜。
こういうのを見逃さないところもいいねー。

e0060542_12272145.jpg

家の前の森にあるお宮さん。
早朝散歩に出かけたそうだ。

e0060542_12273044.jpg

なんか、かっこよく見えるw。

e0060542_12273936.jpg

やっぱり、かっこよく見えるww。

e0060542_12274629.jpg

こんなのがあるなんて全然気がつかなかった。
見てはいるんだろうけど、気に留めてなかった。
こういうの大好物のはずなのに。
嫌だね、慣れるって。

e0060542_12275481.jpg

うーん、いいね。
いつもの場所が新鮮です。
また誰かに家に来てもらって写真撮ってほしいわ。


e0060542_1233967.jpg

最後に息子のこんな表情。
アンニュイか。

私には撮れない表情です。
面白い。

彼は彼でこの旅行をブログにまとめてくれました。
彼のイラスト日記はいつも面白いので
どうにか使えないかなーと色々考えてみるのですが
私ごときではなかなか思いつかない。
でも、いつか何か関わってほしいなー。

奈良 吉野の物語
続き

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2014-05-20 13:12 | 京都

ネパールのカレーパーティ

e0060542_11192828.jpg

GWの初日、友達に誘われてカレーパーティへ行って来ました。
友達の友達のだんなさんがネパールの方で、
その方がカレーを振舞ってくれると言う、なんともファンタスティックなお誘い。
場所もこんなステキなのどかな場所に、
テントや万国旗(みたいな)などの飾りつけがしてあり、
食べる前から気分はアゲアゲなのであります。
e0060542_11194554.jpg

農園の一角をお借りしたそう。ロケーション最高です。

e0060542_1120277.jpg

カレーは本場ネパール人の方が作るので、美味しくないわけがないのであります。
30人ほど集まったので、量も給食並み。

e0060542_1120846.jpg

鶏肉がごろっと。さらに豆を煮たものやスパイスなどもトッピング。
スパイシーでいて味わいもあり、美味しすぎておかわりさせてもらいました。

e0060542_11201724.jpg

息子の友達と。
カメラを向けると申し合わせたように変顔をする彼ら。
決してカレー食べておかしくなったのではありません。
子供用には辛くないカレーを用意してくれていました。

e0060542_11215542.jpg

玄さま、最近手をつかずにタッチするのがブームです。
こういう場所なら赤ちゃんと一緒でものんびりゴロゴロできてうれしいです。

e0060542_112295.jpg

英語の教師をしているパトリックさん。
はじめはサングラスしておっかなそうでしたが、、、。

e0060542_11221782.jpg

見よ、このコミカルな顔と動きを。
あっという間に子供の心をわしづかみ。

ほとんど英語での会話だったけど、
ジェスチャーと雰囲気で、子どもたち完全にパトリックさんに夢中。

e0060542_11222585.jpg

ちょうどこどもの日が近かったのもあり、
新聞紙でかぶとと剣を作って戦いごっこ。
お互いのかぶとを叩きあい、先にかぶとが落ちた人が負け、と言うルールらしい。
でもこの時、息子は完全にルールを理解しておらず。

e0060542_11223222.jpg

でも運良く勝ってしまったw。
意味もわからず「Winner!」と言われて
「????」の果てにようやく理解する。
この時の間がヒジョーに面白かった。

e0060542_11224834.jpg

今度はネパール人のカルマさんとジャンベ。
ここにも言葉の壁なき交流が。

さっきはごっこ遊び、今度は音楽という媒体を通じて
大人だろうが子どもだろうがどこの言語だろうが、ひょいっと乗り越えちゃう。
(カルマさんは日本語ペラペラだけどね)

e0060542_11231347.jpg

こういう交流が楽しいよねー。

e0060542_11232134.jpg

言葉の壁なき交流がここにも。
高い高いしてもらって声を上げて喜ぶ。

e0060542_11233213.jpg

カルマさんの娘さん。
このシチュエーションが絵になりすぎ。

e0060542_11234683.jpg

このクッキー、誘ってくれた友達が作ったのです。
かわいすぎ!!
もうアートでしょ。
食べられないよーと思っていたら、息子が隣でバクバク食ってましたw。

そんなこんなでとっても楽しいGW初日でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2014-05-13 11:53

吉野の桜

e0060542_1720034.jpg

GWとなり、桜の時期はとっくに過ぎましたが桜の話題を2つ。
といっても、山の開花は遅いので、つい半月前の話です。

吉野といえば桜、というくらい吉野の桜は有名ですが、まずは家から程近い黒滝村でのお花見。
この日は4月13日でしたが、この時で満開です。
山の開花は遅いので、長い期間桜を楽しめるのはなんだか得した気分です。

e0060542_17244853.jpg
ここは黒滝村のこもれびホールという、野外ホールです。
初めて見たときは「なにここ!すんごいステキ!」と思いました。

e0060542_17241184.jpg
そばにとってもきれいな川が流れていて、川の流れる音がBGMとなってすごく心地よいのです。

。。。と言っても、子どもに怒鳴ったりギャーギャー騒がれたり、で、
実際のところは全然優雅ではないです。
あたかも川のせせらぎだけが聞こえている、という体で今振り返っていますw。
写真って、雑音が聞こえてこないからいいよね~ww。
e0060542_17255492.jpg
建物も木とコンクリートがうまく調和していてステキなんです。

e0060542_17263115.jpg
こんなステキな場所があるのに、使っているのはほぼ私達のみ。
個人レベルでピクニック、ヨガなど。。。
人が全然いなくていいですけどね。
でももったいない。

夏には友達主導でキッズ音楽祭みたいなのを計画してます。
ゆくゆくはちょっとした人を呼んでフェスなんかしたら絶対気持いいだろうなぁと目論んでいますが。
e0060542_17275757.jpg
この日は黒滝村に住むおされな友達と、急遽のお花見。

e0060542_1728475.jpg
私の家は山の上にあるので、
同じ町内のお友達のところへ行こうと思うと山をくねくね下りて行かなきゃいけないのですが、
山を下らなくても7分くらいで辿り着ける黒滝村にお友達ができて
私の山暮らしがグンと楽しくなりました。

しかも、こんな山にもおしゃれで同じような価値観を持った子に出会えるんですよー。
てゆーか、最近会う人会う人、引き寄せられてるなって思うような、
ステキで楽しい人たちにたくさん出会います。
愛知→東京→和歌山→奈良と、移り住んできて、
それまでの間に私もいろいろな経験をして価値観も変わって来て、
いまだ変化の途中ですけど、
その変化の間にもこうしてたくさんの人が繋がっていくというのはとても面白いなーっと思います。


そしてお次は有名な吉野山の千本桜。
私が吉野に住んでいるというと、ほぼ全員が「桜の有名なとこだよね」と言ってきます。
他にもいいところはたくさんあるのですが、
でもその一番有名な桜を見たことがなかったので、
大阪から友達が来た時に一緒に行ってきました。
e0060542_1742578.jpg
一年の稼ぎをこの2週間でまかなう、と言われるくらい、
この時期は人でごった返しています。
確かに、電車の中は都会での通勤列車並でしたし、
駅を下りたら吉野ではまずありえない人の量。
行った時間帯は混雑を避けて夕方に行ったのですが、
ここは原宿か!?ってゆーような若者や家族連れが多数。(いや、原宿は言い過ぎ)
e0060542_1752445.jpg
人の多さに反応(?)。反り返る玄さん。

e0060542_17421092.jpg
ケーブルカーに乗って山の上を目指します。

e0060542_17421553.jpg
曇り空だったんであんまりよい画ではないですけど、
この日は雨予報だったんでこれで良し。
桜よりもいつも閑散としている参道がどう変化したのかを見たかったので、
その雰囲気を味わえただけで満足でした。(←やな感じ)

e0060542_1743694.jpg
参道に店がたくさん出ていて思いもかけず楽しく、
買い物したりお茶したりしていたらあっという間に陽が落ちてしまいました。

e0060542_17422112.jpg
夜桜見物しながら、乗ってきたケーブルカーで下らず歩いて下りました。

e0060542_17422325.jpg
そしたら結構な距離があって、下りきった時にはヘトヘト。
帰りの電車の中では一気に疲れが出て、大阪の友達はそのまま帰っていきましたとさ。

これで友達に吉野の桜を語れるぞ(?)。
でもね、やっぱり人でごった返している時に行くより、
地元の広ーいところで子供たち友人たちと、のんびり花見するのが一番いいよねw。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ
にほんブログ村
近畿写真・カメラ
by kaorelax0307 | 2014-05-05 18:04 | 吉野